セールスフォース・ドットコム ユーザーコミュニティィ Salesforce ユーザ向け活用支援サイト

ユーザーログイン

ブログ

セールスフォース・ドットコム ユーザコミュニティブログ

2011/09~2012/01まで実施したWebセミナー資料および動画一覧

2011年9月から2012年1月まで行ったWebセミナーの資料および動画一覧です。
重複しているセミナーは最新の日付のみ表示しております。
                                                                             
 

タイトル&概要

 

資料

 
 

動画

 

2012/01/13 データローダ入門セミナー

「データローダ」は、大量データの一括インポートまたはエクスポートが行えるクライアントアプリケーションです。レコードの挿入、更新、削除、またはエクスポートに使用できます。対話形式で作業をすすめるツールですので、初心者にも使いやすいツールです。本コースでは、基本的な利用方法をご紹介。

 
 

資料

 
 

動画

 

2012/01/13 Salesforce   トレーニング事例セミナー

営業部門、サポート部門などのエンドユーザ向けのトレーニングの内容や進め方などを事例交えてご紹介。現場の方のSalesforce活用は成功の鍵です。

 
 

資料

 
 

 

2012/01/13 もっと使い倒そうダッシュボードセミナー

ダッシュボードの表現方法や表現する上での注意事項、便利な使い方(動的ダッシュボード、メール通知、ダッシュボード選択条件、Chatterでの利用)、そしてダッシュボードの整理方法などをデモ交えてご紹介。

 
 

資料

 
 

動画

 

2012/01/11 もっと使い倒そう Salesforce Tips

見た目を良くする方法から、ユーザが簡単にアクセスできる方法、そしてデータ更新を簡単かつ一括で出来る方法など、意外と知られていないSalesforce活用Tipsをご紹介。

 
 

資料

 
 

 

2012/01/11 Salesforceワークフロー機能と活用事例紹介

ワークフローやダッシュボード定期配信などのプッシュ型機能を活用すると、メール受信や項目自動更新など、Salesforce CRMから自動的に情報の受信や更新を行い、業務の自動化や漏れ防止に役立てることができます。 さまざまなプッシュ型機能や、活用事例をご紹介。

 
 

資料

 
 

動画

 

2012/01/11 Salesforceガイダンス

導入初期のお客様が何を準備すべきか?必要なリソースは何か?など導入初期においておさえておくべきポイントや定着化に関する施策をご紹介。

 
 

資料

 
 

動画

 

2011/12/22 Chatterでの顧客招待(Winter'12新機能)

Winter'12 新機能の一つ、Chatterでの顧客招待について設定及びデモをご紹介。非公開グループにて社外のお客様とChatterで情報共有が可能になり、Chatter利用の範囲が大きく広がります。

 
 

資料

 
 

動画

 

2011/12/22 もっと使い倒そうSalesforceレポートセミナー

レポートの色付け、グラフ表現方法やカスタムレポートタイプ、数式(上期・下期設定、前期比較)など高度な使い方とあわせ、メール送信、URLリンク、編集リンクなどの便利な機能をデモを交えてご紹介。

 
 

資料

 
 

動画

 

2011/12/06 レポート入門

レポートの利用方法、作成方法、運用方法などを紹介。レポートに関して一から学んで頂き、Salesforceに登録されたデータを活用下さい。

 
 

資料

 
 

動画

 

2011/11/25 レポート&ダッシュボード機能と活用事例紹介

レポート&ダッシュボード機能、活用事例を、デモをまじえてご紹介。

 
 

資料

 
 

動画

 

2011/10/07 Winter'12新機能説明会

10月にリリースを控えているWinter'12の新機能を、デモを交えてご紹介。 

 
 

資料

 
 

動画

 

2011/09/26 Chatter概要と活用事例紹介

Chatterの使い方、活用事例をご紹介します。 同僚や重要なプロジェクトに関する最新情報を自動的にプッシュ配信。関心を寄せている人や業務の動向を常に把握出来る機能。 など便利な機能をご紹介。

 
 

資料

 
 

動画

 

 

「もっと使い倒そうSalesforceダッシュボードセミナー」資料

2012年1月13日に開催いたしました資料になります。

下記よりダウンロードいただけます。ぜひ、ご活用ください。

■ダッシュボードの表現方法や表現する上での注意事項、
 便利な使い方(動的ダッシュボード、メール通知、ダッシュボード選択条件、Chatterでの利用)、
 そしてダッシュボードの整理方法などをデモを交えてご紹介いたします。

