ユーザートレーニングを実施しましょう

最終更新日: 2020.10.05

対象

  • 推進リーダー

この記事で学べること

  • ユーザ向けトレーニングの設計と実施の方法

ユーザ向けトレーニングはどのように行うのか

稼働前の最後のタスクは、Salesforceを利用するユーザ向けのトレーニングです。

ユーザトレーニングでは、経営層から利用ユーザ向けに導入の目的を説明し、マニュアルを利用した入力方法など操作演習を行い、システム稼働後にユーザがSalesforceを使い始められるよう準備を行います。

また前の章で作成した運用ルールや営業会議のフローなどの説明も、ユーザトレーニングで行います。

学習ツール

1. <動画> “成功”の秘訣シリーズ Vol.2:早期に定着化を実現させるポイント(ユーザトレーニング:19:02)

こちらの動画ではトレーニングとは何か、その設計方法説明しています。

前の記事で定着化プランニングの概要を理解し、運用ルールを作成したら、作成した運用ルールを現場に浸透させていくためのトレーニングの設計方法を学びましょう。

まとめ

ユーザトレーニングの準備はできましたか?

ユーザトレーニングは、Salesforceを実際に使ってもらうユーザに、前章までに設定した組織のゴールやKPI、そして定着化のためのプランを説明する重要な機会です。

本文中のサンプルを参考に、みなさまの会社にあったトレーニングプランを策定してください。

この記事は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございます。

前の記事
Salesforceの利用に役立つプログラム

STEP 5: ユーザートレーニングを実施する

最近見たガイドはこちら

カテゴリー
Sales Cloud(営業支援)を学ぶ
Marketing Cloudを学ぶ
    Salesforce活用に役立つメルマガ登録

    システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

    Salesforce活用に役立つメルマガ登録

    システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

    Follow us!

    Twitter公式アカウント

    Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

    • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

    • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。