Sales Cloud「分析」の記事一覧

  • レポート・ドリル(ホーム)

    Salesforceのレポートのスキルを身につけるには実践あるのみ。色々なレポートの作り方をマスターできるドリルをご用意しました。これをやればレポートマスター間違いなしです。是非ご活用ください!レポートを表示するレポートの表示を変更するすべての取引先を抽出するすべての取引先レポートの表示列に業種項目を追加する、表示列から評価項目を削除する列を取引先/都道府県(請求先)/作成日の順に並び替える複数行のデータを作成日を基に降順に並び替えるデータを絞り込む検索条件を指定してデータを絞り込む私が担当する取引先を抽出する作成日が今年の取引先を抽出する作成日が2019年1月10日から2019年3月10日の取引先を表示する都道府県(請求先)が東京都の取引先を抽出する都道府県(請求先)が東京都と神奈川県の取引先を表示する電話番号が03から始まる取引先を抽出する都道府県(請求先)が東京都と神奈川県で、電話番号が03から始まる取引先を抽出するレポートの実行画面上で条件に都道府県(請求先)が神奈川県の取引先を追加する検索条件で「または」「かつ」を使用してデータを絞り込む都道府県(請求先)が東京都または電話番号が03から始まる取引先を抽出する都道府県(請求先)が東京都かつ電話番号が03から始まるか、都道府県(請求先)が大阪府の取引先を表示する日付情報を使用してデータを絞り込む過去1週間のうちに更新された取引先を抽出する先月に更新された取引先を抽出する今年に入って更新されていない取引先を抽出する値が空白「である」「でない」条件を使用してデータを絞り込む電話番号が入力されていない取引先を抽出する電話番号に何らかの値が入力されている取引先を抽出する関連レコードの有無によってデータを絞り込む今月作成された活動がある(=紐づく)取引先だけを抽出する活動が1件もない(=紐付かない)取引先だけを抽出するデータをまとめるグループ化してレポートを見やすくする商談の完了予定日ごとにグルーピングする完了予定日と商談所有者で商談をグルーピングする完了予定日ごとにグルーピング後、集計期間を日付から年月形式(yyyy年mm月)に変更するグループ化して集計する完了予定日で年月にグルーピング後、各年月の合計金額を集計する完了予定日とフェーズでグルーピングし、各年月ごとフェーズごとの合計金額を集計する完了予定日で年月にグルーピング後、各年月の受注金額の最大値を集計する完了予定日で年月にグルーピング後、完了商談に占める成立/不成立商談の件数を集計する列を商談所有者、行を完了予定日でグルーピングして商談金額の合計を集計後、レコード件数を非表示にする完了予定日が2018年と2019年の商談を使用し、成立商談(=受注商談)の合計金額を同月比較できるようにグルーピングを工夫する行と列でグループ化する行を商談所有者、列を完了予定日でグルーピングして商談件数を集計する行を商談所有者と成立フラグ、列を完了予定日でグルーピングして商談件数を集計する行を所有者ロールと商談所有者、列を完了予定日と成立フラグでグルーピングして商談件数を集計する列を所有者ロールと商談所有者、行を完了予定日でグルーピングして成立件数と成立金額の合計を集計するグループ化した集計値同士で計算する商談所有者ごとの成約率(=成約商談件数/完了商談件数)を算出する商談所有者とフェーズで商談をグルーピング後、商談の合計金額を集計する。各フェーズの金額が、その所有者の合計金額に占める割合を算出する完了予定日が2018年と2019年の商談を使用し、成立商談(=受注商談)の合計金額の前年同月比を算出するバケット項目を使用して柔軟にグループ化する取引先の都道府県(請求先)を8地方区分にグルーピングする取引先の都道府県(請求先)を関東地方とその他にグルーピングする取引先の従業員が2000名以上を大企業、2000名未満をその他にグルーピングする商談の金額を0-50万/50万-100万/100万-200万/200万以上にグルーピングする商談のフェーズ1/2/3を商談初期、4以降をその他にグルーピングするグラフを使用する作成したレポートをグラフで表示する取引先所有者ごとの取引先件数(=レコード数)を積み上げ縦棒グラフで表示する。また取引先を都道府県(請求先)ごとに色分けする取引先所有者ごとの取引先件数(=レコード数)を縦棒グラフで表示する。また任意の値かつ赤色で基準線を表示する商談所有者ごとの商談件数(=レコード数)を縦棒グラフで表示する。また商談の金額を折れ線グラフとして追加する商談所有者で商談をグルーピングする。また商談の合計金額が50万円以下を赤、100万円以下を黄、それ以上を緑で表示する取引先所有者で取引先をグルーピングする。実行したレポートをダッシュボードに追加するその他の機能を使用する作成したレポートを別名でコピーする取引先所有者で取引先をグルーピングする。実行したレポートを別名保存する作成したレポートをエクスポートする取引先所有者で取引先をグルーピングする。実行したレポートをExcel形式でエクスポートする作成したレポートを定期的にメール配信する取引先所有者で取引先をグルーピングする。実行したレポートが毎週月曜日の午前9時に自分に配信されるように登録する​​レポートドリル(Quip版)はこちら

