見込み顧客の発掘・絞り込みの自動化例をみてみましょう

Pardotを学ぶ

2021.07.16

Share:

この記事で学べること

この記事で学べること

  • 見込み客を発見し確実にフォローするための3つの自動化シナリオを eBook を使ってご紹介
  • シナリオ作成における設計方法と流れ
  • シーン別のメールテンプレートの考え方

施策の「自動化」を検討しましょう

ここまで「施策実行」のフェーズでは「メールを送る」、「スコアリングする」、「営業へ通知をする」といった一つ一つのマーケティング活動をPardotで実装する方法についてご説明してきました。本記事ではそれらを「一連のシナリオ」として考え・設計し、自動化する方法について学ぶことができます。

ご紹介する3つのシナリオのうち、シナリオ2および3では自動化のツール「Engagement Studio」を使用します。Engagement Studioの使用方法についてははじめてガイドの記事「シナリオを設定しましょう」をご参照ください。

学習方法:各セクションよりダウンロード可能な PDF形式の eBook を使用して下さい。

本記事「学習ツール」で公開しているeBookの解説動画も併せてご利用下さい。

第一章:Pardotの基本を理解する

シナリオ化をする前に必要な設定ができているかの確認、またシナリオ化するための「考え方」を学習しましょう。

(資料)eBook ダウンロード

第二章:シナリオ1:製品・サービスの関⼼度が⾼まった見込み客を⾒逃さない

見込み客がWebサイトにおいて製品・サービスの検討段階でよく見られているコンテンツページを訪れた際に、営業担当者または関係者に通知をしてフォローアップを促すシナリオを実装します。

(資料)eBook ダウンロード

第二章:シナリオ2:商談に繋がりそうな確度の高い見込み客を発見

資料請求をしたタイミングで、見込み客の属性や行動をスコアリング、または追加のメール施策を交えて、営業がフォローアップする上での優先順位を導き出すシナリオを実装します。

(資料)eBook ダウンロード

第二章:シナリオ3:再アプローチのタイミングを見逃さない

製品・サービスの購入タイミングが今でない場合や、過去に失注した見込み客が「再度興味を持ったタイミング」を見逃さずキャッチし、営業担当者に通知して漏れなくフォローアップできるシナリオを実装します。

(資料)eBook ダウンロード

第三章:効果的なメールサンプル集

実際に企業が活用して効果があったテンプレートや、作業効率的に便利だと実感したテンプレートなど、シーンにあわせてマーケティングや営業担当者がよく作成する定型的なメールのテンプレート集を用意しました。

資料)eBook ダウンロード

学習ツール

  • eBook解説動画  Coming Soon

まとめ

  • シナリオの自動化を行い関心の高い見込み客の「発見」と「フォロー」をもれなく実施しましょう
  • 自動化のツール Engagement Studioの使用方法は次の章に進んで学びましょう

Pardotを学ぶ

2021.07.16

Share:

次の記事「ダッシュボードを確認してマーケティング戦略の見直し・改善をしましょう」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。