もっと使い倒そうダッシュボードセミナー (パスワード:iZwEwhEo)

動画資料はこちらです。

もっと使い倒そうダッシュボードセミナー (YouTube)

2013/08/02 追記
Premier Success Planご契約のお客様は以下のリンクよりPPT版をダウンロード可能です。
該当のコースを選んで頂きましてポップアップしてきた画面右上にある『添付ファイル』をクリックして頂けますとご取得できます。
エンドユーザ向けトレーニング・テンプレート

「もっと使い倒そう Salesforce Tips集」セミナー資料

2012年1月11日に開催いたしましたセミナーの資料です。

下記よりダウンロードいただけます。ぜひ、ご活用ください。

■見た目を良くする方法から、ユーザが簡単にアクセスできる方法、
 そしてデータ更新を簡単かつ一括で出来る方法など、意外と知られて
 いないSalesforce活用Tipsをご紹介いたします。

もっと使い倒そう Salesforce Tips集 (パスワード:fhSPUSvo

動画資料はこちらになります。

もっと使い倒そう Salesforce Tips集 (YouTube)

2013/08/02 追記
Premier Success Planご契約のお客様は以下のリンクよりPPT版をダウンロード可能です。
該当のコースを選んで頂きましてポップアップしてきた画面右上にある『添付ファイル』をクリックして頂けますとご取得できます。
エンドユーザ向けトレーニング・テンプレート

「Salesforceワークフロー機能と活用事例紹介」セミナー資料

2012年1月11日に開催いたしましたセミナー資料は、こちらとなります。

ぜひ、ご活用ください。下記URLより資料を御覧ください。

■ワークフローやダッシュボード定期配信などのプッシュ型機能を活用すると、
 メール受信や項目自動更新など、Salesforce CRMから自動的に情報の受信や更新を行い、
 業務の自動化や漏れ防止に役立てることができます。

 さまざまなプッシュ型機能や、活用事例をご紹介します。

Salesforceワークフロー機能と活用事例紹介 (パスワード: vYfdVckg

動画資料はこちらとなります。

Salesforceワークフロー機能と活用事例紹介 (YouTube)

「キャンペーン機能と活用事例紹介」ウェブセミナー資料

2011年12月22日開催いたしましたウェブセミナーの資料です。

下記より、ダウンロードいただきます。ぜひ、ご活用ください。

キャンペーンの活用について (パスワード: JkZwMsCD

「Chatterでの顧客招待(Winter'12新機能)」ウェブセミナー資料

2011年12月22日に開催されましたウェブセミナー資料です。

下記より、ダウンロードいただけます。ぜひ、ご活用ください。

Chatterでの顧客招待 (パスワード: kCBFgBEr

動画資料は、こちらになります。

Chatterでの顧客招待 (YouTube)

「もっと使い倒そうSalesforceレポートセミナー」資料

2011年12月22日に開催いたしましたウェブセミナーの資料です。

下記より、ダウンロードいただけます。ぜひ、ご活用ください。

■レポートの色付け、グラフ表現方法やカスタムレポートタイプ、
 数式(上期・下期設定、前期比較)など高度な使い方とあわせ、
 メール送信、URLリンク、編集リンクなどの便利な機能をデモを
 交えてご紹介いたします。

もっと使い倒そうレポートセミナー (パスワード:gINGxECv

セミナー資料P19 補足数式 (パスワード: ZPXCygdf

動画資料は、こちらとなります。

もっと使い倒そうレポートセミナー (YouTube)

2013/08/02 追記
Premier Success Planご契約のお客様は以下のリンクよりPPT版をダウンロード可能です。
該当のコースを選んで頂きましてポップアップしてきた画面右上にある『添付ファイル』をクリックして頂けますとご取得できます。
エンドユーザ向けトレーニング・テンプレート

「レポート入門」セミナー資料

2011年12月6日開催されましたウェブセミナーの資料です。

下記より、ダウンロードいただけます。ぜひ、ご活用ください。

■レポートの基礎編です。レポートの利用方法、作成方法、運用方法などを紹介。
 レポートに関して一から学んで頂き、Salesforceに登録されたデータを活用下さい。

レポート入門セミナー (パスワード:OHjmbueW)

動画資料は、こちらになります。

レポート入門セミナー (YouTube)

