行動(スケジュール)、ToDo(やるべきこと)を入力する

標準オブジェクト

2021.04.26

Share:

この記事で学べること

  • 活動とは何か
  • 活動管理を行う目的
  • 活動の使い方と利用例

活動管理をして、生産性を高めよう

活動とは、電話やメール、訪問などの業務記録を管理するためのオブジェクトです。活動オブジェクトで管理するデータには、「行動」と「ToDo」という2つのタイプがあります。

image.png

活動を記録することで、入力された活動の「関係性」を捉え、営業ユーザの生産性を高めることができます。

image.png

行動(スケジュール)を入力する

「新規行動」を登録する

たとえば、取引先を訪問することになった場合、その取引先のページまたは商談のページを開いて「新規行動」をクリック。

日付や時刻などを入力して最後に「保存」を押します。 

image.png

ToDo(やるべきこと)を入力する

「新規ToDo」を登録する

たとえば、取引先に資料を送付することになった場合、その取引先のページまたは商談のページを開いて「新規 ToDo」をクリック。件名や期日を入力して最後に「保存」を押します。 

image.png

追加した行動はナビゲーションメニューで「 ToDo」のアイコンをクリックして確認することも可能です。 

image.png

それでは、活動の使い方と活用例を以下の学習ツールで学びましょう。

学習ツール

1.<動画> 標準オブジェクトシリーズ「活動」(11:08)

こちらの動画はもう観ましたか?活動オブジェクトの行動と ToDo 、またそれぞれの活用方法について学びます。

*画面右下の歯車マークより再生スピードが変更可能です

2.<動画>オンデマンド Sales Cloud Lightningでの活動管理(57:01)

活動管理は、営業プロセスに必要不可欠なものです。活動管理の重要性と、管理するための機能・ルールについて学びましょう。

*画面右下の歯車マークより再生スピードが変更可能です

さらに便利に:AppExchangeの活用

AppExchangeは、世界で最も信頼されているビジネスSaaSアプリのマーケットプレイスです。あらゆる業務の効率を上げ、期待を超える結果に導く様々なアプリを見つけることができます。

少ない工数で正確な活動管理を実現するために、現在お使いのカレンダーやスケジューラー画面から、Salesforce上の行動やToDoも記録できるアプリの活用もぜひご検討ください。参考記事はこちら→【お役立ちアプリ】行動(スケジュール)、ToDo(やるべきこと)を入力する

まとめ

活動管理について理解できましたか?ポイントは以下のとおりです。

  • 活動には「行動」と「ToDo」の2つのタイプがある。
  • 活動管理は、営業ユーザの生産性を高めることを目的に行う。
  • 活動として入力する内容とチェックするタイミングを、ルールとして決めておく。

また営業改革シリーズのウェブセミナーでは、無料のパッケージを使って活動の質と量を改善する進め方をご紹介しています。本記事で活動の基本的な使い方を理解したら、こちらのウェブセミナーもぜひご覧ください。

標準オブジェクト

2021.04.26

Share:

前の記事「商談を入力、更新する」

次の記事「データの関連性を把握しよう」

進め方に沿って理解する

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。