Enablement & Sales Enablement「ウォークスルーを学ぶ」の記事一覧

  • ウォークスルー概要イメージ

    ウォークスルー概要

    この記事で学べることウォークスルー機能の概要。アプリケーション内ガイダンス = プロンプト & ウォークスルーSalesforceには「アプリケーション内ガイダンス」という標準機能があり、ユーザが操作している画面に使い方やガイドをポップアップで表示させることが可能です。使い方やガイドなどのコンテンツは独自に作成することが可能であり、自社に合わせた分かりやすいガイドをユーザに提供できます。​アプリケーション内ガイダンスには「プロンプト」と「ウォークスルー」の2つの機能があります。​プロンプト以下3種類のプロンプトを表示できます。表示対象の場所(アプリケーション、オブジェクト、Lightningページ)を指定したり、表示スケジュールや頻度や表示対象ユーザをプロファイルで指定することも可能です。プロンプトは標準機能なので無料であり、Salesforce組織全体で500個作成可能です。​ウォークスループロンプトを最大10個まで組み合わせて連続して表示し、一連の操作をガイドできる機能です。例えば以下のような動作をさせて、商談作成のガイドを行うことが可能です。​ウォークスルーは、Salesforce組織に無料で3個ついてきて全ユーザが利用できます。EnablementやSales Enablementを購入することで500個まで拡張することができ、利用ユーザに権限セットライセンスを付与します。この時、無料分の3個のウォークスルーとは区別がされませんので、今まで無料で利用していたユーザも含めて利用ユーザには全員権限セットライセンスが必要になってきます。​まとめウォークスルーは一連の操作をユーザにSalesforce内で分かりやすくガイドするための機能です。

  • 環境セットアップイメージ

    環境セットアップ

    この記事で学べることウォークスルー機能の環境セットアップ方法。管理者用セットアップアプリケーション内ガイダンスはDeveloper Editionを含み、Essential Edition以上の全てのSalesforce Editionで利用可能です。左図の設定画面からセットアップしますのでこの画面がアクセス可能か確認します。​セットアップは基本的にはシステム管理者が行います。システム管理者以外が行う場合に必要な権限はヘルプを御覧ください。​利用ユーザ用セットアッププロンプトのみの利用だったり、無料の範囲でウォークスルーを利用する場合は、利用者向けのセットアップは必要ありません。​有償ライセンスでウォークスルーを使用する場合は、利用ユーザに権限セット「ウォークスルーへのアクセス」を割り当てます。まとめウォークスルーの利用には適切な権限をユーザに割り当てます。

