フォームを作成しましょう

Account Engagement(旧 Pardot)を学ぶ

2022.11.09

Share:

この記事で学べること

  • なぜAccount Engagementのフォームを活用するのか
  • どのようにフォームを設定するのか

この記事のゴール

この記事のゴールは「プロスペクト獲得のためのフォーム設置の完了」です。

そのために、以下2ステップで進めていきます。

  • Account Engagementのフォーム活用するメリットとよくある利用シーンを理解する
  • 自社で利用する機能と設定方法を理解する

なぜフォームを活用するのか

マーケティングにおける獲得プロセスの目的は、大きく以下の2つです。

1.新規見込み客を獲得する

問い合わせ・資料ダウンロードなどの申込みによってメールアドレスを含む見込み客の情報を取得するための入り口を設ける

2.Web行動が追跡できる見込み客(アクティブプロスペクト)を増やす

Account Engagementのフォームなどを通過することで、その見込み客が利用するブラウザが発行するCookieとメールアドレスが対応付けられ、見込み客のWeb上の行動が追跡できるようになる(プロスペクトのアクティブ化※)

※プロスペクトのアクティブ化についての詳細はこちらの記事をご覧ください。

これらの目的を達成するためのAccount Engagementの機能がフォーム・ランディングページ・フォームハンドラーです。

よくある利用シーンと活用のポイントを紹介しますので、自社でどのような施策を行うか検討してみましょう。

○よくある利用シーン

  • 資料請求、問合せフォーム
  • コンテンツのダウンロード
  • イベント、セミナー申込み

○おすすめの活用ポイント

1.既存のフォームをAccount Engagementフォームに切り替える

問い合わせフォームなど、すでにあるフォームを切り替えることも重要です。これにより、ただ個人情報を入手するだけなく、見込み客がアクティブプロスペクトとなり、Web上の行動を追跡できるようになります。

2.新たな入り口(ゲート)を増やす

たとえば、自社Webサイトで公開されているお役立ちコンテンツや資料はありませんか?これらをゲート付きコンテンツ※にすることで、新規見込み客を獲得する入り口(ゲート)を増やすことができます。

※ゲート付きコンテンツ:コンテンツを閲覧する際にフォーム入力が必要なコンテンツ。新規見込み客獲得の手法として、ホワイトペーパーダウンロードなどで用いられる。

フォーム活用の目的や利用イメージを理解したら、次にそれぞれの機能の特徴を見ていきましょう。

フォーム・ランディングページ・フォームハンドラー

それぞれの機能の概要を理解し、自社にあった機能を選択しましょう。

○機能の特徴

  • フォーム

問い合わせや申込みなどのシーンで見込み客の情報を取得するための入力フォームです。取得したい項目を任意で設定し、既存のWebページやAccount Engagementで作成したランディングページに設置して使用します。

  • ランディングページ

Account Engagement上でコーディング不要で作成できるWebページです。イベント申し込みや資料ダウンロードページなど、マーケティング担当者が一時的に公開したり、随時更新を行うWebページで活用されます。ランディングページ内でイベントや資料などに関する情報を掲載し、ページ内に設置したフォームの入力を促すといった使い方が一般的です。

image.png
  • フォームハンドラー

すでに自社サイトに設置済みのHTMLフォームがあり、デザインやレイアウトを維持したままAccount Engagementに見込み客の情報を転送したい場合は、フォームハンドラーの機能が有効です。

○利用機能の選び方

フォームの実装方法と利用機能の組合せは3種類です。自社の要件にあった方法を選択しましょう。

image.png
  • 既存Webページに新たにフォームを追加、もしくは既存フォームをAccount Engagementフォームに置き換える
    • フォームのみ
  • 簡易的なWebページを作成し、フォームを設置する
    • フォーム+ランディングページ
  • 既存のWebページおよびフォームのデザインを変えずにAccount Engagementに情報を送信したい
    • フォームハンドラー

獲得した見込み客をフォローしましょう

フォームを通じて問い合わせやイベント申込みをした見込み客は、今その瞬間自社への興味関心が高い見込み客であり、タイムリーにフォローを行うことで商談化の可能性がより高くなります。

Account Engagementでは、見込み客のフォーム登録をきっかけに社内ユーザーに対して割り当てや通知を行うことができます。これを活用してタイミングを逃さずにフォローを行うための仕組みを構築しましょう。

image.png

○誰に担当を割り当てるか

割り当て先は、Account EngagementとSalesforceそれぞれの機能を使った方法があります。

自社での割り当て基準などに合わせて一つを選択しましょう。

  • Account Engagement側で実施する設定:ユーザもしくはグループ
  • Salesforce側で実施する設定:キューもしくは割り当てルール

おすすめは「ユーザへの割り当て・通知」です。

マーケティングチームや営業マネージャーなど特定の個人に一度割り当てをしてから手動で再振り分けをするケースが一般的です。またその見込み客がすでにSalesforceにリード/取引先責任者としてレコードがある場合、そのレコードの所有者に直接通知を出すことも可能です。

image.png

○どうやって割り当てるか?

割り当てられたユーザに対して、通知を行う方法は2つあります。

  • Account Engagement側で行う設定:ユーザに通知
  • Salesforce側で行う設定:ToDo発行

おすすめは「Salesforce上でのToDo発行」です。

それにより、SalesforceレポートでToDoを一覧で確認でき、営業担当が漏れなく対応しているのかがわかります。

image.png

フォームの完了アクションを使用して、ユーザー通知やSalesforceのToDoを発行しましょう。

ここまでで獲得のための各機能の特徴やフォローのための割り当てについて理解できたでしょうか?

次はいよいよ設定を行っていきましょう!

設定方法

○フォーム

詳細かつ最新の情報は以下のサイトをご確認ください

○ランディングページ

最新の情報は以下のサイトをご確認ください

○フォームハンドラー

詳細かつ最新の情報は以下のサイトをご確認ください

○フォローための割り当て・通知

学習ツール

より詳しく知りたい方は、エキスパートコーチングのオンデマンド動画をご視聴ください。

Premier Success Planをご契約のお客様は、動画視聴後1対1のフォローアップセッションにお申し込みいただけます。

まとめ

無事にフォームの設置は完了しましたか?

ご不明点やエラーの解消が必要な場合は、弊社テクニカルサポートにお問合せください。弊社サポートエンジニアが貴社のSalesforce/Account Engagement環境を確認の上、具体的な手順をご案内いたします。

フォームを設置したら、次はさらに効果を高めるためのノウハウを学びましょう!

Account Engagement(旧 Pardot)を学ぶ

2022.11.09

Share:

前の記事「フォームの効果を高めましょう」

次の記事「Account Engagementで行うことを決めましょう」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。