必要な情報を検索する

最終更新日: 2021.01.15

対象

  • 推進リーダー

Salesforceに登録したさまざまなデータの中からいつでも必要な情報をさっと呼び出せるように、

検索機能やビューの使い方をマスターしておきましょう。

この記事で学べること

  • 検索機能(グローバル検索)の使い方
  • リストビューの利用、作成方法

検索機能を使う

画面上部の検索ボックスにキーワードを入力して [Enter]キーを押します。

複数のキーワードをスペースで区切って入力し、AND 検索も可能です。 

検索結果の画面でさらにオブジェクトの種類を選んで検索結果を絞り込めます。

「Chatter」をクリック すると、投稿の内容も検索できます。 

リストビューを使う

「取引先」や「取引先責任者」「商談」 などのページでは、左上の「▼」をクリックして一覧で表示させるデータを変更できます。 

※事前に定義されているビ ューを選択し、条件に合うレコードを表示。

リストビューを作る

さらに「設定アイコン」をクリックして「新規」を選び、オリジナルのリストビューを作成することも可能。

たとえばカスタム項目と組み合わせて、見積書発行済みの商談だけを一覧で表示させるなど、さまざまな使い方ができます。 

※「保存」をクリックしたら、続いて「検索条件を追加」で表示させるデータを絞り込みます。 

まとめ

Salesforceには「グローバル検索」というSalesforce上の全てのデータを対象に検索できる機能の他に、「リストビュー」という一覧を使った検索方法もあります。

この記事は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございます。

前の記事
カスタムオブジェクトを作成する

次の記事
取引先を入力する

STEP 4: 最低限の設定をしてデータを投入する

最近見たガイドはこちら

カテゴリー
Sales Cloud(営業支援)を学ぶ
Marketing Cloudを学ぶ
    Salesforce活用に役立つメルマガ登録

    システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

    Salesforce活用に役立つメルマガ登録

    システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

    Follow us!

    Twitter公式アカウント

    Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

    • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

    • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。