テクニカル設定を行いましょう

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

この記事で学べること

  • なぜPardotのテクニカル設定が必要なのか
  • テクニカル設定をするために使える学習ツール

Pardotのテクニカル設定とは

Pardotは誰もが直感的に操作できるツールですが、利用する前にシステム管理者の方がいくつかの初期設定を行っておく必要があります。

前の章では、初期設定の一環としてコネクタを用いてSalesforceとPardotを接続しました。

その他に、Pardot利用の前提となる技術的な3つの設定があり、それらをまとめて「テクニカル設定」と呼びます。

本章ではPardotのテクニカル設定について、それぞれの概要と学習ツールをご紹介します。

トラッキングコードを実装する

自社のWebサイトにトラッキングコードを実装することで、サイトを訪れたビジターとプロスペクトのアクティビティを追跡できるようになります。

Pardotで発行したトラッキングコードを、WebサイトのHTMLコードに追記することで実装されます。

トラッカードメインを追加する

Pardotで作成されるページやフォームのドメインは、何も設定しないと「go.pardot.com」になります。

トラッカードメインを追加し、独自のドメイン(自社名・ブランド名)に書き換えることで、自社のWebサイトとブランドの統一をはかります。

DKIMとSPFメール認証を実装する

自社のDNSサーバにSPFレコード、もしくはDomainkeysレコードを登録することで、配信するメールの到達性が高まります(メール認証設定)。

主要なISPや企業のスパムフィルターの多くは、このメール認証設定を確認することでメールを受信箱に到達させるか否かを判断しています。

この設定が実装されていないと「なりすまし」扱いになり、メールの到達率が下がってしまう可能性があります。

*注意

DNSサーバはお客様が利用するプロバイダに応じて仕様が異なるため、Salesforce.comのPardotサポートではDNS設定に関する具体的な指示を提供することはできません。詳細な設定は、お客様のIT部門や契約ベンダーにご確認ください。

学習ツール

1. <資料> かんたんPardot初期設定マニュアル(P22〜26)

かんたんPardot初期設定マニュアル.pdf

*普段お使いのSalesforce ID/Passでログインするとダウンロード可能です。

P22〜26で、Pardotのテクニカル設定の一連の流れを、画面写真付きで説明しています。

2. <動画> 一緒に進める「かんたんPardot初期設定」(1:34:47〜)

動画の1:34:47から、Pardotのテクニカル設定の一連の流れを、講師がデモ形式で説明しています。

まとめ

「テクニカル設定」と聞くと少し複雑そうな気がしますが、かんたんPardot初期設定マニュアルで手順を分かりやすく説明しています。マニュアルだけだとピンとこない場合は、動画で一緒に設定もできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

前の記事「Pardot・Salesforceのコネクター設定を完了しましょう」

次の記事「顧客データの管理方法① PardotとSalesforceの連携について理解しましょう」

事前準備

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。