ログの記録開始

Shield

2022.01.12

Share:

この記事で学べること

  • イベントモニタリングに含まれる二種類のログの違い
  • リアルタイムイベントモニタリングの取得開始方法
  • ストリーミングとストレージの違い

イベントモニタリングに含まれる2種類のログの違い

イベントモニタリングライセンスには、以下2種類のログが含まれます。

  • リアルタイムイベントモニタリング:セキュリティインシデントの発生ログとレコードへのアクセスログ
  • イベントモニタリング:イベント発生 / エラー / パフォーマンス分析用のイベントログ

この2種類のログの違いの詳細については、以下の記事をご参照ください。

このうち、イベントモニタリングのログは組織へイベントモニタリングライセンスが付与されたタイミングから自動的に生成が開始されるようになっており、お客様側でログ取得を開始するための設定は必要ありません。

一方で、リアルタイムイベントモニタリングのログについては、組織へライセンスが付与された後に管理者の方がログの取得開始設定を行う必要がございます。

そのため、Salesforce組織にイベントモニタリングが初めて導入された際には、以下の手順を参考にしてリアルタイムイベントモニタリングのログ取得設定を行ってください。

リアルタイムイベントモニタリングの取得開始方法

リアルタイムイベントモニタリングのログを取得開始するためには、「アプリケーションのカスタマイズ」および「設定の参照」権限が必要となります(システム管理者の方であれば、初めから権限が付与されています)

rtem_requirePerm.png

その後、権限を持つユーザにより、以下の手順にてリアルタイムイベントモニタリングの各ログを有効化していきます。

  • [設定] から、[クイック検索] ボックスに「イベント」と入力し、[イベントマネージャ]を選択します。
  • 有効化するイベントの横にあるドロップダウンメニューをクリックします。
  • イベントの [ストレージ を有効化] および [ストリーミング を有効化] を選択します。
  • 有効化したいログ種類分だけ、手順2,3を繰り返します。(特段の要件がなければ、全て有効化しておくことを推奨します)
image.png

ログ取得設定の有効化後、組織に蓄積されたログへアクセスする方法については以下の記事をご参照ください。

ストリーミングとストレージの違い

リアルタイムイベントモニタリングには、ストリーミングストレージ の2種類があります。ログインやレポートへのアクセスなど、一つの操作からストリーミングとストレージの両者に対して同一内容のログ(※)が生成されます。
(※) 厳密にはログのレコードIDなどが異なります。

以下の図は、Salesforce組織のレコードアクセス時に記録されるLightningUriイベントの生成例です。

image.png

ストリーミングログは、ストリーミング APIを用いて対象のイベントをリッスンしているクライアントに対し、イベント内容をプッシュします。そのため、イベントを受信する専用のクライアントがあり、ログ監視などSalesforceのイベントチャネルと接続しておくことで即時性を持ってイベントデータを受け取りたい用途がある場合に利用します。ストリーミングログは、最大3日間保持されます。

ストレージログは、ログデータをBig Objectに配置することで、過去6か月分のリアルタイムイベントモニタリングログを組織に保管することができます。過去6か月(認証系のログは10年)までのログデータの保全や、SOQLを用いた特定の条件に絞ったログの検索に利用します。また6か月以上のログの長期保存などでイベントログをお客様側の環境へダウンロードする際にも、ストレージログを参照します。

学習ツール

まとめ

イベントモニタリングには、リアルタイムイベントモニタリング と イベントモニタリング の2種類のログが存在します。このうち、リアルタイムイベントモニタリングのログはライセンスが付与されただけではログの取得が開始されないため、管理者の方が組織の設定画面からログ取得の有効化作業を行って頂く必要があります。

Shield

2022.01.12

Share:

前の記事「Event Monitoring Analyticsの主要なダッシュボード」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。