  • 初めてのウォークスルー作成イメージ

    初めてのウォークスルー作成

    この記事で学べることウォークスルーの基本的な作成方法。作成するウォークスルーウォークスルーの作成は比較的簡単ですが、実際に作成しながら学ぶのが早道です。この記事の中で、以下の動画中のウォークスルーを作成します。商談管理の操作を学んでもらうストーリーのウォークスルーです。最初にドッキングプロンプトが出て概要を動画で学び、次に対象プロンプトの中で自分の商談リストに移動するよう促されます。その後、商談レコードが開いてポイントとなる項目の説明が対象プロンプトで確認できます。​ウォークスルーの作成アプリケーション内ガイダンスの設定から「追加」をクリックします。​​ウォークスルーは特定の画面が開かれたのをきっかけに最初のプロンプトを表示します。今回は特定の画面としてSalesアプリケーションのホームタブに設定していきます。最初にSalesアプリケーションのホームタブに遷移します。遷移したら右上の「作成」ボタンをクリックします。【解説】プロンプトの場所は、アプリケーションとページの組み合わせで決定されます。アプリケーションとは左上にあるワッフルマークからアクセスするアプリのことです。今回の場合は「Sales」になります。ページには、Lightningページ、レコードリストビュー(ビューは指定不可)、レコード(表示画面、新規作成画面、編集画面、コピー画面)を指定可能です。今回はLightningページの「ホーム」を選択します。​​ウォークスルーを選択して右下の「次へ」ボタンをクリックします。​​最初に表示するプロンプトとしてドッキングプロンプトを選択します。​​下の方にスクロールしていき、「カスタムテーマの色」で「選択可能な色」の中から濃い青を選択し、「色の値」にダークを選択します。この設定はプロンプトが見やすくなるのでお勧めです。​「次へ」をクリックします。​​ヘッダー、タイトル、本文に以下のように文字を指定します。​ヘッダー:まずはここから!タイトル:商談管理の基礎本文:まずは動画でサクッと概要を掴みましょう。​​一番下にスクロールしていき、「動画の埋め込みURL」に以下の値を指定します。https://www.youtube.com/embed/4dRNgbcpusE​これで1つめのプロンプトが完成です。次のプロンプトを追加するために、右上の「ステップを追加」ボタンをクリックします。​​商談タブに遷移します。プロンプト種別として「対象プロンプト」を選択します。​​下の方にスクロールしていき、「ターゲティングモード」をクリックしたあと、商談のビュー選択部分をマウスでクリックします。​「次へ」ボタンをクリックします。​​​以下のように文字を指定します。​タイトル:自分の商談リストを取得本文:ビューの選択リストから「私の商談」を選択します。​ファイル:以下のアニメーションGIFファイルをアップロードします。私の商談ビューに切り替える手順.gif​代替テキスト:手順​閉じるボタンの表示ラベル:閉じる​これで2つめのプロンプトが完成です。次のプロンプトを追加するために、右上の「ステップを追加」ボタンをクリックします。​​どれか商談レコードを開きます。プロンプト種別として「対象プロンプト」を選択します。​​下の方にスクロールしていき、「ターゲティングモード」をクリックしたあと、売上予測分類あたりをマウスでクリックします。​「次へ」ボタンをクリックします。​​以下のように文字を指定します。​タイトル:分類は以下を目安に選択します​本文:パイプライン:20%達成予測 :50%最善達成予測:80%​閉じるボタンの表示ラベル:閉じる​これで3つのプロンプトをもつワークフローが完成です。右上の「保存」ボタンをクリックします。​​保存にあたってウォークスルーの様々な指定を行います。​まずはアクションの指定です。「アクション」とは、最後のプロンプト上に表示させるリンクボタンです。ここでは何も指定せずに「次へ」ボタンをクリックします。​​次にスケジュールです。スケジュールでは、ウォークスルーをユーザに表示する期間や回数を指定します。​ここでは「開始日」に今日の日付を指定して「次へ」ボタンをクリックします。​​プロファイルでは、ウォークスルーを表示するユーザをプロファイルで指定します。​ここでは「プロファイル制限なし」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。​​権限では、ウォークスルーを表示するユーザを権限を指定することで指定します。カスタム権限を作って運用することが考えられます。​ここでは「権限の制限なし」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。​​最後にウォークスルーの名前とAPI参照名を指定します。「有効」チェックボックスにチェックが入っていることを確認して「保存」ボタンをクリックします。​これでウォークスルーが完成しました。​ウォークスルーのテスト​アプリケーションガイダンスの一覧から作成したウォークスルーに対してプルダウンメニューからプレビューを選択します。​​プレビューが始まりますので、ウォークスルーの動作確認を行います。プレビューですので、実際にウォークスルーを実施したことにはなりません。​まとめウォークスルーの作成は案内に従って操作していくだけで簡単に作成できます。

  • 実施トラッキング用ダッシュボードイメージ

    実施トラッキング用ダッシュボード

    この記事で学べることウォークスルーの実行状況の分析方法ウォークスルーのトラッキングデータウォークスルーやプロンプトのユーザの実行状況は”プロンプトアクション”という内部オブジェクトに記録されます。このオブジェクトをもとにレポートやダッシュボードを作成可能です。​レポート・ダッシュボードの作成レポートやダッシュボードは一から作らなくても、AppExchange上にサンプルが提供されていますので、それをベースに自社に合ったものにカスタマイズしていくのが効果的です。​AppExchange: “In-App Guidance Dashboard: Walkthrough Engagement”https://appexchange.salesforce.com/appxListingDetail?listingId=a0N4V00000G13VoUAJ&_ga=2.193468077.1658047654.1664023943-24743641.1664009685&tab=d​以下は、カスタマイズしたダッシュボードの例です。​​まとめウォークスルーの実行状況は「プロンプトアクション」オブジェクトに記録されるので、レポートやダッシュボードを作ってウォークスルーの効果や改善策を分析することができます。

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。