(2024年3月) Salesforceの運用に関する重要なお知らせ

技術やセキュリティに関する定期発信情報

公開日: 2024.03.27

Share:

この記事で学べること

  • Salesforce コア製品に関する重要な技術情報
  • バージョンアップ情報やメンテナンス情報(バージョンアップ以外)、IP アドレスフィルタリングをしている場合に必要なIPアドレス範囲に関する情報、製品廃止情報、リリース更新などの重要情報
  • セキュリティに関する重要なアップデート

動画で更新内容を学ぶ

全ての資料をダウンロードして学ぶ

ダウンロードはこちら

記事で更新内容を学ぶ

image.png

本記事は「 Salesforce の運用に関するお知らせ」の 3 月号となります。

こちらの記事では、メンテナンス情報や技術情報、セキュリティ関連情報の構成で、特に重要な更新情報をピックアップしてご紹介いたします。必要なアクションをお客様にいち早く気づいていただくことを目的としていますので、毎月必ずご確認いただけますと幸いです。

image.png

2024 年 3 月のトピックはこちらになります。本記事では、前月との差分である赤字の部分についてと、特に重要な情報をピックアップしてご紹介します。

image.png

まずは、製品イノベーションに関する情報です。

image.png

サクセスナビに「Spring '24リリース 注目の新機能」ページが公開されています。お役立ち情報から、リリースの概要をまとめた資料である「Release Overview Deck」をダウンロードできるようになっていますので、是非ご確認ください。

関連リンク

image.png

続いて、Spring ’24 のリリースノートの更新情報です。

今回は2月19日以降の更新のうち、現行動作に影響を与える可能性があるものと注目の機能を抜粋してご紹介します。

image.png

No. 25  Update Your Content Security Policy (CSP) for Upcoming Changes  

コンテンツセキュリティポリシー(CSP)に準拠するための信頼済み URL の適用時期が、Winter ’24 から Winter ’25 へ延期されました。

No. 26 Create From Lookup Changes
No. 27 Return to the Record Page with Record Create on Custom Quick Actions 
Spring ’24 から参照関係項目からレコードを作成する際に「保存 & 新規」ボタンが表示されたり、クイックアクションにおける保存後のナビゲーションが変更されておりますが、この変更のロールアウトは 2024 年 6 月に終了する予定である旨がリリースノートに追記されました。

No. 28 Make Callouts After Rolling Back DML and Releasing Savepoints 

Apex で DML をロールバックするセーブポイントの設定の制限に関する情報が追加されました。

Database.rollback(Savepoint) および Database.setSavepoint() について、Spring ’24 から DML 行数の制限にはカウントされませんが、DML 文数の制限にはカウントされます。

以前のバージョンでは、どちらの呼び出しも DML 行の使用制限としてカウントされていましたので Apex でこちらのメソッドをご利用の場合はご確認ください。

No. 29 Einstein for Feedback Management 

Feedback Management を契約している組織では、フィードバックを得るためのアンケートを自動生成したり、作成したアンケートを多言語に自動で翻訳できる生成 AI が利用できます。それらの生成 AI の機能の情報が、リリースノートに追加されました。

No. 30 View and Set Forecasts with Forecast Groups 

Spring '24から、売上予測種別のグループ化単位としてカスタム選択リスト項目を設定できるようになりましたが、今回のリリースノートの更新で、売上予測に含める選択リスト値は最大 50 である事が追加されました。

No. 31 Wait for Engagement Events in Segment-Triggered Flows with the Wait Until Event Element 

Flow Builder の新しい要素 Wait Until Event(イベントまで待機)についての情報です。Wait Until Event(イベントまで待機)要素を使用すると、メールや SMS のエンゲージメントに基づいてフローを再開できます。

例えば、ユーザーがメールや SMS を開いたり、特定のリンクをクリックしたときにフローを再開できます。

image.png

No. 32 Supercharge Your Visualizations with Images, Rich Text, and Dashboard Widgets in All Salesforce Editions 

ダッシュボードの機能が強化され、ダッシュボードウィジェットに追加できる画像ウィジェットが 2 個から 3 個に変更されました。

No. 33 Upgrade to Identity Connect 7.1.6 

セキュリティ機能が強化された Identity Connect 7.1.6 の使用を推奨するリリースノートが追加されました。

No. 34 Identify Speakers on Mono Calls

Einstein 会話インサイトのモノラル通話における話者識別の機能向上に関するリリースノートが追加されました。

No. 35 Use Einstein Conversation Insights with Microsoft Teams and Google Meet

Einstein 会話インサイトのビデオプロバイダーについてのリリースノートについて、Google Meet が利用可能になるのは2024 年 3 月以降と更新されました。

No. 36 Get 10 Einstein Conversation Insights Licenses with Enterprise Edition 

Sales Cloud の Enterprise Edition を使用している場合に Einstein 会話インサイト を 10 ライセンス分利用できるようになる予定ですが、Einstein 会話インサイトのライセンスへアクセスできるようになるのは 2024 年 3 月以降とリリースノートが更新されました。

