Salesforce Platform API バージョン 21.0 ~ 30.0 の廃止

運用

2022.03.25

Share:

この記事で学べること

  • Summer '23に廃止されるAPIバージョンと種類を知ることができます
  • APIバージョンの廃止スケジュールを知ることができます
  • お客様にて必要な対応を知ることができます

ご存知ですか?Summer '23で古いAPIバージョンが廃止されます

Salesforceでは、API の品質およびパフォーマンスを充実させ、改善するために、(最初のリリース日から最低 3 年間サポートしますが)それを超えるバージョンのサポートは停止される場合があります。

そのため、定期的にAPIバージョンを更新いただくことを推奨しています。

APIバージョンを定期的に更新しましょう(サクセスナビ)も是非ご覧ください

今回廃止対象のAPIの種類とバージョンは以下のとおりです。

  • SOAP: 21.0、22.0、23.0、24.0、25.0、26.0、27.0、28.0、29.0、30.0
  • REST: v21.0、v22.0、v23.0、v24.0、v25.0、v26.0、v27.0、v28.0、v29.0、v30.0
  • Bulk: 21.0、22.0、23.0、24.0、25.0、26.0、27.0、28.0、29.0、30.0

注意事項

この廃止には、以下は含まれません

この廃止は以下のものに影響します。

廃止スケジュール

image.png

お客様にて必要な対応

「そんな急に廃止と言われても・・・」と戸惑っているシステム管理者の方もいらっしゃるかもしれません。

Salesforceでは、システム管理者様宛に、月次で、以下のような 機能廃止ダイジェストメール等でお知らせしています。

※終了日は2023年6月1日ではなく、Summer '23のリリース日となります。

(リリース日はTrustサイトにてご確認いただけます)

上記のように、メール本文の[廃止名]に「Salesforce Platform API バージョン 21.0 ~ 30.0」が含まれている場合は、APIバージョンの更新が必要です。該当する場合は、以下を参考にご対応をお願いします。

推奨する対応順序

  • 例えば、設計書や実際にデータ連携している箇所を調査する。
    • 外部システムやツール(データローダ等)を使って Salesforce へ接続するアプリケーションの有無とバージョンを確認
    • 組織内の開発で AJAX Toolkit等を使用した実装有無とバージョンを確認
    • こちらの資料を参考に、見落としがちな設定を確認
  • 追加でご確認いただく手段として、ログイン履歴の確認やAPI でのアクセス状況をイベントモニタリングログから確認いただくことが可能です。こちらのP.10参照) 
  • 手順1、2で確認した箇所のAPIバージョンを更新

学習ツール

まとめ

  • SalesforceのAPIは、最初のリリース日から3年経過すると廃止になる場合があるので、定期的にバージョンを更新する必要があります
  • 機能廃止に関するダイジェストメールが月次で配信されていますので、システム管理者様は必ず確認して下さい

運用

2022.03.25

Share:

前の記事「APIバージョンを定期的に更新しましょう」

次の記事「組織の体制変更がある場合の対応のポイント」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。