効果測定のための設定・運用をしましょう

2022.11.10

Share:

この記事で学べること

  • 施策の効果を可視化するために必要な設定と運用のポイント

この記事のゴール

当記事のゴールは「効果の可視化のため設定運用を実施しダッシュボードを完成させる」ことです。

そのため、以下の2ステップで進めていきます。

  • 設定・運用のポイントの理解と実施
  • レポート・ダッシュボードの作成

施策効果可視化のためのデータのつながり

Salesforce上で施策効果を可視化するためには、キャンペーンメンバーやリード/取引先責任者レコードを通じてキャンペーンと商談が関連付けれられる必要があります。

その際に特に重要なのが、商談の「主キャンペーンソース」項目です。

image.png

このデータのつながりを作れるよう、必要な設定と運用を実践していきましょう。

設定

  • キャンペーンの接続とキャンペーンメンバーの同期設定

SalesforceキャンペーンとAccount Engagementキャンペーンを接続し、キャンペーンメンバーを同期させます。この設定を実施した後は、キャンペーンの作成・管理はSalesforce側で行います。

設定方法はこちらの記事で解説しています。

  • 完了アクションなどによるSalesforceキャンペーンの関連付け

上記のキャンペーンメンバーの同期設定では、プロスペクトのソースキャンペーンに紐付いているもの(=初回接触のキャンペーン)のみメンバーが同期されます。初回接触以降のキャンペーンにもメンバーとして追加するため、Account Engagementのメール、フォームなどのアセットの完了アクションでSalesforceのキャンペーンメンバーに追加します。

設定方法は以下の動画をご確認ください。(1分56秒 ※早見再生可能)

Salesforce上でキャンペーンメンバーを追加する方法はこちらをご参照ください。

運用

  • 主キャンペーンソース(商談項目)

主キャンペーンソースは、キャンペーンからの商談や受注数を測るために必要な商談項目です。

リードの取引開始もしくは取引先責任者のレコード画面から商談を作成すると、キャンペーンメンバーの状況が最新で更新されたキャンペーンが自動で紐付けされます。

取引先や商談オブジェクトから商談を作成する場合には手動での設定が必要となり設定漏れが起きやすいため、上記のような運用がおすすめです。

image.png
  • キャンペーンメンバーの状況

施策対象の見込み客がその施策でどこまでステップを進んだかを把握するため、キャンペーンメンバーの状況を活用します。状況は施策の種別(メール、イベントなど)ごとにカスタマイズします。施策のゴールとなるステップを「レスポンスあり」として定義することで、どれだけの見込み客が施策のゴールに到達したのか見えるようになります。

image.png
image.png
image.png

レポート・ダッシュボードの作成

設定と運用をクリアしたら、いよいよSalesforceレポート・ダッシュボードの作成です!

こちらの記事で紹介した例を参考に作成してみましょう。

レポートダッシュボード作成について基礎から学びたい方は、エキスパートコーチングの動画をご視聴ください。

学習ツール

より詳しく知りたい方は、エキスパートコーチングのオンデマンド動画をご視聴ください。

Premier Success Planをご契約のお客様は、動画視聴後1対1のフォローアップセッションにお申し込みいただけます。

まとめ

「自社のマーケティング施策の効果を可視化するためのダッシュボードは作成できましたか?

はじめはシンプルに作成し、運用しながら改善してきましょう!

ご不明点やエラーの解消が必要な場合は、弊社テクニカルサポートにお問合せください。弊社サポートエンジニアが貴社のSalesforce/Account Engagement環境を確認の上、具体的な手順をご案内いたします。

2022.11.10

Share:

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。