Salesforceのメンテナンスを知ろう

運用

2021.06.07

Share:

この記事で学べること

  • Salesforceが実施しているコア製品(Sales CloudやService Cloudなど)のメンテナンスについて知ることができます
  • メンテナンス通知を受け取るための方法を知ることができます

システムメンテナンス

目的

システムメンテナンスは、Salesforce サービスをサポートするインフラストラクチャのセキュリティ、可用性、およびパフォーマンスを維持するために実施されます。

実施日時

Salesforceでは、「優先システムメンテナンス実施時間」(暦月の第 1 週末と第 3 週末)を設けており、可能な限り、その時間内にシステムメンテナンスをスケジュールします。必ずしも月2回メンテナンスを行うわけではなく必要な場合にのみ実施します。

日本のお客様の「優先システムメンテナンス実施時間」は、以下の通りです。


お客様組織のインスタンス
システムメンテナンス日時(日本時間)

AP0、AP3、AP13、AP16、AP20、AP21
第1、第3日曜日 午前1時〜5時
(ネットワーク機器など、同じ地域内の他のインスタンスと共有のインフラストラクチャのメンテナンスの場合、第1、第3日曜日 午前0時〜4時)


AP4、AP5、AP6、AP7、AP8、AP9、AP10、AP11、AP12、AP14、AP15、AP17、AP18、AP19、AP22、AP24、AP25、AP26、AP27、AP28、CS5、CS6、CS31、CS57、CS58、CS72、CS73、CS74、CS75、CS76、CS111、CS112、CS113、CS114、CS115、CS116、CS117、CS137、CS151、CS152
第1、第3日曜日 午前0時〜4時
  • 優先システムメンテナンス実施時間については変更されることがございます。最新の情報は、優先システムメンテナンスのスケジュール(ナレッジ)をご確認ください
  • 月初日が日曜日の月のメンテナンス時間は、第2、第4日曜となります。
  • インスタンスとは、お客様の組織が稼働している場所です。お客様の組織が稼働しているインスタンスはTrustサイトのシステム状況(※)で確認することができます。

(※)Salesforceでは、Salesforce製品のシステムパフォーマンスやセキュリティ、メンテナンス計画に関する最新情報をTrust.salesforce.comでリアルタイムに公開しています。

お客様組織のインスタンスを確認する方法は、以下の通りです。

  • [私のドメイン]でインスタンスを検索します。

[私のドメイン]のURLは、Salesforceにログイン後のブラウザのURLに表示されます。例えば、https://winter21-20201209.lightning.force.com の場合、(.lightningの前の)「winter21-20201209」が[私のドメイン]です。

2. 検索結果より、インスタンスは「AP25」だと分かります

通知を受け取る方法

  • メール通知

メンテナンスがスケジュールされると、Trustサイトのシステム状況ページのメンテナンスカレンダーにメンテナンス実施日時やメンテナンス中のお客様組織の可用性が公開され、 Trust Notification 登録者に Trust Notification メールが送信されます。

Trust Notification の登録方法は以下の通りです。

  • 先程の検索結果で表示されたインスタンスをクリックします
  • [Subscribe]をクリックします

3.メールアドレスを入力し、[Send me a link to sign in/sign up]をクリックします

Trust Notification通知は、メンテナンスがスケジュールされたタイミングのみでなく、メンテナンスの 10 日前とメンテナンスの作業開始/終了時にも送信されます。Salesforceを運用する上で、とても重要な通知になりますので、普段頻繁に確認するメールアドレスを登録するようにしてください。

  • アプリケーション内通知

スケジュールされたメンテナンスの約 1 週間前にSalesforce へログインすると、メンテナンス日時をお知らせするポップアップが表示されます。

  • その他通知に関する留意事項

お客様にて事前作業が必要なメンテナンス(※1)の場合、メンテナンスの数か月前にシステム管理者様宛(※2)に「Salesforce の製品およびサービスに関するお知らせ」メールで通知します。

(※1)インスタンスリフレッシュに備えたネットワーク設定やハードコード化された参照の更新などがあります。

(※2)Trust Notificationと異なり、製品コミュニケーションメールはSalesforceのユーザ宛に送信されます。対象となるユーザは、システム管理者プロファイルのユーザ、もしくは、「ユーザの管理」および「すべてのデータの編集」権限を持つユーザです(図A)。宛先アドレスは、Salesforceのユーザ画面に表示される[メール]項目のアドレスです。(図B)

(図A)[設定][ユーザ][プロファイル]

(図B)[設定][ユーザ]

社内に管理者が複数いる場合は、その全員がシステム管理者プロファイルであるか、製品コミュニケーションメールを受け取るための権限が付与されているかを確認しておきましょう。

なお、緊急システムメンテナンスは、お客様への通知が 1 週間前より後になることがあります。

組織が受ける影響

メンテナンス中のお客様組織の可用性は、Trustサイトのシステム状況ページで確認することができます。

1.Trust サイトのシステム状況ページで自分の組織があるインスタンスを検索してクリックし、[メンテナンス]タブをクリックします。

2.[メンテナンスのID]をクリックします

3.[可用性]を確認します

メンテナンスの内容によっては停止を伴うこともありますので、お客様の Salesforce 組織のメンテナンス作業 (ソフトウェアのアップグレード、インテグレーションの変更など) は、お客様のインスタンスが対象となる 優先システムメンテナンス実施時間以外にスケジュールするようにしてください。

