取引先の都道府県(請求先)を8地方区分にグルーピングする

分析

2021.08.26

Share:

レポートドリル・ホームへ戻る

1.レポートタブを押下します

image.png

2.[新規レポート]ボタンを押下します

image.png

3.レポートタイプ「取引先」を選択します

Report0.gif

4.バケット項目を追加します

レポートプレビュー画面の[都道府県(請求先)]の右側にある[▼]より、[この列をバケット化]をクリックします

[バケット名]に任意の名称をつけます(例:「8地方区分」)

Report37a.gif

例として「四国」をバケット値としてまとめます

[すべての値]より「香川県」、「愛媛県」、「高知県」、「徳島県」にチェックをいれます

[移動先]より、[新しいバケット]をクリックし、「四国」と名前をつけます

Report037o.gif

下記のようにその他の値もそれぞれバケット値として追加できた場合[適用]とクリックします

  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国
  • 九州

すべての操作が完了した後に、各バケットに含まれない値がある場合は”残りの値を[その他]としてバケット化”にチェックを入れ[適用]します

Report37c.gif

【任意】必要に応じて、バケット項目の表示順の並び替えやグループ化をします

Report37d.gif

6.[保存&実行]ボタンを押下します

image.png

7.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]します

image.png

レポートドリル・ホームへ戻る

分析

2021.08.26

Share:

前の記事「取引先の従業員が2000名以上を大企業、2000名未満をその他にグルーピングする」

次の記事「取引先の都道府県(請求先)を関東地方とその他にグルーピングする」

このカテゴリの人気記事

おすすめの記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。