No. 37 Simplify Daily Tasks with Prompt Builder (Generally Available)

プロンプトビルダーの正式リリースに関するリリースノートが追加されました。

No. 38 Editions Support for Einstein Generative AI 

Einstein 生成 AI の使用において、追加でサポートされるエディションに関するリリースノートが追加されました

image.png

No. 39 Provide Data to Einstein with Template-Triggered Prompt Flows

フロービルダーにプロンプトビルダーから呼び出せる新しい種別である「テンプレートトリガープロンプトフロー」が追加されました。

No. 40 Provide Data to Einstein with Invocable Actions

Prompt Builder のプロンプトテンプレートと統合する呼び出し可能なアクションが Apex で作成できる InvocableMethod アノテーションについてのリリースノートが追加されました。

No41, 42 Allow the New Setup Domain to Ensure Access to Salesforce Setup Pages

Salesforce 設定ページへのアクセスを確実にするための新しい設定ドメインの許可について、Lightning Experience にのみ適用されるため、Salesforce Classic への参照が削除されました。

また、この変更を適用するタイムラインが更新され日付についての記載が削除されました。

No. 43 Get Fewer User Connection Notifications 

Einstein 活動キャプチャの接続状況通知を利用している場合、以前は 24 時間ごとに通知が送信されていましたが、7 日ごとに通知を受け取るようになる事がアナウンスされました。

No. 44 Deploy and Retrieve More Metadata via REST and SOAP Metadata API 

SOAP retrieve および REST デプロイメントにおける、以前の最大非圧縮フォルダサイズは 400 MBでした。この制限が 600  MB に引き上げられた旨のリリースノートが追加されました。

No. 45 Salesforce Relaunches Four Previously Enforced Release Updates 

以前のリリースで 4 つのリリース更新を実施しましたが、一部の組織では、関連する環境設定が意図せずに元に戻されたため、リリース更新を再適用する必要があります。こちらについては、影響を受ける組織に対してメール送信される予定です。

また、[設定] - [リリース更新]画面で、リリース更新の状況を確認できます。

image.png

No. 46 Get Your Mobile Workers Up to Speed with Pre-Work Brief

Field Service モバイルアプリで利用可能な、 作業員の効率アップにつながる AI 機能の設定方法が更新されました。

No. 47 Get Started with Einstein Features for the Field Service Mobile App

Field Service モバイルアプリで Einstein 機能を利用するための、Einstein for Field Service Mobile 権限セットについてリリースノートに追加されました。

以上が、リリースノート更新情報からの一部抜粋ですが、関連機能をご利用のお客様はスライドにございますリンクより詳細をご確認ください。またすべての更新情報をご覧頂く場合は、更新情報一覧よりリリースノートをご覧ください。

image.png

続いてMFA(多要素認証)に関する更新情報です。

image.png

MFA の FAQに関する公開ナレッジが 2 月22 日 に更新されました。以降の 2 枚のスライドを使用して更新内容を解説いたします。

関連情報

image.png

Sales Cloud や Service Cloud などの Salesforce Platform 上に構築された製品について、2024 年 4 月 8 日以降に組織が新規作成された場合、その組織は MFA がデフォルトで有効化された状態となります。また、Summer ’24 では MFA が無効化されている組織については、アプリケーション内で MFA 適用を促すための通知メッセージを表示する方式が適用されますので、ご承知おきください。

関連情報

image.png

また、Salesforce Platform 上に構築された製品について、2024 年 4 月 8 日以降に作成された組織は、MFA がデフォルトで有効化された状態となりますが、MFA の準備が整っていない場合、組織の管理者様は MFA を無効化することができます。ただし、Salesforce では MFA は利用規約上必須となっており、またセキュリティレベルが低下することにも繋がってしまうため、できるだけ早めに有効化することを推奨しています。

image.png

続いてインフラ強化についてです。

image.png

まずは、インスタンスリフレッシュです。

2024 年 3 月 17 日に本番組織と Sandbox でインスタンスリフレッシュが行われました。

また今後の予定として本スライドに記載されているように、本番組織と Sandbox の両方のインスタンスにおいて多数のインスタンスリフレッシュが予定されています。日本のお客様にご利用いただいているインスタンスについてもメンテナンスが予定されていますので、お手元に Trust から通知メールが届いている管理者様もいらっしゃると思います。

インスタンスリフレッシュに関する準備につきましては、解説動画をサクセスナビよりご視聴いただけますので、該当するお客様は内容をご確認いただけますようお願いします。

関連リンク

image.png

続いて、許可すべきドメインと IP アドレスについてです。

本スライドでは3つの公開ナレッジをご紹介しておりますが、今月は一番下にございますSalesforceからのメール受信に関するナレッジに更新情報がありますのでご紹介します。

