Pardot・Salesforceのコネクター設定を完了しましょう

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

この記事で学べること

  • 使用開始に必要な設定を理解する
  • プロビジョニング
  • Pardot設定・Salesforce設定

さあ、使い始めましょう。

PardotとSalesforceを連携して利用開始するにあたり、まずは2つの初期設定が必要となります。

  • Pardot・Salesforceコネクターの設定
  • テクニカル設定

基本的な設定手順は「かんたんPardot初期設定マニュアル」ですべて網羅されています。

本記事では「Pardot・Salesforceコネクターの設定」について、3つのプロセスで概要を解説します。

  • プロビジョニング
  • Pardot設定
  • Salesforce設定

プロビジョニングを行う

さあ、さっそく始めましょう。まずは貴社独自のPardotアカウントを取得することから始まります。

「プロビジョニング」では、Salesforce組織に対して主に3つの手順を実施します。

  • Pardot AppExchangeパッケージをSalesforce組織にインストールする
  • Salesforceの設定画面からPardotのアカウントを新規で取得する
  • SalesforceとPardotを繋ぐコネクターの「一時停止」を解除する

1. Pardot AppExchangeパッケージには、SalesforceとPardotの連携に必要な設定情報が含まれています。(例:カスタム項目、ページレイアウト、権限セットなど) インストールを終えたら、いよいよ 2. Pardotアカウントを新規で取得します。

image.png

PardotとSalesforceは「コネクター」で接続されています。Pardotアカウント取得直後は、コネクターの状況が「一時停止」になっているため、「一時停止の解除」を行うことではじめの一歩は完了です。

Pardot Lightning アプリケーションを有効化する

Salesforceの画面上でPardotのアプリケーションを使うために、Pardot Lightning アプリケーションを有効化します。

ユーザーに対して、権限の割り当てを行います。詳しい手順は学習コンテンツ「かんたんPardot初期設定マニュアル」(動画解説あり)をご参照ください。

image.png

Salesforce設定を行う

営業部門と密に連携を行うためには、Salesforce上でPardotの情報を活用できる状態にしておく必要があります。

「Salesforce設定」では、Salesforce上でPardotのデータを表示したり、「リストに追加」「Pardot メール送信」といったアクションを行えるよう、Salesforceにいくつか設定を行っていきます。 

  • SalesforceでPardotのデータを表示する
  • SalesforceにPardotボタンを追加する
  • Pardotリストに追加するためのボタンを設置する
  • Pardotデータへのアクセス権を付与する

Pardot設定を行う

いよいよ、本章の最後「Pardot設定」です。

ここでは「ユーザー権限 (プロファイルとロール)」「プロスペクト項目」の2つに絞って解説を行います。

誰が・何を実行できるのか、利用ユーザーの権限を正しく設定しておく必要があります。

これらの権限は、Pardotでは「ロール」Salesforceでは「プロファイル」で、それぞれ定義しています。

設定内容や方法はヘルプ記事を参照ください。

予めSalesforceのプロファイルと、Pardotロールの対応付けを行います。

各ユーザーにはSalesforceのプロファイルを割り当て、Pardotの権限は“対応付けされたPardotロール”が適用されます。

例:山田 花子さんのSalesforceプロファイルが「*Marketing」の場合、Pardotでは「マーケティング」ロールの権限を利用可

image.png

マニュアルでは「カスタム項目の作成・対応付け」の手順も包含していますので、併せてご確認ください。

学習ツール

1. <資料> かんたんPardot初期設定マニュアル(P.4〜20)

かんたんPardot初期設定マニュアル.pdf

*普段お使いのSalesforce ID/Passでログインするとダウンロード可能です。

P.4〜20で、Pardotのテクニカル設定の一連の流れを、画面写真付きで説明しています。

2. <動画> 一緒に進める「かんたんPardot初期設定」

Pardotのコネクター設定・Salesforce/Pardot設定の一連の流れを、講師がデモ形式で説明しています。

まとめ

さて、いよいよPardotの環境を入手しました。

基本的な設定はこれで終了!といきたいところですが、

初期設定ではもうひとつ重要なタスク「テクニカル設定」が残っています。

次の章では、技術部門と連携しながら初期設定を進めていきます。

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

前の記事「ゴール・戦略・施策を決めましょう」

次の記事「テクニカル設定を行いましょう」

事前準備

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。