  • すべての取引先を抽出する

    レポートドリル・ホームへ戻る1.レポートタブを押下します2.[新規レポート]ボタンを押下します3.レポートタイプ「取引先」を選択します4.表示条件を[すべての取引先]とします[検索条件]にて、[表示]を「すべての取引先」に変更し[完了]します5.[保存&実行]ボタンを押下します6.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]しますレポートドリル・ホームへ戻る

  • すべての取引先レポートの表示列に業種項目を追加する、表示列から評価項目を削除する

    レポートドリル・ホームへ戻る1.レポートタブを押下します2.[新規レポート]ボタンを押下します3.レポートタイプ「取引先」を選択します4.画面左の項目セクションから、追加したい項目を検索し、ドラッグ&ドロップにてプレビューセクションに移動します[すべての項目を検索...]にて「業種」と入力し、レポート上の任意の場所にドラッグ&ドロップにて移動します5.画面左の列セクションから、削除(非表示)対象の項目の右側にある[×]をクリックします6.[保存&実行]ボタンを押下します7.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]しますレポートドリル・ホームへ戻る​

  • レポートの実行画面上で条件に都道府県(請求先)が神奈川県の取引先を追加する

    レポートドリル・ホームへ戻る※実行画面での条件追加は手順7にて記載しています。1-6は既存のレポートがない場合の手順のためすでにレポートがある場合は手順7よりご覧ください1.レポートタブを押下します2.[新規レポート]ボタンを押下します3.レポートタイプ「取引先」を選択します4.表示条件を「都道府県(請求先)」が「東京都」のものとします[検索条件]にて、[検索条件を追加]にて「都道府県(請求先)」と入力し、選択します[検索条件を編集]にて演算子|次の文字列と一致する、値|東京都 として[適用]をクリックします5.[保存&実行]ボタンを押下します6.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]します7.レポート実行画面にて条件を追加します条件アイコンにて、都道府県の検索条件に「神奈川県」を追加しますレポートドリル・ホームへ戻る

  • 今年に入って更新されていない取引先を抽出する

    レポートドリル・ホームへ戻る1.レポートタブを押下します2.[新規レポート]ボタンを押下します3.レポートタイプ「取引先」を選択します4.表示条件を「最終更新日」が「今年」更新されていないのものとします[検索条件]にて、[検索条件を追加]にて「最終更新日」と入力し、選択します[検索条件を編集]にて演算子|次の文字列と一致しない、相対日付|今年 として[適用]をクリックします※今年の 1 月 1 日 12:00:00 AM から、その年の 12 月 31 日の終わり以外に更新された(=今年に入って更新されていない)取引先が指定されます参考情報)ご利用できる相対日付の一覧======抜粋======今年 今年の 1 月 1 日 12:00:00 AM から、その年の 12 月 31 日の終わりまでが指定されます。===============5.[保存&実行]ボタンを押下します6.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]します参考情報)ご利用できる相対日付の一覧レポートドリル・ホームへ戻る

  • 今月作成された活動がある(=紐づく)取引先だけを抽出する

    レポートドリル・ホームへ戻る1.レポートタブを押下します2.[新規レポート]ボタンを押下します3.レポートタイプ「取引先」を選択します4.クロス条件機能を使い、今月作成された活動が紐付く取引先を表示します[検索条件]にて、[▼]より[クロス条件を追加]をクリックします[セカンダリオブジェクト]にて[活動]を選択し[適用]します[活動の検索条件を追加]にて作成日|次の文字列と一致する|相対日付を使用する-今月 と入力します参考情報)例: クロス条件での「関連する」の使用------------クロス条件では、「関連する」条件を使用してオブジェクトの子オブジェクトでレポートを絞り込みます。たとえば、ケースが関連する取引先のみ表示するようにレポートを絞り込みます。------------5.[保存&実行]ボタンを押下します6.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]しますレポートドリル・ホームへ戻る

