Salesforce はどのようにして AI の活用を実現していくのか?

記事一覧

公開日: 2024.05.24

Share:

2. Salesforce でどのように AI の活用を実現していくのか?

  • Einstein Trust Layer によるセキュリティと信頼性
  • Einstein 1 Platform による AI の実現
  • Salesforce の Einstein がもたらす業務の変化

私たちのビジネスを取り巻く環境は急速な勢いで変化しており、特に昨今では生成 AI がビジネスで成果を上げるためのアプローチとして各企業に注目されています。その一方で、AI に対する信頼性やセキュリティへの不安、新しい働き方への抵抗、AI のカスタマイズ可否など、AI を業務で活用するにあたっての課題感を持つ企業も少なくありません。

それでは Salesforce のプラットフォームはそのような課題感をいかにして払拭し、どのように AI の活用を実現していくのか、まず最初に信頼性やセキュリティの観点から見てみましょう。

Einstein Trust Layer による信頼性

Salesforce のプラットフォームには「Einstein Trust Layer」というセキュリティや信頼性を確保するための仕組みが組み込まれています。この Einstein Trust Layer はどのようにして安心かつ安全にお客様に AI の機能をお届けするのか、実際の動作をみてみましょう。

image.png

人間の指示に対し AI が信頼性の高い回答を得るためには、関連するデータを適切に使うことが重要です。

そのためにまず Einstein Trust Layer はデータの取得を試みますが、Salesforce 上で設定されている権限以上のデータは取得することはできません。CRMに格納されている信頼されたデータを参照しつつも、必要以上のデータが利用されることがないのです。

また取得されたデータのうち機密データが AI に送信されることを回避するため、Einstein Trust Layer はデータのマスキングを行い、顧客データが外部に漏洩することを防止します。

image.png

そしてマスキングされた関連データとともに命令文(プロンプト)が AI に送信され回答が生成されますが、命令文やデータは、Salesforce の外部には一切保存されません。

AI から回答を受信する際も、Einstein Trust Layer は回答の有害性(暴力、不敬、偏見、差別などの表現)の排除を行ってから、安全な回答をユーザーに届けます。

※詳細な情報は Trailhead「Einstein Trust Layer」をご覧ください。

このようなかたちで、Salesforce は安心して AI をご活用いただけるプラットフォームを提供しており、お客様は企業のデータプライバシーとセキュリティ基準を維持しながら生成 AI のメリットを享受することができます。

そして、この Einstein Trust Layer を内包した、 安心してAI を活用できる Salesforce プラットフォームのことを総合して「Einstein 1 Platform」と呼びます。

Einstein 1 Platform とは?

Salesforce は AI を実現するためのプラットフォームとして「Einstein 1 Platform」を発表しました。「Einstein 1 Platform」とは、AI が組み込まれており、様々なデータ同士を安全に結びつけ、新しい顧客体験を提供することができるプラットフォームです。そしてこの「Einstein 1 Platform」は先程ご説明した Einstein Trust Layer と連携し動作するのです。

それではどのような機能や特徴を有しているのか見てみましょう。

  • 統合型
    • セールス、サービス、コマース、マーケティングといった様々なアプリケーションやシステムに散在する顧客データを集めて統合することができます。このようにして統合された顧客のプロファイルを生成し、顧客一人ひとりの情報をすべてのチームが共有し活用することで、すべての業務をお客様中心にして推進することができます。

  • インテリジェント
    • Salesforce はプラットフォーム上に蓄積されている顧客データを以って AI を活用します。これにより Salesforce の AI である Einstein は、蓄積された顧客データにもとづいた信頼性の高いコンテンツをお客様に提供します。

  • 自動化
    • ローコードのツール/ソリューションにより、複雑なタスクや様々なデータ処理を自動化することができます。これにより、従業員の支援、プロセスの効率化等を実現します。

  • ローコード、ノーコード
    • AI がすでにプラットフォームに組み込まれているので、コードを書くような開発を行わなくても、クリック操作(ローコード、ノーコード)で AI を活用したアプリを構築することができ、迅速にアプリや業務フローに AI を組み込むことが可能です。

  • オープン
    • オープンなエコシステムにより、インテグレーションやアプリケーションをお客様独自に構築することができます。

image.png

*引用元 : Einstein 1 Platform

「Einstein 1 Platform」は様々な顧客データを統合し、データを活用し、そして柔軟に業務プロセスやアプリケーションに AI を組み込むことができる Salesforce のプラットフォームであることをご説明致しました。


それでは Salesforce の AI である Einstein は、具体的にお客様の業務にどのような変革をもたらすのかみてみましょう。

Salesforce の AI がもたらす変革

AI を活用することでより多くのものを得ることができる未来を少し覗いてみましょう。

動画 : 対話型AIと共に働く未来

いかがでしたか? ビジネスの課題に取り組むときに、Einstein の力を借りて、AI、データ、CRM、信頼の可能性を最大限に引き出している様子が描かれていました。これは少し先の将来でしたが、現在提供されている、もしくは提供が予定されている Einstein はどのようなことができるのでしょうか。たくさんある機能や製品の中から一例を見てみましょう。

(2024年5月の本記事更新時点で、日本語対応していない機能も含まれています)

このようなかたちで各種業務において自動化や合理化を実現し、担当者の生産性や顧客満足度の向上に貢献するものがSalesforce の AI である Einstein です。

例えば、営業担当者の日常業務がどのように変わるのかについて、こちらのブログにてユースケースをご紹介しております。

Salesforceブログ : セールス向けAIがあなたの仕事を変えてくれる4つの領域

Salesforceに蓄積されたデータとAIを活用すると、営業担当者はメールを迅速に作成することができ、顧客との商談を円滑に進め、大量のデータを分析できるようになります。これにより営業担当者は作業を効率化でき、顧客と信頼を築くための本質的な時間を確保することができるようになることが確認できます。

自分で様々なデータをみて分析したり、個々のレコードを開いて1つ1つ確認するといった大変な作業をしなくても、 Einstein に言葉で質問したり依頼することで、Einstein がすべてやってくれるという将来が確実に近づいてきています。

Trailmix [Take Flight with Einstein Copilot and Prompt Builder] では Einstein Copilot等がどのようしてそういった将来を実現しようとしているのか垣間見ることができますので、お時間のある時に是非ご覧ください。

このようにして Salesforce は予測型のAI だけではなく、現在注目されている生成型の AI に関する機能を今後も継続的にリリースしていきます。

※詳細はこちらをご覧ください。

Einstein の活用事例

このような Einstein をお客様は実際どのようにお使いいただいているのか、下記から事例をご覧いただくことができます。

是非、確認してみてください。

以上、SalesforceのEinsteinがもたらす変革をご紹介させていただきました。

それではこういった AI の導入は実際にどのようなステップで進めていけば良いのか、次のセクションにてご案内いたします。

次の記事:AI 導入時のステップと重要なポイント

記事一覧

公開日: 2024.05.24

Share:

前の記事「AI 活用の価値と課題」

次の記事「AI 導入時のステップと重要なポイント」

Salesforce の AI を知る

このカテゴリの人気記事

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。