2013/08/02 追記
Premier Success Planご契約のお客様は以下のリンクよりPPT版をダウンロード可能です。
該当のコースを選んで頂きましてポップアップしてきた画面右上にある『添付ファイル』をクリックして頂けますとご取得できます。
エンドユーザ向けトレーニング・テンプレート

「Dashboard検索条件機能(Winter'12新機能)」ウェブセミナー資料

2011年12月6日開催されましたウェブセミナーの資料です。

下記より、ダウンロードいただけます。ぜひ、ご活用ください。

Dashboard検索条件機能(Winter'12新機能) (パスワード: bptPzIEE )

「Salesforceワークフロー機能と活用事例紹介」ウェブセミナー資料

2011年11月18日に開催いたしましたウェブセミナーの資料です。

ぜひ、ご活用ください。下記URLより資料を御覧ください。

【資料】 プッシュ型機能による セールスフォースの効果的な活用

【パスワード】 EZNVNvVf

動画資料はこちらになります。

Salesforceワークフロー機能と活用事例紹介

「Chatter概要と活用事例紹介」ウェブセミナー資料

2011年10月26日に開催いたしましたウェブセミナーの資料です。

下記より、ダウンロードいただけます。ぜひ、ご活用ください。

資料は、こちら  (パスワード: hIDehQXZ)

「Salesforce 商品の機能と活用事例紹介/ コンテンツ機能と活用事例紹介」ウェブセミナー資料

2011年9月30日に開催いたしましたウェブセミナーの資料です。
ぜひ、ご活用ください。

商品機能についての資料は、こちら (パスワード:wMTNyPKQ)

コンテンツ機能についての資料は、こちら (パスワード:xOtiTZzI)

商品についてのQ&Aは、こちら (パスワード:jEJvMdIR)

「キャンペーン機能と活用事例紹介」ウェブセミナー資料

2011年9月29日に開催いたしましたウェブセミナーの資料です。
ぜひ、ご活用ください。資料は、こちら (パスワード:eXRVaeVd)

ウェブセミナーの際のQ&Aは、こちら (パスワード:RndOVrUw)

「Salesforceワークフロー機能と活用事例紹介」ウェブセミナー資料

2011年9月27 日に開催いたしましたウェブセミナーの資料です。
ぜひ、ご活用ください。資料は、こちら (パスワード:qOgpZpAs)

動画は、こちらになります。

Salesforceワークフロー機能と活用事例紹介 (Youtube)

「Chatter概要と活用事例紹介」ウェブセミナー資料

2011年9月26日に開催いたしましたウェブセミナーの資料です。
ぜひ、ご活用ください。資料は、こちら (パスワード: yfYASDfI )

動画は、こちらになります。

Chatter概要と活用事例紹介 (Youtube)

Chatter概要と活用事例のウェブセミナー資料

2011年7月29日に開催いたしましたウェブセミナーの資料です。
ぜひ、ご活用ください。資料はこちら (パスワード oCBOMQlq )

ウェブセミナーの際のQ&Aはこちら (パスワード WNfhtUqk)

キャンペーンのウェブセミナー資料

2011年5月18日に開催いたしましたウェブセミナーの資料です。
ぜひご活用ください。資料はこちら

プッシュ型機能(ワークフローなど)のウェブセミナー資料

プッシュ型機能のウェブセミナーへのご参加ありがとうございました。

大規模商談アラート、自動割り当てルール、自動レスポンス、ワークフローなど
業務を自動化する機能は多くございますのでぜひご利用ください。

<資料ダウンロード>

プッシュ型機能紹介セミナー資料

承認プロセスについて

社外からもセールスフォースにログインできるようにする方法

社内からしかセールスフォースにログイン出来ない組織において、社外からもセールスフォースにアクセスできるようにする設定をご紹介します。(要システム管理者権限)

以下の2つの設定が必要となります。
1.設定>管理者設定>セキュリティのコントロール>ネットワークアクセス
  の信頼済みIP範囲を空白にする

2.設定>管理者設定>プロファイル>ユーザープロファイル
  の各プロファイルを選択(編集ではない)し、プロファイル毎の下の方にスクロールした先の「ログイン IP アドレスの制限」へ「1.1.1.1-255.255.255.255」を設定する

