セキュリティ・開発・運用「開発」の記事一覧

  • 開発・実装ガイドライン(画面フォーム作成)

    この記事で学べること画面構築時の標準機能、開発選択の考慮点ユースケースごとの画面ソリューション選択ポイント概要Salesforceで生産性高く開発を行うためには標準機能を適切に利用することが重要です。しかし標準機能も動的フォームや画面フローなど機能は豊富になり、どの方法を選択すべきか判断が難しくなっています。この資料ではどのような場合にどのノーコード、ローコードツールを使用すべきか、または開発することを選択すべきか、画面開発の観点でご説明いたします。学習ツール資料(PDF)を以下からダウンロードしてください資料:標準・開発実装ガイドライン_画面フォーム作成.pdf ​​​​​​​​​​​​​​​

  • 大量データボリューム対策 ポイントガイド

    この記事で学べること大量データに対応するためのアーキテクチャを理解する事例から適切な対応方法を理解する概要大量データを扱う場合には、どのようなアーキテクチャにすべきか、どのような機能を利用すべきか、より深い知識が必要になります。Salesforceは多くの場合、優れたパフォーマンスで処理を実行できますが、大量データで適切な考慮をしないと問題が発生する場合があります。この資料では大量データに対応するためのさまざまな機能やアーキテクチャを理解し、また実際の事例から適切な対応方法を学ぶことができます。学習ツール資料(PDF)を以下からダウンロードしてください資料:大量データ対策ガイド.pdf ​

  • 開発・実装ガイドライン(レコードトリガ自動化)

    この記事で学べること自動化処理に関する標準機能、開発選択の考慮点ユースケースごとのリューション選択ポイント概要SalesforceではフローやApexコードを利用してより高度なビジネスプロセスを構築することができます。適切にノーコード、ローコードを選択することによってより生産性高く開発を行うことができますが、要件によってはこれらのツールでは対応できなかったりApexコードが適切な場合もあります。開発の早い段階でこれらの判断ができるように、この資料では自動化ツール選択時の考慮点などについてご説明いたします。学習ツール資料(PDF)を以下からダウンロードしてください資料:標準・開発実装ガイドライン_レコードトリガ自動化.pdf ​

  • 外部システムとの連携パターン

    この記事で学べることSalesforceと他システムを連携する方法とその考慮点システム連携のパターン、アーキテクチャの選定ポイント概要現在のシステムは単体で存在することはほとんどなく、多くの場合他のシステムとの連携が必要になります。しかしビジネスのニーズに合わせて適切にシステム連携を行うことは容易ではありません。Salesforceでは効果的なシステム連携ができるように、さまざまな連携パターンに対応する機能が多く用意されています。これら多くの機能をどのような場合に利用すべきか適切な判断ができるように、この資料ではシステム連携パターンや考慮点についてご説明します。​学習ツール資料(PDF)を以下からダウンロードしてください資料:Salesforce Platformと外部システムの連携パターン.pdf ​

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。