Salesforceの用語を理解して、使う人にあった画面の設定を行う

業務効率化

2021.04.28

Share:

この記事で学べること

  • Salesforceに関する基本的な用語
  • 簡単にパーソナライズできる設定

ホーム画面の基本用語

Salesforce にログインすると、[ホーム]という画面が表示されます。この[ホーム]ページには、みなさんが閲覧できるさまざまな情報が一覧化して表示されています。たとえば、自分の1 日のタスクや営業パフォーマンスなどがあります。

※ [ホーム画面]はレポートやダッシュボードなどを設置することも可能です

(1)ナビゲーションバー

ページ上部(1)には、ナビゲーションバーがあり、タブというそれぞれのメニューがあります。

タブは、ユーザーが一般的な業務を完了するために必要となる機能、項目を表示しています。たとえば、特定の種類の情報が保存されるオブジェクト(リードや取引先など)や、データ分析ツールであるレポートなどがあります。隠れているタブは[さらに表示]をクリックすると表示されます。

(2)アプリケーション

ナビゲーションバーの左側(2)に表示されているのは、現在選択しているアプリケーション名です。

アプリケーションとは、ビジネスの業態や業務内容に合わせて必要となる機能を1つのツールとしてまとめたものです。たとえば標準で用意されている「セールス」アプリケーションは営業支援を目的としたもので、新規顧客の獲得や営業の生産性向上、正確な分析・意思決定を実現するためのタブが用意されています。営業担当者は「セールス」アプリケーションを利用することで、すばやく必要なタブへとアクセスできます。

(3)アプリケーションランチャー

アプリケーションランチャー(3)から業務内容に合わせて、アプリケーションの切り替えが可能です。また、ナビゲーションバーに表示されていない項目であっても、アクセス権があればアプリケーションランチャーからアクセスが可能です。

Salesforceのデータ構造

続いて、Salesforceにおけるデータ登録の構造について紹介します。

上記の図は、Salesforceに登録された、ある商談に関するデータです。

データをスプレッドシートに保存すると考えてみてください。商談に関するテーブルを作成しています。テーブルの列には商談金額、現在のフェーズ、その他の重要な属性を保存し、行には取引が開始された各商談を保存できます。そして、Salesforce では、テーブルはオブジェクト、列は項目、行はレコードとみなされます。

これでSalesforceの基本的な用語とデータ登録の構造を理解することができました。

パーソナライズできる設定

Salesforceの設定は、システム管理者が行うことがほとんどですが、「ユーザーインターフェースであるナビゲーションバーのタブ」と「レコード詳細ページの表示密度」は、一人ひとりのユーザーに合わせて設定ができます。ユーザーは、自分の見やすい画面になることで、業務の効率化や生産性の向上につながります。

・ナビゲーションバーのパーソナライズ

ここではナビゲーションバーのカスタマイズ方法をご紹介します。

システム管理者がナビゲーションバーの初期項目を定義していますが、ユーザーは自分の使いやすいユーザーインターフェースのタブの追加と並び替え、ならびに追加した項目の名前変更または削除ができます。

今回は「セールス」アプリケーションに、[商品]タブを追加し、ナビゲーションバーの3番目に配置します。

操作手順

1.ナビゲーションバーの[鉛筆]マークをクリックし、[アイテムをさらに追加]を選択

「セールス」アプリケーションのナビゲーションバーの一番右にある鉛筆マークをクリックします。

[セールスアプリケーションナビゲーション項目を編集]ポップアップ画面から、[アイテムをさらに追加]をクリックします。

2.[商品]を選択して、ナビゲーション項目を追加

[選択可能な項目]の[すべて]をクリックし、「商品」の左側にある[+]を選択します。

[1個のナビゲーション項目を追加]をクリックします。

3.商品を移動させて、保存

追加した商品は黄色で塗りつぶされています。

今回は、項目の並べ替えも行うので、商品をクリックしながら、移動させます。

商談の下に配置できたら[保存をクリックします。

「セールス」アプリケーションのナビゲーションに商品タブが追加され、さらに順番も変更されたことが分かります。

レコード詳細ページの表示密度

項目の表示ラベルの配置とページ要素間の間隔を自由に組み合わせて Lightning Experience の外観を変更できます。表示密度は、[カンファタブル][コンパクト]の2種類あり、作業しやすいものに変更することができます。

ページ上部の自身のアイコン|[表示密度]から変更ができます。

  • [カンファタブル]…項目の上に表示ラベルがあり、ページ要素間のスペースが広い、比較的大きなビューです。
  • [コンパクト]…表示ラベルが項目の左に表示され、ページ要素間のスペースが狭くなっている密集したビューです。

備考欄などの長いテキストを入力する項目があるとき、カンファタブルに設定することで、少ない行数で表示することができます。

また、コンパクトに設定することでスクロール回数を減らすことができるため、1画面に見たい情報を収めることができます。

考慮事項

  • ユーザーは、システム管理者が定義した初期項目の削除または名前変更はできない
  • ナビゲーションバーには、デフォルト項目を含め、最大50個までしか項目を含めることができない

学習ツール

まとめ

いかがでしたでしょうか。Salesforceの用語をしっかりと理解することで、活用へとつなげることができます。

自身の業務に合わせて、環境を使いやすく設定してみましょう。

業務効率化

2021.04.28

Share:

前の記事「見る人によって画面や項目を出しわけよう」

次の記事「自社に合わせた画面のカスタマイズをしよう」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。