上記設定は、自宅(通常のインターネットプロバイダ)やモバイルカード、ホテルからのアクセス(IPアドレス範囲を想定できない)を想定しております。
VPNやある程度IP範囲が想定できる場合は、2の設定においてそのIP範囲を制限することをご推奨します。(セキュリティ確保のため)

なお上記設定は、ユーザー名とパスワードさえ分かれば誰でもログイン出来てしまいますので、業務上の必要性を鑑みて慎重にご設定くださいますよう、よろしくお願い致します。

レポートから直接データの作成や編集画面を立ち上げる方法

今すぐ使える便利機能 のP.12~14の内容の再掲です。 )

レポート画面からダイレクトに編集、新規作成の画面を立ち上げることができるので、複数のデータを編集/作成がスムーズに行えます。

Easycaptured659_2

ホーム画面へアイコンメニューを表示し、レポートを表示する方法」と併用していただくことで、
アイコンクリック >> 必要なデータをリスト表示 >> データを選択して作成/編集

という3ステップでデータの入力/更新が行えるため、現場での入力負荷軽減に寄与します。

下記リンクより設定資料をダウンロード頂けます。
https://na1.salesforce.com/sfc/p/000000000062PIF.WAVFsqoj2QZL9UUSLSygqDc=
パスワード: TKWdsOfW

ホーム画面へアイコンメニューを表示し、レポートを表示する方法

アイコンからレポートを表示するメニューをホームタブ上に作成します。
リンク先をレポートのURL:ではなく、ビューやダッシュボードにすることで、応用が可能です。
Easycaptured604_2

設定マニュアルをダウンロードする
https://na1.salesforce.com/sfc/p/0000000000627nj5YEq6upxLNtpQQkMCDDdfUoQ=

パスワード:LvhnITYv

Cloudforce Japan 2010 E2セッション資料

セールスフォースを使いやすくする便利機能のご紹介

2010/9/16 NPO向け活用クリニックでご紹介した資料です。

こちらよりダウンロード頂けます。

目次

・見た目を変える方法

・簡単にデータを取り込む方法

・たくさんのデータを一度に修正する方法

・データを効果的に参照/共有する方法

ワークフロー概要ウェブセミナーの資料

5月19日のワークフロー機能概要ウェブセミナーへ多くのお客様に御参加をいただきありがとうございました。

弊社のマーケティング、テレセールス、営業の各部門の業務では、
ワークフローの機能を活用して、プッシュ型でのお客様情報の入手、プロセスの自動化、などを
行っています。

ワークフロー概要ウェブセミナーの資料を下記に掲載をいたしましたのでご覧下さい。

【資料のダウンロード】
ワークフロー概要ウェブセミナー5月19日実施の資料
パスワード:zkgHvmgY

【Edition毎の利用できるプッシュ型機能】
Wf

商品とコンテンツの活用に関する資料

4/14に開催をした「商品とコンテンツの活用ウェビナー」の資料をご紹介いたします。

商品は、商品情報だけではなく、標準価格や卸値表などの設定と商談との紐付け、
取引先と紐付け納入商品を管理することができます。

コンテンツは、社内文書管理としての文書共有機能として、プレビュー機能、
文書のバージョン管理などを行っていただくだけではなく、URLによるコンテンツの配布もできます。

ご利用いただけるEditionをご確認の上、ぜひ御社でもご利用ください。

【ご利用いただけるエディション】
商品:Professional / Enterprise /Unlimitedのお客様
コンテンツ:Contact Manager/ Group /Professional / Enterprise /Unlimitedのお客様

【資料のダウンロード】 

資料をコンテンツ配信機能を使って提供しております。クリックしPWを入力してください。

商品について
パスワード: ycXphhfc

Salesforceコンテンツの活用
パスワード Gbmmjwmz

【コンテンツの画面イメージ】
Contents

IT部門での活用例 (弊社活用事例ビデオ)

弊社では全部門でSalesforce CRMを活用しています。IT部門でどの様に活用しているのかを
9月に開催したCloudforce Japanの講演で紹介いたしました。その内容のビデオをぜひご覧ください。

【IT部門での活用例】

講演資料ダウンロード:セールスフォース・ドットコムはどのようにSalesforce CRMを利用しているか? (PDF/5.1MB)

他の講演の資料は下記のリンクから一覧をご覧いただけます。

Cloudforce Japan 講演ビデオ PDF資料

プッシュ型機能でアラート配信や漏れ防止を実現(ワークフロー/承認プロセス)

Salesforce CRMのワークフローやダッシュボード定期配信などのプッシュ型機能を活用すると、
メール受信やToDoの発行などSalesforceから自動的に情報を受け取ることができ、
業務の自動化や漏れ防止に役立てることができます。

さまざまなプッシュ型機能をご紹介し、弊社業務での活用事例をご紹介する
オンラインセミナーの資料をアップしまいたのでぜひご覧下さい。

<資料ダウンロード>
プッシュ型機能でアラート配信や漏れ防止を実現(3MB)

Push

http://success.salesforce.co.jp/assets/workflow1215.pdf

リストビューとレポートを活用しよう!

