営業アプローチする見込み客を絞りこみましょう

Account Engagement(旧 Pardot)を学ぶ

2022.11.09

Share:

この記事で学べること

  • 営業アプローチする見込み客をなぜ絞りこむのか
  • 営業アプローチする見込み客をどのように絞りこむのか

この記事のゴール

5つ目のステップは「見込み客の選別」であり、この記事のゴールは「見込み客をどのように絞りこむか決めて設定する」です。

なぜ見込み客を絞りこむのか

マーケティングにおいて選別 =「見込み客を絞りこむ」ことはとても重要です。

Account Engagementを導入いただくお客様の多くは、「契約までに営業担当者を介する商材」を扱っています。

それはつまりAccount Engagementだけで商談を完結させることができないことを意味しています。

そうなると獲得・育成した見込み客をどこかで社内の営業担当者へ引き渡すことになりますが、

営業担当者がすべての見込み客にたいしてアプローチをするのは負荷がかかり現実的ではありません。

そのため自社のターゲットにふさわしく購買意欲がある見込み客に絞ることで、営業活動の効率化につながります。

そうすることで限られた営業リソースの中でより多くの商談機会を増やし売上に貢献することが可能になります。

目的・理由をおさえたら次はどのように絞りこむのかご紹介します。

どのように見込み客を絞りこむのか

みなさんはどのような見込み客であれば、自社のターゲットにふさわしく購買意欲があると判断できますか?

見込み客を絞りこむには、判断の根拠となる「基準」が必要です。

代表的な基準の例としては、

  • Webページから問い合わせや資料請求をした見込み客
  • 自社セミナーのアンケートで「個別に話を聞きたい」や「導入を検討中」と回答した見込み客
  • 自社HPの製品価格ページなど特定のWebページを閲覧した見込み客
  • 資料ダウンロード、セミナー参加、Webページ訪問など複数の行動があった見込み客

などが考えられます。

つまりは見込み客の特定の状況や行動の累積をみて購買意欲を判断するということです。

これに加えて自社のターゲット企業や担当者の部署・役職などの見込み客の属性情報も考慮してアプローチの優先度を決めます。

ちなみにAccount Engagementでは見込み客の行動の累積を「スコアリング」という機能で管理します。

機能の概要や使い方は次の設定例でご紹介します。

育成した見込み客をどのように絞りこむのかイメージできましたか?

自社にあった基準をまずは1つ決めて実際に設定してみましょう。

具体的な設定例

自社にあった基準を決めたらあとは設定です!

設定する上で着目するポイントは①見込み客がどういう状況になったら②営業担当者の誰に割り当てて③どのような方法で営業担当者に知らせるかの3点です。

ここでは2つの設定例を下記のドリルで解説しています。

学習ツール

動画:見込み客の行動の累積を管理する「スコアリング」機能について

Premier Success Planをご契約のお客様は、弊社スペシャリストとの1対1の個別の支援を受講できます。

まとめ

見込み客を絞りこむ基準を決めて実際に設定してみましたか?

設定ができたらぜひ使ってみましょう。

ご不明点やエラーの解消が必要な場合は、弊社テクニカルサポートにお問合せください。弊社サポートエンジニアが貴社のSalesforce/Account Engagement環境を確認の上、具体的な手順をご案内いたします。

次は絞りこんだ見込み客に効果的な営業アプローチをどのようにおこなうのかご紹介します。

Account Engagement(旧 Pardot)を学ぶ

2022.11.09

Share:

前の記事「絞りこんだ見込み客に営業アプローチをおこないましょう」

次の記事「メール配信効果を高めましょう」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。