目標から活動レベルに落とし込みましょう

2021.04.26

Share:

この記事で学べること

  • 前章で設定したゴールを実現するための、各種KPIの設定
  • サクセスマップを利用した、目標、戦略、活動の設定方法

概要

組織のゴールを設定したら、次は目標、戦略、活動、そしてそれぞれのKPIという順で設定していきます。

ここで設定したKPIが、Salesforceの醍醐味の一つである、ダッシュボードへとつながっていきます。(詳細は次の記事をご覧ください)

例えば“20xx年までに業界シェアNo.1になる”というゴールの場合、それを達成するためには、“目標”は“売上50億円”を達成する必要があり、その売上を達成するためには“新規顧客の開拓”と“既存顧客の客単価向上”、そして“顧客満足度の向上”・・・など、ゴールから活動まで詳細にブレークダウンしていきます。

ポイントは、ゴール・目標・戦略・活動がそれぞれ関連していることです。ゴール達成のための目標になっているか、逆に、目標を達成したらゴールに近づくのか。サクセスマップを作成したら、一度チェックしてみましょう。

学習ツール

1. <資料> サクセスマップ

“組織のゴールを設定する”で作成したサクセスマップのゴールを元に、目標と戦略、そして活動を入力しましょう。

SuccessMap.pdf

※上記ファイルをダウンロードできない場合は、こちらからダウンロードください

2. <動画> 営業改革シリーズ Vol.1 効果を出すための準備をしよう(25:06)

組織のゴールや目標から、戦略と活動、そしてKPIを設定するための流れを理解しましょう

*画面右下の歯車マークより再生スピードが変更可能です

おまけ: KPIとは?KGIとの違いや、KPIの設定・管理のポイント

目標の達成度合いを示すKPIですが、その数値にどのような意味があり、なぜ重要なのか。

KPI設定で生まれるメリットや、ポイントについてご紹介いたします。

まとめ

サクセスマップを利用して、目標・戦略・活動は設定できましたか?

ここで設定したKPIは、この後の章で説明するレポートやダッシュボード、そして設定する画面の項目の大元となるものなので、Salesforceを導入する最初に時間をかけて設計してみてください。

2021.04.26

Share:

前の記事「どの部署で、何人が、何をするかを明確にしましょう」

次の記事「継続的な改善を実施するための役割を決めましょう」

進め方に沿って理解する

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。