Summer '20 新機能を使いこなせ!~ Dynamic Actions ~

業務効率化

2021.04.27

Share:

Dynamic Acionts(動的アクション)では、カスタムオブジェクトにて、ページレイアウトを使用せずにアクションの表示・非表示をコントロールすることができます。特定のアクションを特定のユーザに条件付きで割り当てたり、異なる表示基準に基づいて表示したりすることも可能です。

※現時点ではデスクトップ上でのみ、カスタムオブジェクトのみ対応しています

設定手順

1. カスタムオブジェクトからレコード詳細ページにて、歯車マーク[設定]|[編集ページ]をクリック

※今回はカスタムオブジェクトとして[工数管理]オブジェクトを作成しました。

2. 強調表示パネルコンポーネントをクリックし、強調表示パネルのプロパティペインの[動的アクションを有効化]にチェック

※矢印が指している箇所が強調表示パネルコンポーネントです。

※アクションの名前の横にある黄色い目のアイコンは、表示ルールが適用されていることを示しています。

3. 次に[アクションを追加]をクリックし、アクションの表示を設定

条件

➀[実績工数]項目に0より大きい値が入力されている

➁[確認]項目にチェックマークがついている

条件➀と➁が該当した場合に[承認申請]アクションが表示されるように設定します。

4. [保存]と[有効化]をする

設定は以上です。では実際の詳細画面を見てみましょう。

動作

・[実績工数]項目に値が入力されていなく、[確認]項目にチェックマークがついていない場合

 [承認申請]アクションは表示されていません。

[実績工数]項目に5という値の入力があり、[確認]項目にチェックがついている場合

右上に[承認申請]アクションが表示されましたね。

アクションの設定をすれば、条件によって表示・非表示をレコードページ上で決めることができます。

指定した条件に該当するような入力を行わないと、ここでは[承認申請]アクションが表示されませんので、

未入力のまま[承認申請]がクリックされるといったことはありません。

まとめ

Dynamic Formsと同様、項目の値またはユーザ情報に基づいてアクションを表示するルール設定が可能です。

これにより、適切なタイミングで関連するアクションのみ表示することができます。

ページレイアウト上のアクションが増えれば増えるほど、管理者とユーザの両者にとって、

アクションリストの管理はしにくくなります。

そのため、アクションボタンを項目に合わせて表示・非表示できるのはとても便利ですね。

参考リソース

業務効率化

2021.04.27

Share:

前の記事「Summer '20 新機能を使いこなせ!~ Dynamic Forms ~」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。