ゴール・戦略・施策を決めましょう

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

この記事で学べること

  • Pardotを使う目的やゴールについて
  • ゴールの達成に向けてとるべき戦略や具体的な施策の選び方

ゴール・目的の明確化

Pardotを使い始める前に、まず「何のためにPardotを使うのか」を明確にするためゴールを設定しましょう。

目的やゴールのイメージがないと、以下のような課題に直面します。

  • 可視化すべき指標、KPIを明確にできない
  • プロジェクトの効果測定が困難
  • 現場からのリクエストに優先順位がつけられない
  • 声の大きな人の意見が通る

Pardotを使う目的/ゴールは非常にシンプルです。

それは、「商談機会を創出して、会社収益に貢献する」です。

image.png

会社として今年度の年間売上目標を達成するために、Pardotを使って具体的にどのくらい商談機会を創出すれば良いか考えてみましょう。

例)今年度の売上目標50億円達成に貢献するため、Pardotから月20件の商談機会を創出する。

戦略・施策を決めましょう

ゴールや目標が明確になったら次に、ゴールの達成に向けてとるべき戦略や具体的な施策を決めましょう。

ここでいうゴールに対する戦略や施策の関係性は以下の通りです。

  • ゴール:会社収益を上げる
  • 目標:商談機会を創出する
  • 戦略:3〜6ヶ月で取り組む内容
  • 施策:具体的な日々のマーケティング活動内容
image.png

また、ゴールの達成に向けてとるべき戦略や具体的な施策を決めるときのポイントは2つです。

  • 見込み客の「獲得・育成・評価」の視点で考える
  • 今まで全くやっていなかった取り組みですぐに効果がでそうな施策から実行する

ポイントの1つ目、見込み客の「獲得・育成・評価」の視点で戦略と施策を考えると次のようなアイデアが生まれます。

image.png
image.png

戦略と施策のアイデアをもとに、弊社がよく使うKPI策定のフレームワーク「サクセスマップ」へ落とし込んだ図が以下となります。

image.png

そして、ポイントの2つ目、すぐに効果がでそうな施策から実行するためにまず何から取り組めば良いかが分かる「質問チェックリスト」を作成しましたのでぜひお使いください。

image.png

学習ツール

1. <動画> ゴール・戦略・施策を決めましょう(11:42)

*画面右下の歯車マークより再生スピードが変更可能です

2. <資料> ゴール・戦略・施策を決めましょう

ゴール・戦略・施策を決めましょう.pdf

*普段お使いのSalesforce ID/Passでログインするとダウンロード可能です。

施策検討の質問チェックリストを使い、施策実施時期と担当者を決めましょう。

また関連記事「Pardotで出来ることを理解しましょう」もあわせてご確認ください。

まとめ

Pardotを使う目的は「商談機会を創出して、会社収益に貢献する」ことです。

ゴールの達成に向けてとるべき戦略や具体的な施策は、見込み客の「獲得・育成・評価」の視点で考えます。

今まで全くやっていなかった取り組みで、すぐに効果がでそうな施策から開始しましょう。

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

前の記事「Pardotで出来ることを理解しましょう」

次の記事「Pardot・Salesforceのコネクター設定を完了しましょう」

事前準備

このカテゴリの人気記事

おすすめの記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。