獲得後のフォローアップについて準備しましょう

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

この記事で学べること

  • 見込み客獲得後のフォローアップについて

1.見込客獲後のフォローアップのシナリオを検討しましょう

せっかく獲得した見込み客はフォローアップをしないとただのリストです。そのリストの活用のシナリオ検討しましょう。

2.フォローアップの基準と方法をきめましょう

  • フォローアップする見込み客を条件をきめましょう
    • スコアで仮ぎめしたスコア基準にてアクションを行うことが始めやすいです
    • 「このページ見ている=検討中だろう」というWebページに来たら営業に通知をします
  • フォローアップする担当へのアサイン方法を決めましょう
    • ユーザー : 担当者がきまっているor振り分ける人が決まったいる場合は直接アサインします
    • グループ    : 特定グループの担当者にランダムにアサインします
    • キュー    :  キューに割り当てた後、手動で振り分ける人or担当者によってアサインします
    • 割当ルール  : 条件に応じていユーザー・キューに割り当てます
  • 担当者への通知方法をきめましょう
    • ユーザーに通知     : 割り当て先にメールが通知されます
    • Salesforce のToDo  : リード/取引先責任者に関連してToDoが発行されます。Todo対応の進捗度合いを計ることができるのでおすすめです

>> グループの利用方法はこちらのSalesforceヘルプをご参照ください

>> キューの利用方法はこちらのSalesforceヘルプをご参照ください

>> 割り当てルールの利用方法はこちらのSalesforceヘルプをご参照ください

3.フォローアップをし続けるための仕組みをつくりましょう

  • 見込み顧客画面の整備
    • フォローしやすい画面を設計しましょう
  • 運用ルール
    • 担当者・マネジメントが「いつ」「何」を行うか明確にしましょう
  • レポート&ダッシュボードについて
    • フォローの優先度や進捗状況、抜け漏れを確認できるダッシュボードを作りましょう

学習ツール

1. <記事> 自社への関心が高い見込み客のフォロー方法を検討しましょう

定番シナリオを抑えたい方は

eBookいまから始めるマーケティングオートメーション定番シナリオ20選

まとめ

フォローアップの運用はその戦略や社内リソース依存するため、お客様自身でそのシナリオを確定いただく必要があります。継続的、効果的なフォローアップを実現して見込み客の商談化を実現しましょう

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

前の記事「獲得のためのフォームを作成しましょう」

次の記事「獲得結果の確認/改善をしましょう」

施策実行・効果測定

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。