Salesforce サクセスナビの使い方

最終更新日: 2020.10.06

対象

  • システム管理者

  • 現場マネージャー

  • 意思決定者

  • 推進リーダー

この記事で学べること

  • Salesforce サクセスナビ とは何か
  • Success Cloudブログ と はじめてガイド について

Salesforce サクセスナビとは

これからSalesfoce活用・定着化までの冒険が始まります。

Salesforceで成果を出し、成功するまでの道のりを “Salesforce サクセスナビ” がナビゲートします。

Salesforce サクセスナビでは、定着化に必要な道しるべ(はじめてガイド)はもちろん、時に立ち止まって確認が可能な読み物(Success Cloudブログ)も多数ご用意しています。


ご自身のペースでサクセスナビをフル活用し、一緒に冒険をはじめましょう。

では次に、Success Cloudブログ と はじめてガイド を詳しくみていきましょう。

Success Cloudブログとは

Success Cloudブログは、最新のトレンドや機能のヒント、定着化のコツなどを、画像や動画を使って簡潔にわかりやすく表現した読み物です。

Salesforceの活用・定着化を進める上で、機能そのものや定着化についてわからないことも出てくるでしょう。

その時は、このサイトの記事や記事内で紹介されているリソースを活用することで、理解を深めていただくことが可能です。

はじめてガイドとは

はじめてガイド は、Salesforceの活用・定着化に必要な要素を網羅した記事の集まりです。
このサイトのステップを道しるべとして進めれば、迷わず自分自身でSalesforce活用・定着化を進めることができます。

はじめてガイド は3つのカテゴリから構成されており、用途によってコンテンツを使い分けることができます。

1. 進め方に沿って理解する

これからSalesforceの活用・定着化をはじめる方に最初に見ていただきたいコンテンツです。

Salesforceを活用する上で必要なコンテンツを、ステップで提供します。

2. 機能で調べる

Salesforceの機能から、その利用方法や活用用途を紹介します。

“商談”など標準オブジェクトと呼ばれるもののベストプラクティスや、“プロセスビルダー"など便利な機能を使い始めたい、活用していきたい時、こちらの記事や記事で紹介する動画やプログラムを活用してください。

3. 目的から探す(近日公開予定)

業務の目的からSalesforceをどのように利用するか、逆引きで調べて記事で紹介します。

Salesforceに “どのような機能があるか” 、 “機能をどのように利用するか” 、業務目的から調べたい時に利用します。

まとめ

Salesforce サクセスナビ がどのようなものかイメージできましたか?

Salesforceを活用する旅(ジャーニー)は始まったばかりです。

このサイトのコンテンツを活用して、ぜひSalesforceの活用・定着を進めてください!

この記事は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございます。

次の記事
Salesforceとは

STEP 1: Salesforceを理解する

最近見たガイドはこちら

カテゴリー
Sales Cloud(営業支援)を学ぶ
Marketing Cloudを学ぶ
    Salesforce活用に役立つメルマガ登録

    システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

    Salesforce活用に役立つメルマガ登録

    システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

    Follow us!

    Twitter公式アカウント

    Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

    • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

    • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。