獲得のためのフォームを作成しましょう

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

この記事で学べること

  • フォームの作成方法
  • ランディングページ(LP)の作成方法
  • フォームハンドラーの設定方法

フォームを作成する

見込み客を新たに獲得し、アプローチ対象の見込み客のパイを増やしましょう。

そのためには顧客情報を取得するためのフォームを作成し、Webサイトに設置することが必要です。

本章では、二種類のフォームとランディングページの概要・設定方法についてポイントを解説します。

< フォームイメージ  >                                        < 設定画面 >

フォームの作成方法は以下の動画をご参考ください。

詳細かつ最新の情報は以下のサイトをご確認ください

ランディングページ(LP)を作成する

より詳細な情報を提供し行動喚起を促すためにランディングページは有効です。

<ランディングページイメージ>

<設定画面 ランディングページコンテンツイメージ>

ランディングページの作成方法は以下の動画をご参照ください。

最新の情報は以下のサイトをご確認ください

フォームハンドラーを作成する

すでに自社サイトに設置済みのHTMLフォームがあり、ルック・アンド・フィール(色・形状・レイアウトなどの外観)を維持したままPardotに見込み客の情報を転送したい場合は、フォームハンドラーの機能が有効です。

前述のPardotフォームとの比較表は以下の通りです。

フォームハンドラーの設定動画は以下をご参照ください。

詳細かつ最新の情報は以下のサイトをご確認ください

学習ツール

1. <動画> Pardot 動画ちゃんねる

フォームの作成方法


LP の作成方法

フォームハンドラーの設定方法

2. <エキスパートコーチング> フォームとランディングページの活用

フォームとランディングページの活用

*Premier Success Planご契約のお客様のみ

弊社Pardotエキスパートから、1対1でPardotでのフォームとランディングページの構築および活用方法を習得について説明を受けられます。こちらからお申し込みください。

まとめ

フォーム・フォームハンドラー・ランディングページの違いと設定方法は理解できましたでしょうか。これらの機能をつかって効率よくお客様の情報を獲得してください。

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

前の記事「アクティブ化を理解しましょう」

次の記事「獲得後のフォローアップについて準備しましょう」

施策実行・効果測定

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。