Salesforceに入力されているデータを一覧で見るには、リストビューとレポートを利用します。
リストビューとレポートにはそれぞれ便利な機能がありますので用途に応じて使い分けましょう!

<リストビューの便利な機能>
・項目の一括更新
 選択式の値を一括で更新する場合に便利です。
 例えば、毎月末に受注したお客様(取引先)の種別を”見込み客”から”契約顧客”に変更する場合などでご利用いただけます。

Veiw

・項目のインライン編集
 リスト上で変更したい項目をダブルクリックで編集ができます。

・リストビューから顧客訪問計画を立てる
 リストビュー右下の”カレンダーを開く”をクリックすると、今週のカレンダーが表示されます。
 ドラッグアンドドロップでリストビュー上の顧客をカレンダーに移動させながら、一週間の行動計画を立てることができます。

Veiw2

・表示行をドラッグアンドドロップで並び替え

<レポートの便利な機能>
・電子メールでレポートを受信
 作成したレポートをスケジュール設定でメールで受信ができます。
 今週の受注案件一覧や本日の活動情報など定期的に確認をしているレポートで便利です。
   関連記事:レポートの情報をメールで受け取りたい。

・グラフの作成
 一覧表をグラフに表現することができます。ちなみにダッシュボード作成にはレポートが必要です。

・データのエクスポート
 CSVやEXCELに出力することができます。
   Reportexport

・表示形式、サマリー、マトリックスなどの表示形式の変更

 集計したい切り口に応じてレポートの表示形式を変更できます。

リストビューとレポートの設定や作成についての詳しい内容は下記リンクの資料をご覧ください。

<設定と作成に関する資料>
リストビュー設定ガイド

レポートについて

便利なショートカット一覧

レポートの一覧を見ながら、別のタブでレポートを開きたい場合など
Salesforceの複数の画面を立ち上げて作業を行うことは多くあるかと思います。
リンクの上を右クリックし、”リンクを新しいタブで開く”を選択する方法もありますが、
リンク上で“Ctrl+[クリック]” をすると、新しいタブを立ち上げることが出来ます。

下記ページの便利なショートカットキーをご覧いただき、作業の生産性の更なる向上にお役立て下さい。

ショートカットキー(FireFoxとIE7共通)

このページを検索 Ctrl+F
新しい新規タブ     Ctrl+T
新しい新規ウィンドウウインドウ Ctrl+N
再読み込み  Ctrl+R
ズームイン Ctrl++
ズームアウト Ctrl+-
ズームをリセット Ctrl+0
ページを印刷する Ctrl + P

FireFox用
キーボードショートカット一覧

マウスショートカット一覧

Internet Explorer用ショートカット一覧

マトリックス型レポートをそのままExcelに出力する

様々なデータの分析に効果的なマトリックス型レポートですが、
「詳細をエクスポート」ボタンからExcelへ出力すると、
横軸が縦軸へ変換されてしまい困った!というご経験がある方、いらっしゃいませんか?

「印刷用に表示」のボタンをクリックしてExcelに出力することで、マトリックス形式のまま
容易にExcelに出力することができます。

これで、Excelでの2次加工も容易になりますね。
是非お試し下さい。

Snap209

分析スナップショット概要および設定方法

Winter09でリリースされ、Spring09で拡張された分析スナップショット。

具体的な機能概要と設定方法をご紹介します。

分析スナップショットを利用して過去の情報と比較することで、より効果的なPDCAサイクルを実現することができます。

分析スナップショットの概要と設定方法(PDF / 800k)

Snap160

電子メール送受信の履歴をSalesforceの活動履歴への残す

お客様への送信メールや受信メールをSalesforceへ記録する方法はいくつかあります。
 Salesforceから送付をする、Connect for Microsoft Outlookを利用するなどさまざまな手段を下記にご紹介いたします。