リリースメンテナンス

リリースメンテナンスは、以下3つの種類があります。

  • メジャーリリース
  • パッチリリース
  • 日次リリース

目的

いずれも、Salesforce サービスを最新の製品バージョンにアップグレードし、拡張された機能を提供するために実施されます。

  • メジャーリリース
    • 新機能の追加や既存機能の拡張、ベータ機能やパイロットプログラムなどを配信します。
  • パッチリリース
    • スケジュールされたアプリケーション修正を配信します。
  • 日次リリース
    • 臨時のアプリケーション修正を配信します。

お客様組織の現在のバージョンは、Trustサイトのシステム状況ページで確認することができます。

現在のバージョン Spring’21 Patch 19.14 

    • メジャーリリース Spring'21
    • パッチリリース Patch 19
    • 日次リリース 14

実施日時

1.メジャーリリース

  • メジャーリリースメンテナンスは、1 年に 3 回実施されます
  • メジャーリリースメンテナンスは、実施時期によってSpring’21、Summer’21、 のような名前になります(2021年夏のメジャーリリースはSummer'21で、2021年冬のメジャーリリースはWinter'22となります)
  • 本番インスタンスがバージョンアップする前に、プレビュー対象のSandboxインスタンスが先にバージョンアップします

インスタンス毎のメジャーリリースメンテナンスの実施時期は以下の通りです。

(インスタンスごとに特定の5 分間の実施時間が Trust サイトのシステム状況ページに掲載されます)


組織の種類
お客様組織のインスタンス
リリース月
(Spring/Summer/Winter)

メジャーリリース
実施予定時間枠(JST)


Sandbox
(プレビュー対象)

CS5、CS31、CS57、CS74、CS75、CS76、CS111、 CS112、CS113、CS116、CS137、CS152
1月/5月/9月
日曜日 午前1時〜6時

Sandbox
(プレビュー対象外)

CS6、CS58、CS73、CS114、CS115、CS117、CS151
2月/6月/10月
日曜日 午前1時〜6時

本番
APx
2月/6月/10月
日曜日 午前1時〜6時

2.パッチリリース

    • 週次でスケジュールされ、通常は金曜日(日本時間)にリリースされます。
    • 可能な限りピーク時間以外にダウンタイムなしでリリースされます。

3.日次リリース

    • 必要に応じて実施され、どの曜日にも発生する可能性があります。
    • 可能な限り、ピーク時間以外にダウンタイムなしでリリースされます。

メジャーリリースの通知を受け取る方法

システムメンテナンスの通知と同様で、Trust Notification通知と製品コミュニケーションの2種類の方法でお知らせします。

メージャーリリースの事前通知の内容

  • 製品コミュニケーションメール
    • プレビュー対象のSandbox のアップグレードの約 1 か月前(※)に送信されます。 
    • スケジュールだけでなく、Sandboxプレビューに参加するための手順も含まれます。
  • アプリケーション内通知
    • アップグレードの約 1 週間前にSalesforceへログインすると、リリースの最終のお知らせがポップアップで表示されます。

(※)メジャーリリースのスケジュールについては、約1年前からTrust サイトのシステム状況ページ に公開されます。通知はありませんが、Trust サイトのシステム状況ページ でいつでも最新のスケジュールを確認できるようになっています。

メジャーリリース当日の通知を受け取るタイミング

メジャーリリースの当日、Trust サイトのシステム状況ページ への情報掲載およびリリースプロセスの次の 3 場面にて、Trust Notification 登録者にメールが送信されます。

  • スケジュールされたリリース実施時間の開始 10 分前
  • インスタンスでリリースが稼働した直後
  • すべての新機能が使用可能になった後(通常は、2の数時間後)
    • Salesforce では、メジャーリリース実施後 24 時間以内に、バージョンアップにて段階的に使えるようになるすべての新機能の有効化を完了するように努めております。

パッチリリースと日次リリースは、通知はありません

組織が受ける影響

  • メジャーリリース
    • リリース実施時間中は、インスタンスが最大 5 分程度使用できなくなります
  • パッチリリース
    • 通常はお客様の操作に影響を与えません。
  • 日次リリース
    • 通常はお客様の操作に影響を与えません。

学習ツール

まとめ(チェックリスト)

  • 自社のメンテナンスをスケジュールしてはいけない時間枠(優先メンテナンススケジュール)を理解しました。
  • メンテナンスに関する通知を受け取る準備ができていることを確認しました
    • 製品コミュニケーションを受け取るための権限が自分に付与されていることを確認しました
    • Trust サイト で、自分の組織のインスタンスをSubscribeしました

運用

2021.06.07

Share:

前の記事「インスタンスリフレッシュ、組織移行、継続的サイト切り替えって?」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。