定着しない原因を探り・対策を打つ

定着化

2021.04.26

Share:

この記事で学べること

  • 定着プランと現状のGap(差異)の主な原因
  • 原因特定し対策を行う方法

定着するために、計画と現状のGap(差異)へ対策を打つ

定着プランと現状のGap(差異)を把握したら、次はその原因を探り対策を打つ必要があります。

我々の経験から、その原因は主に2つのカテゴリに分けられます。

1.マネージャーがチェックしない

2.現場が入力・更新しない

ここで重要なのは、いずれのパターンもやっていない原因を“詰める”のではなく、ヒアリングして一緒に解決策を探していくことです。

原因の特定から対策の実施までを、以下の学習ツールで学びましょう。

学習ツール

1. <動画> “成功”の秘訣シリーズ Vol.3:マネージャーと現場を動かす実践ノウハウ(47:43)

定着が進まない2つの主な原因である、マネージャーが使わない・チェックしない場合と、現場メンバーが入力・更新しない場合について具体的な解決方法をご紹介します。

50分弱と長い動画ですが、再度“定着化している状態は何か”と言う振り返りも含め、ご覧ください。

*画面右下の歯車マークより再生スピードが変更可能です

まとめ

定着プランと現状のGap(差異)の主な原因と特定方法、理解いただけたでしょうか?

原因を特定するためには、ただ“詰める“のではなく、寄り添ってヒアリングすることがポイントです。

定着化

2021.04.26

Share:

前の記事「定着化を早期に実現するためのポイントを知る」

次の記事「定着化のための指標を可視化する」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。