Data Cloud に Account Engagement リストメールエンゲージメントデータを連携する

便利な使い方

公開日: 2024.06.24

Share:

この記事で学べること

  • Account Engagement と Data Cloud を連携する方法
  • Data Cloud に Account Engagement のリストメールエンゲージメントデータを連携する方法

はじめに

本記事では、Spring ’24 リリースで追加された、Data Cloud に Account Engagement リストメールエンゲージメントデータを連携する設定方法についてご紹介します。

Summer ’23 リリースで追加された、Data Cloud セグメントを基に Account Engagement ダイナミックリストを作成する方法については、【サクセスナビ : Data Cloud セグメントを基に Account Engagement ダイナミックリストを作成する】をご覧ください。

Account Engagement のリストメールに対するエンゲージメントデータを Data Cloud に取り込むことで、例えば以下のようなメリットがあります。

  • Account Engagement リストメールのアクティビティデータと、その他 Data Cloud に連携された外部顧客データを掛け合わせて後続処理に利用できる
  • Account Engagement リストメールのアクティビティに基づくセグメント作成ができる
  • Data Cloud 計算済みインサイト機能を併用することで、顧客 (リード・取引先責任者) ごとのリストメールの開封率・クリック率をデータとして Salesforce 内で活用できる
    *SQL 開発が必要 (具体的な記述方法は弊社サポート外ですが、こちらに各種サンプルがあります)

イメージ図 (画像のダブルクリックで拡大可)


前提

  • 当機能を利用するためには、Account Engagement と Salesforce の Enterprise Edition 以上に加えて、Data Cloud の有償契約、または、Enterprise Edition 以上にて提供される無償の Data Cloud Provisioning の有効化が必要です。
  • Data Cloud での請求は処理するデータ数・量など使用量に応じて計算されます (旧 Customer Data Platform にご契約の場合はこちらの請求方法となります)。
    • 重要:使用量の確認・請求方法などについての詳細は、契約書を参照いただくか、弊社営業担当者にお問い合わせください。
  • 当機能は、Data Cloud テナント、Account Engagement ビジネスユニットの両方が接続される Salesforce 組織でのみ利用可能です。
  • 利用する Account Engagement ビジネスユニットと Salesforce 組織において、キャンペーン接続が有効・設定済みである必要があります。
  • 連携されるデータは、Salesforce リードまたは取引先責任者と同期中のプロスペクトによる、接続されたキャンペーンに紐づくリストメールに対するエンゲージメントデータです。

設定方法

1. Data Cloud の初期設定を完了させる

設定を開始する前に、まずは Account Engagement ビジネスユニットが接続されている Salesforce 組織で Data Cloud を有効化します。

Data Cloud の初期設定方法については、【サクセスナビ : Data Cloud セグメントを基に Account Engagement ダイナミックリストを作成する】 のステップ 1 ~ 2 までを設定します。

2. Data Cloud 設定で Account Engagement ビジネスユニットを接続する

Data Cloud の初期設定が完了したら、次に [Data Cloud] メニューの [Account Engagement] 設定で、対象の Account Engagement ビジネスユニットを Data Cloud に接続します。

3. Data Cloud にリストメールデータを接続する

ビジネスユニットを接続したら、次にリストメールデータを Data Cloud に連携するためのデータストリームを設定します。

リストメールデータは、Account Engagement のリストメールデータが、接続済みキャンペーンを介して Salesforce へ同期され、そのデータが Data Cloud に連携されます。

  • [Salesforce 組織] には、Account Engagement ビジネスユニットと Data Cloud テナントが直接接続された Salesforce 組織のみが利用可能です
  • [すべてのオブジェクト] を選択し、リストメールを選択して [次へ] 進みます
  • 次の画面でデフォルト Data Space およびカテゴリーに「Other」を選択し、データストリームを作成します

データストリームが作成されたら、データストリームレコードを開き [データマッピング] の [確認] ボタンより、Bulk Email Message DMO との項目マッピングを行います。

[オブジェクトの選択] ボタンより、オブジェクト選択画面を開き、[Bulk Email Message] を選択します。

項目名が一致するものは自動でマッピングされます (変更不可) 。

以下の項目は手動でマッピングを行い、[保存して閉じる] をクリックして閉じます。

  • [キャンペーン ID] から [Campaign] へ
  • [リストメール ID] から [Bulk Email Message Id (一括メールメッセージ ID)] へ

以上で、リストメールデータの連携設定は完了です。

次に、リストメールエンゲージメントデータを接続します。

4. Data Cloud にリストメールエンゲージメントデータを接続する

基本的な流れは上記のステップと同じですが、ソースに「Account Engagement」を選択し、接続対象のビジネスユニットを選択します。

ステップ 1 で接続したビジネスユニットのみがこの選択肢に表示されます。

メールエンゲージメントの場合、データストリームが作成されたら、Email Engagement DMO との項目マッピングはすでに完了した状態となります (変更不可)。

Data Cloud の初期設定、Account Engagement ビジネスユニットの接続、リストメールとメールエンゲージメントデータのデータストリームとデータモデルへのマッピング、すべての設定が完了したら、最後に Account Engagement 設定にて Data Cloud コネクターを再開します。

5. Account Engagement 設定で Data Cloud コネクターを再開する

設定にて、連携するエンゲージメントデータの開始日を、今日の日付から最大 2 年前まで指定できます。

[コネクタを保存] ボタンで開始日指定を保存したら、[同期を再開] をクリックしてコネクターを再開します。

以上で設定は完了です。

データストリームのリストビューでデータが連携されていることを確認します。

Account Engagement から Data Cloud にのメールエンゲージメントデータのインポートを開始すると、対象となるアクティビティ数に応じて、最初のインポートが完了するまで数日または数週間かかる可能性があります。

初回同期以降 Data Cloud は、インポートの準備ができた新しいアクティビティの接続を 1 時間ごとにチェックします。


参考


まとめ

本記事では、Spring ’24 リリースで追加された、Data Cloud に Account Engagement リストメールエンゲージメントデータを連携する設定方法を解説しました。

運用方法や他社事例などについては、質問広場~初心者から上級者まで~ 日本 グループまたは Account Engagement(旧Pardot) 日本 グループにてご質問ください。

個別の技術質問につきましては、ヘルプ & トレーニングより弊社サポートへお問合せください。

便利な使い方

公開日: 2024.06.24

Share:

次の記事「Data Cloud セグメントを基に Account Engagement ダイナミックリストを作成する」

このカテゴリの人気記事

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。