  • 作成日が2019年1月10日から2019年3月10日の取引先を表示する

    レポートドリル・ホームへ戻る1.レポートタブを押下します2.[新規レポート]ボタンを押下します3.レポートタイプ「取引先」を選択します4.表示条件を「作成日」が2019年1月10日から2019年3月10日のものとします[検索条件]にて、[作成日]をクリックし、[範囲]を「カスタム」に変更し[開始日]と[終了日]の入力後[適用]します5.[保存&実行]ボタンを押下します6.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]しますレポートドリル・ホームへ戻る

  • 作成日が今年の取引先を抽出する

    レポートドリル・ホームへ戻る1.レポートタブを押下します2.[新規レポート]ボタンを押下します3.レポートタイプ「取引先」を選択します4.表示条件を「作成日」が今年のものとします[検索条件]にて、[作成日]をクリックし、[範囲]を「本年」に変更し[適用]します5.[保存&実行]ボタンを押下します6.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]しますレポートドリル・ホームへ戻る

  • 先月に更新された取引先を抽出する

    レポートドリル・ホームへ戻る1.レポートタブを押下します2.[新規レポート]ボタンを押下します3.レポートタイプ「取引先」を選択します4.表示条件を「最終更新日」が「先月」のものとします[検索条件]にて、[検索条件を追加]にて「最終更新日」と入力し、選択します[検索条件を編集]にて演算子|次の文字列と一致する、相対日付|先月 として[適用]をクリックします※2019年5月にレポート実行時に条件が[先月]だった場合、2019年4月の最初の日の12AMからその月のすべての日が指定されます参考情報)ご利用できる相対日付の一覧======抜粋======先月 先月の最初の日の 12:00:00 AM から、その月のすべての日が指定されます。===============5.[保存&実行]ボタンを押下します6.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]しますレポートドリル・ホームへ戻る

  • 列を取引先名/都道府県(請求先)/作成日の順に並び替える

    レポートドリル・ホームへ戻る1.レポートタブを押下します2.[新規レポート]ボタンを押下します3.レポートタイプ「取引先」を選択します4.項目順の並び替えをしますレポートプレビュー画面上にて、順番を入れ替えたい項目名をドラッグ&ドロップで任意の場所へ移動します​または、画面左側の記事セクションにて、順番を入れ替えたい項目名をドラッグ&ドロップで任意の場所へ移動します5.[保存&実行]ボタンを押下します6.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]しますレポートドリル・ホームへ戻る

  • 列を商談所有者、行を完了予定日でグルーピングして商談金額の合計を集計後、レコード件数を非表示にする

    レポートドリル・ホームへ戻る1.レポートタブを押下します2.[新規レポート]ボタンを押下します3.レポートタイプ「商談」を選択します4.[行をグループ化]|[グループを追加]にて[完了予定日]でグルーピングします[アウトライン]より、[グループを追加]にて「完了予定日」と入力し、選択します[完了予定日]の[▼]より、[集計期間単位]にて「年月」を選択します5.[列をグループ化]|[グループを追加]にて[商談 所有者]でグルーピングします[アウトライン]より、[グループを追加]にて「商談 所有者」と入力し、選択します6.[金額]を各年月ごとで集計します[金額]の[▼]より[集計]|[合計]の順に選択します7.レポート結果の[行数]を非表示にします[行数]のオプションをオフにします8.[保存&実行]ボタンを押下します9.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]しますレポートドリル・ホームへ戻る

  • 列を所有者ロールと商談所有者、行を完了予定日でグルーピングして成立件数と成立金額の合計を集計する

    レポートドリル・ホームへ戻る1.レポートタブを押下します2.[新規レポート]ボタンを押下します3.レポートタイプ「商談」を選択します4.[行をグループ化]|[グループを追加]にて[完了予定日]でグルーピングします[アウトライン]より、[グループを追加]にて「完了予定日」と入力し、選択します[完了予定日]の[▼]より、[集計期間単位]にて「年月」を選択します5.[列をグループ化]|[グループを追加]にて[所有者 ロール]でグルーピングします[アウトライン]より、[グループを追加]にて「所有者 ロール」と入力し、選択します6.[列をグループ化]|[グループを追加]にて[商談 所有者]でグルーピングします[アウトライン]より、[グループを追加]にて「商談 所有者」と入力し、選択します7.[金額]を各年月ごとで集計します[金額]の[▼]より[集計]|[合計]の順に選択します8.表示条件を商談の結果が成立のものとします[検索条件]にて、[検索条件を追加]にて「成立フラグ」と入力し、選択します[検索条件を編集]にて演算子|次の文字列と一致する、True として[適用]をクリックします9.[保存&実行]ボタンを押下します10.[レポート名]にレポートタイトル、[レポートの一意の名前]に参照名として英数字の名称をつけます。フォルダは任意のフォルダを選択して[保存]しますレポートドリル・ホームへ戻る

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。