◆送信メールをSalesforceの活動履歴へ記録する方法:

1. Salesforceから電子メールを送信する(無料)
[活動履歴] - [メールの送信]で送ると自動的に活動履歴に追加されます。
複数の方に同じ内容のメールを送付する場合は、メールテンプレート一括メール送信を利用すると更に便利です。

2. Connect for Microsoft Outlookを利用して送付する(無料)

Connect for Microsoft Outlookをインストールし、”送信と追加”ボタンをクリックしメール送信します。
[設定] - [個人設定] - [デスクトップ統合] - [Connect for Outlook]からインストールできます。

3. Connect for Lotus Notesを利用して送付する(無料)
[設定]-[個人設定]-[デスクトップ統合]-[Force.com Connect Offline]からインストールできます。

4. BCCにemailtosalesforce@xxxxxxx.salesforce.comを追加する(無料)
OutlookやLotus Notes以外のメールソフトをご利用のお客様でも、送付メールをSalesforceへ記録していただくことが出来ます。
手順:
4-1. [設定]-[管理者設定]-[電子メール管理]-[電子メール to Salesforce]の編集をクリックし有効にチェックを入れる。
4-2. [設定]-[個人設定]-[電子メール]-[私の電子メール to Salesforce]から”[電子メール to Salesforce] アドレス”を入手する。
4-3. メールに4-2で入手したアドレスをBCCへ入れ送信する。
 E2sfdc
 E2sfdc2_2

◆受信メールをSalesforce活動履歴へ記録する方法:

1. Outlook Editionを利用する(無料)
受信したメールを選択し、Outlookの”電子メールを追加”ボタンをクリックし、関連付けたい情報を
[設定]-[個人設定]-[デスクトップ統合]-[Connect for Outlook]からインストールできます。

2. Connect for Lotus Notesを利用する(無料)
[設定]-[個人設定]-[デスクトップ統合]-[Force.com Connect Offline]からインストールできます。

◆サポートセンタや問い合わせ窓口に来るメールをSalesforceに取り込む:
1. 電子メール-to-ケース機能の利用(無料)
問い合わせ受付専用のメールアドレスなど特定のアドレスにくるメールをSalesforceへ取り込むことが出来ます。
[設定]-[カスタマイズ]-[ケース]-[電子メール-to-ケース]から設定できます。


行動とToDoの違い

Salesforceでは全てのオブジェクトに活動予定と活動履歴が標準で用意がされています。

これらには”行動”と”ToDo”の2つの機能があり、下記の定義で使い分けていただくことが出来ます。

<p><p><p>スライド 2</p></p></p>

*行動とToDoの定義*
行動: 具体的な日付と時間が決まっている行動(カレンダーの機能)
    (日付を過ぎると自動的に活動履歴になります)
      例) 「○月△日×時~△時、顧客A企業への訪問」
        「 ×月○日△時~×時、社内会議」など

ToDo: タスクを管理(備忘録の役割)
    (完了にしないと活動履歴になりません)
     例) 「○○様へ訪問のアポイントメント」
        「△月○日までに見積作成」  
        「○○様への電話した結果の入力」 など

行動とToDoをうまく使い分けるために下記の入力方法と利用例を参考にしてください。

 行動の入力方法
 Event1
 Event2

 <p><p><p>スライド 5</p></p></p>

 行動(利用例)
例)顧客Aへ提案中の商談についての訪問予定と訪問結果をSalesforceへ記録する

<訪問前> 訪問予定をSalesforceへ入力する
1.顧客Aへの商談を左上の検索バーから検索し、商談を開く
2. 商談にある活動予定の“新規予定”をクリック
3.”件名“、”日時(開始と終了の項目)”、“訪問先の方の情報(名前)”など訪問に関する詳細情報を入力し、保存
        ↓
        ↓行動は、日付を過ぎると自動的に活動履歴になります
        ↓
<訪問後> 訪問結果をSalesforceへ入力する
1. 訪問前に入力した活動を活動履歴から開く
2. 訪問結果の情報を入力し保存する

  

 ToDoの入力方法
 Event3
 Event4

 

便利な使い方
  Event5
    レポート/ダッシュボード作成方法:
     http://success.salesforce.co.jp/rollout_guide/2006/12/post_b893.html

 

ユーザーの切り替えを簡単に行う方法(代理ログイン機能のご紹介)

この機能はEnterprise Edition以上のお客様のみご使用になれます。

導入作業時や新機能を有効にする際、システム管理者以外のユーザーでログインして画面やアプリケーションの動作を確認したいことはありませんか?