こちらのナレッジは 2024 年 3 月 5 日に更新が行われており、APNIC のリージョンで使用している IP アドレスについて、以下の2つの IP アドレス範囲が追加されております。

  • 104.161.170.224 - 104.161.170.239
  • 104.161.174.224 - 104.161.174.239

Salesforce プラットフォームからのメール受信において、IP アドレスで許可リストを構成されているお客様は内容のご確認をお願いします。

関連リンク

image.png

続きまして、リリース更新です。

image.png

次期バージョンであるSummer ’24 で適用予定だった「メール-to-ケースのメールコンポーザー向けの Lightning エディターへの移行」について、Winter ’25 に適用予定が延期されました。

内容としては、メールアクションをクリックして表示されるエディターが最新版に切り替わるという更新です。

関連リンク:

image.png

続いて、その他の更新です。

image.png

Salesforce モバイルアプリケーションを使用するための OS(オペレーティングシステム)の要件が変更されました。

新しい要件は、Android のスマートフォンをご利用の場合は10.0以降、iOS のスマートフォンをご利用の場合は16.0以降となりました。新しい要件より古いバージョンの OS をご利用の場合には、早めにアップグレードをしていただけますよう、お願いします。

関連リンク:

image.png

続いて、[リリースノートの更新]の再掲となりますが、先月もご紹介しました「新しい設定ドメインの許可」についてです。

内容としては、Lightning Experience 利用時における設定ページの URL が変更されるため、お客様のネットワーク環境においてアクセスできるサイトをドメインで制御している場合、引き続き Lightning Experience の「設定」ページにアクセスできるようにするため、該当ドメインを許可する必要があるというものです。

今回は、その適用順序の情報が更新されています。

本更新は段階的に適用される予定ですが、先行して Sandbox と無償組織(トライアル組織や Developer Edition )が適用されます。その後、本番組織が適用される予定となっています。日程は現時点で未定となっておりますが、決まりましたらリリースノートが更新される予定です。

関連リンク:

image.png

続きまして、フローへの移行に関する情報です。

ワークフロールールとプロセスビルダーのサポートは、2025 年 12 月 31 日で終了します。既存の設定は動作しますが、ワークフロールールやプロセスビルダーに関するお問い合わせの対応や不具合の修正は行われません。

ワークフロールールやプロセスビルダーをご利用の場合は、「フローへの移行学習マップ」やサクセスナビを参考に、早めにフローへの移行の準備を進めていただけますよう、お願いします。

関連リンク:

image.png

続いて、機能の廃止に関する情報です。

image.png

新しく4件情報が追加されています。

ケイデンスビルダーバージョン 1.0 の廃止

ケイデンスビルダーは、 Sales Engagement の機能です。営業担当チームはケイデンスビルダーを使用して、販売担当者をガイドするセールスプレイブックを作成して有効化できるというものです。こちらのケイデンスビルダーバージョン 1.0(クラシック)は、Summer '25 リリースで廃止予定です。

Salesforce では、よりすばやく効率的に、そして簡単にケイデンスを構築できる新しいケイデンスビルダー  2.0 を提供しています。既存のケイデンスを新しいビルダーで再構築することをご検討お願いします。

ワークフロールール & プロセスビルダーのサポートの廃止

[その他の更新]の再掲となりますが、ワークフロールールとプロセスビルダーのサポートは 2025 年 12 月 31 日で終了する予定です。ワークフロールールやプロセスビルダーをご利用の場合は、早めにフローへの移行の準備をお願いします。

image.png

Chatter アンサーの廃止

明示的な廃止時期はなく、既存契約の終了日までは Chatter アンサーをご利用いただけます

Chatter アンサーに置き換わる機能として、「 Chatter の質問」が提供されてますので、Chatter アンサーをご利用の場合は、ナレッジを参考に移行の準備をお願いします。

参考情報となりますが、今回の廃止は、Summer '16 リリース( 2016 年 6 月)以降に作成された組織をご利用の場合は対応不要です。

Elastic サービスの廃止

Salesforce は、お客様の Java および JavaScript コードを実行するための主要なプラットフォームを Heroku とすることを決定しました。そのため、Salesforce Elastic サービス(Salesforce Functions)は既存契約終了日以降はご利用いただけません。ナレッジに Functions を Heroku に移行する方法の記載がございますので、ご確認をお願いします。

image.png

最後に、その他の情報です。

image.png

本動画や資料に関するアンケートがございます。ぜひみなさまの率直なご意見をお聞かせください。

いただいたご意見をできるだけ反映し、より良いものにしていきたいと考えておりますので、ご協力いただけますと幸いです。

image.png

3月度のアップデートは以上となります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

公開日: 2024.03.27

Share:

前の記事「(2024年4月) Salesforceの運用に関する重要なお知らせ」

次の記事「「Salesforce の運用に関する重要なお知らせ」バックナンバー」

過去情報 アーカイブ

このカテゴリの人気記事

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。