コンテンツコレクションの注意事項

コンテンツコレクションの活用

Sales Enablementを学ぶ

2022.11.10

Share:

この記事で学べること

  • コンテンツコレクション使用上の注意について

コンテンツコレクションの注意事項

注意事項その1

コンテンツコレクションは最大100個まで作成可能です。

コンテンツコレクションに一度モジュールが追加されると、以降コンテンツコレクションは削除できなくなります。事前に構成の検討が必要です。

注意事項その2

Sales Enablementの仕様として、各学習コンテンツのAPI参照名はグローバルで一意であること、という制約があります。

そのため、複数のコンテンツコレクションに同名のAPI参照名のコンテンツを配置することはできません。異なる権限セットを持つユーザに共通の学習コンテンツにアクセスさせたい場合は、コンテンツコレクションと複数の権限セットを紐づけることで全員がアクセス可能な共通のコンテンツコレクションを作成してコンテンツを配置する運用が必要となります。

コンテンツコレクション3.png

注意事項その3

コンテンツコレクションのAPI参照名はWebアドレスの一部となるため、特に社外ユーザにコンテンツを公開する場合は、セキュリティの観点から注意が必要です。公開しても問題の無い名称をAPI参照名に設定するようにしましょう。

また、Sales Enablementの権限セットにシステム権限である「すべてのコンテンツを表示」のが付与されていると、すべてのコンテンツコレクション内の学習コンテンツにアクセスが可能となってしまうので、一部の管理者ユーザのみに権限付与するようにしましょう。

学習ツール

    まとめ

    コンテンツコレクションを活用することで、コンテンツを特定のユーザには見せないという学習ニーズに対応できるようになります。(例:マネージャー向けコンテンツを1つのコンテンツコレクションとして対象者のみアクセス可能にする)

    特定のユーザにプッシュ型で学習を割り当てる際には、引き続きTrailmixの活用をお勧めします。

    コンテンツコレクションは柔軟ではありますが、ご紹介した制約もありますので事前にコレクションと権限セットを整理する方法を決めておきましょう。

      Sales Enablementを学ぶ

      2022.11.10

      Share:

      前の記事「コンテンツコレクションの作成」

      次の記事「ブランディングの設定」

      初期設定をする

      このカテゴリの人気記事

      Salesforceについてもっと学ぶ

      Salesforce活用に役立つメルマガ登録

      システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

      Follow us!

      Twitter公式アカウント

      Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

      • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

      • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。