また、遠隔地のユーザーをサポートする際にそのユーザーで代理でログインできたらより効率的に問題解決が行えると思いませんか?

そういったことを容易に実現できるのが「代理ログイン」の機能です。

<代理ログイン実行中の画面>

Snap6
画面中央のタブの上部に「現在 XXXX としてログインしています。」
」という表示が行われます

設定方法
 設定方法はそのログインをしたいユーザーに「個人設定」→「ログインアクセスの許可」
 の項目から、「システム管理者へのログインアクセスの許可」の「アクセス有効期限」
 に日付を入力するだけでOK。

<設定画面>
Snap3
  「アクセス有効期限」に日付を入力します

■利用方法

 システム管理者が代理ログインを行いたい場合は、
 「設定」→「ユーザの管理」→「ユーザ」でユーザの一覧を表示し、
 ユーザ名の横の「ログイン」をクリックすることで、そのユーザとして
 ログインすることができます。

Snap5

 もとのユーザ(システム管理者)に戻りたい場合は、通常と同様に「ログアウト」
 をクリックすることで戻れます。



■システム導入時に一括でシステム管理者側で設定する方法

 システム導入時や新規アカウント作成時は、システム管理者で強制的に設定を行いたい
 場合は以下の方法があります。
 (1)新規ユーザ登録時にメールアドレスをシステム管理者のアドレスを設定する
 (2)管理者のメールアドレスに届いたパスワードでそれぞれのユーザとしてログイン
   ※この時、新しいパスワードの設定を要求されますが、実際のユーザが使用する
    場合にリセットしますので、何でも結構です。

 (3)上記「システム管理者のログインアクセスの許可」設定を実行
 (4)メールアドレスを実際のユーザのメールアドレスに設定し、再度パスワードをリセット
 (5)それぞれのユーザのメールアドレス宛に新しいパスワードが送付される

 

是非、ご活用ください。

レポートの情報をメールで受け取りたい。

レポートの情報を定期的にメールで配信する機能がWinter'09のバージョンアップで機能追加しました。

”今週受注された案件の一覧を毎週金曜日に確認したい”
”営業時間終了後に今日入力された活動情報の一覧を見たい”
"今日のWEBサイトからの問い合わせ件数を見たい”
など

定期的に確認すべきレポートをメールで受け取ることが出来ます。

<メールのイメージ>

レポートの画像とレポートへのリンクが送信されます。

Schedulereport4

 

 

 

 

 

 

 

 

<設定手順>
1.レポート実行ボタンの下にある"実行スケジュール"をクリックします。

Schedulereport3

2."電子メールレポート"、"更新スケジュール"などを設定します。

Schedulereport  
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 

3.”レポートスケジュールを保存”をクリックし設定が完了です。


【便利機能】検索の絞込み

Salesforceのデータが多い場合、検索しても対象のデータをすぐに見つけられない場合があります。

例えば「鈴木」と検索すると、あらゆる企業の鈴木さんが検索結果として表示されるため、
目的の鈴木さんを見つけるには時間がかかります。

その際、一例として「取引先名」にセールスフォースと追加の絞込みを行うことで、

セールスフォース・ドットコムの鈴木さんのみが検索結果として表示され、検索時間の短縮が可能となります。

設定方法
検索結果画面の右側ボタン「カスタマイズ」-「すべてのユーザの検索条件」から、
絞り込む対象項目を設定します。

0828_2

プロセスマップ

見込み客管理~商談発掘、既存顧客からの商談発掘などの一連の

プロセスとSalesforceの機能をどう利用するかマップ化したプロセスマップです。

ご要望が多いためPPTでダウンロードができるようにいたしました。

Salesforce社内活用も含めたベストプラクティスです。

ぜひご活用ください。

セールスプロセスマップ1

セールスプロセスマップ2

04051_3

04051_4 

Other Ways to Connect
YouTubeで動画を見る
©Copyright 2000-2015 salesforce.com, inc. All rights reserved. 個々の商標はそれぞれの権利者に帰属します。
株式会社セールスフォース・ドットコム 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー12階
TEL: 0120-733-257 | 03-4222-1000