初めてのデータローダ 〜Delete編〜

データ一括操作

公開日: 2021.04.28

Share:

この記事で学べること

  • データローダのDelete(デリート)を使用し、CSVファイルにまとめたレコードの情報を、一括で削除する方法

メリットや利用例

ある程度の量のデータを削除したい時、画面から1つ1つ削除をしていくのは大変ですよね?

そんな時に便利なのがデータローダです。削除したいIDを整理し、まとめて削除することが可能です。

※IDとは、Salesforceのレコード1つ1つに割り当てられているものです。データローダでExportすると必ず先頭に出てきます。

手順

データ削除を行うための、CSVファイルを用意します。

CSVファイルを作成するときのポイント!

  • 必要な項目はIDのみ、ただし他の項目があっても問題ないのでわかりやすく別項目があっても良い。
  • 項目名はExportしたときのものをそのまま使う。
image.png

削除を行うオブジェクトの選択をします。

表示されていない場合は「Show all Salesforce objects」にチェックを入れオブジェクトを全て表示させてみてください。

image.png

「Browse」をクリックし、はじめに作成したCSVファイルを選択します。

image.png

「Next」をクリックすると、CSVファイルに問題がなければそのまま登録されます。

エラーが発生した場合、メッセージが表示されますのでメッセージに従ってください。

image.png

作成したCSVデータの数と一致してるか確認し、「OK」をクリックします。

image.png

項目のマッピングを行います。

(CSVファイルのヘッダの名称と、Salesforce内のIDを対に設定することで削除を行います。)

「Create or Edit a Map」をクリックする。

image.png

「Auto-Match Fields to Columns」をクリックする。

または、上の段からしたの段にドラッグアンドドロップをする。

IDの欄にIdがくればOK。

「OK」をクリックする。

image.png

項目のマッピングがされていることが確認できたら、「Next」をクリックする。

image.png

削除を実行した結果がアウトプットされるため格納するディレクトリを指定します。

「Browse」をクリックする。

image.png

「Finish」をクリックして削除を実行します。

image.png

このメッセージがでたら登録完了です。

errorsの方に数字が出ている場合は失敗しているためやり直してください。

image.png

考慮事項

  • データローダのDeleteは物理削除ではなく、削除フラグをつけるだけですが戻すことも大変なので必ず少量のデータで確認をとってから削除しましょう。
    • 物理削除とは?
      • Salesforceでは、画面上で削除したりデータローダで削除を行っても30日間は完全に削除をせず、データを保持しています。Salesforce上で完全にデータとして無くすことを物理削除といいます。
    • 削除フラグとは?
      • 上記の物理削除を行う前に全てのオブジェクトにある項目「IsDelete」が通常FalseになっているところをTrueに変え、画面上では出てこないようにするためのものです。

学習ツール

まとめ

年度によって、削除作業が大量に発生することもあります。そんな時に便利なのがデータローダです。消しすぎに気を付けながら便利に利用していただければと思います。

データ一括操作

公開日: 2021.04.28

Share:

前の記事「初めてのデータローダ Export編」

次の記事「初めてのデータローダ 〜Insert編〜」

このカテゴリの人気記事

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。