Chatterを活用する

最終更新日: 2021.01.15

対象

  • 推進リーダー

Chatter(チャター)とは、社内向けのSNSツール。

Facebookや Twitterのような使い勝手で社内での情報共有が簡単・安全に行えます。

この記事で学べること

  • Chatterの投稿の仕方
  • グループの使い方

Chatterのインターフェース

どこに投稿すると誰のフィードに表示される?

そのほかに、投稿は誰がみられる?

  • 「Chatter」タブや自分のプロファイルページで自分の状況を投稿した場合、その情報はすべてのユーザが参照できます。 
  • ほかのユーザのプロファイルページへの投稿も、すべてのユーザが参照できます。 
  • グループやレコード(取引先、取引先責任者、商談など)に対して行った投稿は、該当のグループやレコードへのアクセス権を持つユーザのみが参照できます。 

@(メンション)機能を活用する

@ の後にユーザ名またはグループ名を入力すると、そのユーザまたはグループのフィードに表示されるなど、より確実に伝えたい相手にメッセージを届けられます。 

ファイルを共有する

テキストボックスをクリックすると現れる「クリップアイコン」をクリックしたら「ファイルをアップロード」を選択。 

パソコン上にあるファイルを選んで「開く」を押せば、Chatter でファイルを共有できます。 

グループとは

部門内で情報共有を行なったり、部門をまたいで複数の特定ユーザでプロジェクトを進めたりするには、専用のグル ープを作成するのがオススメです。特定のメンバー間で情報を簡単にやりとりできます。 

グループを作成する

ナビゲーションメニューで「グループ」をクリックしてページを開いたら、「新規」をクリックします。 

グループの「名前」を入力し、必要に応じて説明を追加したら、アクセス種別で「公開」または「非公開」「リストに記載しない」を選んで、「保存」をクリックします。 

  • 公開: 社内のユーザが誰でもグループに投稿したり、ファイルをアップ ロードしたりできます。 
  • 非公開: 社内のユーザの指定したメンバーだけがグループに投稿したり、ファイルをアップロードしたりできます。なお、非公開グループはシステム管理者以外のユーザも作成可能です。 
  • リストに記載しない: 非公開グループで、メンバーとシステム管理者以外にはグループ名自体も表示されません。 

グループにメンバーを追加する

作成したグループのページで「新規グループメンバー」もしくは「メンバーの管理」をクリック。

メンバーの最初の数文字を入力するとリストが表示されるので選択し、「保存」をクリックします。 

Tips:イラストをクリックしてユーザーの顔写真と同様の順でグループにも写真を登録できます

グループに参加する

参加したいグループがある場合は、グループのページで「有効なグループ」を選びリストを表示。

参加したいグループの名前をクリックしてページを開いたら、「グループに参加」をクリックします。 

※ 非公開グループに参加したい場合は、グループ管理者による承認が必要となります。

承認後、フィードの閲覧や投稿が可能になります

Tips:グループのページをポータルとして活用する

グループのページで「グループを編集」をクリック。

「情報」にさまざまな情報を入力しておくことで、グループ のページをポータルとして活用できます。

たとえば「リンクを挿入」を活用して URL を登録しておけば、クリックするだけで関連するWeb サイトやダッシュボードなどが開けて便利です。 

レコードのフィードに投稿する

取引先や取引先責任者、商談などのレコードにもフィードがあり、「CHATTER」をクリックして投稿や閲覧ができます。 

関連する情報を一カ所にまとめておけるので、社内の情報共有に役立ちます。 

投稿はメールで通知できる

Chatter には、新しい投稿やコメントなどをメールで通知してくれる機能があります。

この機能を上手に利用すれば、大事な投稿を見逃す心配がありません。 

メール通知の設定を行う 

画面右上の顔のアイコンをクリックし、続けて「設定」を選んだら、左側のメニューで 「Chatter」→「メール通知」をクリックします。 

※ もし個人の「設定」→ 「Chatter」で「メール通知」という項目がない場合は、組織の「設定」→ 「メール設定」から「メールを許可」にチェックを入れてください

メール通知の条件を設定

メール通知を行う条件(他のユーザの動作)を 選択します。

さらに、ダイジェストメールの頻度も「毎日」「毎週」「受信しない」から選べます。 

グループのフィードに対する設定

下に表示される「グループ」で、メール通知の頻度を「各投稿のメール」「毎日のダイジェスト」「毎週のダイジェスト」「制 限された」から選択し、最後に保存をクリックします。

なお、すでに参加しているグループについては、下の表でメー ル通知の頻度を設定できます。 

  • 各投稿のメール:グループにメンバーが投稿する度にメールが配信さ れます。 
  • 毎日のダイジェスト:その日の投稿(最新50個まで)と各投稿に付いたコメント(最新3個まで)がメールで配信されます。 
  • 毎週のダイジェスト:その週の投稿(最新50個まで)と各投稿に付いたコメント(最新3個まで)がメールで配信されます。 

グループのフィードに対する設定は、グループのページにある「通知の管理」からも変更できます

Tips:ブックマークを活用する

Tips:投稿のURLを取得する

Tips:アンケートも取れる

まとめ

Chatterを活用することで、社内のコミュニケーションを円滑にできます。

またグループ機能などを活用することでポータルとして使うこともできます。

この記事は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございます。

前の記事
データの関連性を把握しよう

次の記事
レポート・ダッシュボードの使い方

STEP 4: 最低限の設定をしてデータを投入する

最近見たガイドはこちら

カテゴリー
Sales Cloud(営業支援)を学ぶ
Marketing Cloudを学ぶ
    Salesforce活用に役立つメルマガ登録

    システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

    Salesforce活用に役立つメルマガ登録

    システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

    Follow us!

    Twitter公式アカウント

    Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

    • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

    • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。