Engagement Studioでマーケティング施策を自動化しましょう

Account Engagement(旧 Pardot)を学ぶ

2022.11.09

Share:

この記事で学べること

  • Engagement Studioでマーケティング施策をなぜ自動化するのか
  • Engagement Studioでマーケティング施策をどのように自動化するのか

この記事のゴール

6つ目のステップは「マーケティング施策の自動化」であり、この記事のゴールは「マーケティング施策をどのように自動化するのか決めてEngagement Studioを設定する」です。

なぜマーケティング施策を自動化するのか

Account Engagementには「Engagement Studio」というマーケティング活動の一連のシナリオを自動化する機能があり、この機能を使いこなしたいとお客様からご相談いただきます。

その際にまずはじめにお伝えしていることが「自動化の目的・理由」になります。

Engagement Studioはすでに運用が決まっているシンプルな作業を自動化することに向いており、既存のマーケティング業務の負荷を減らすことが可能です。そうすることでマーケティング担当者は現状を分析したり、商談の創出を増やすための新しい施策を検討したりする時間が生まれます。

このようにその時々で柔軟な対応をとるなど、人間的な感覚をともなうマーケティング業務により注力できるようになることが最大のメリットです。

また、Engagement Studioは設定さえすれば漏れのない正確な対応をしてくれることも良い点だと思います。

目的・理由をおさえたら次はどのようにマーケティング施策を自動化するかご紹介します。

どのようにマーケティング施策を自動化するのか

Engagement Studioのシナリオを作成・利用する手順は次の4つのステップです。

image.png

詳しい内容は動画でまとめていますのでぜひご視聴ください。

Engagement Studio機能の仕組みや作成手順に関する詳しい内容はヘルプ記事をご参照ください。

Engagement Studioでマーケティング施策をどのように自動化するのかイメージできましたか?

動画を参考に実際に設定してみましょう。

学習ツール

Premier Success Planをご契約のお客様は、弊社スペシャリストとの1対1の個別の支援を受講できます。

Engagement Studioの利用でよくある質問に関する詳しい内容はナレッジ記事をご参照ください。

まとめ

マーケティング施策をどのように自動化するのか決めて実際にEngagement Studioを設定してみましたか?

設定できたらぜひ使ってみましょう。

ご不明点やエラーの解消が必要な場合は、弊社テクニカルサポートにお問合せください。弊社サポートエンジニアが貴社のSalesforce/Account Engagement環境を確認の上、具体的な手順をご案内いたします。

次は自動化したマーケティング施策の効果をどのように高めるのかご紹介します。

Account Engagement(旧 Pardot)を学ぶ

2022.11.09

Share:

前の記事「自動化したシナリオの効果を高めましょう」

次の記事「社内連携を強化して効果を高めましょう」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。