Tableau CRM プラットフォームの基本設定

Tableau CRMを学ぶ

2021.11.08

Share:

※Einstein Analyticsの名称は新たにTableau CRMへと変更されました。

ただし機能については従来からの変更はありません※

この記事で学べること

  • Tableau CRM の利用開始において必要な設定方法

はじめに

Tableau CRM にアクセスするためには権限セットが必要で、権限セットを付与するためには権限セットライセンスが必要です。

権限セットは2種類用意されております。

  • Tableau CRM Plus 管理者: Tableau CRM テンプレートアプリケーションおよびアプリケーションの作成を有効にする権限など、Tableau CRM プラットフォームの管理に必要なすべての権限を有効にします。(管理者向け)
  • Tableau CRM Plus ユーザ: Tableau CRM プラットフォームと、Tableau CRM テンプレートアプリケーションおよびアプリケーションの使用に必要なすべての権限を有効にします。(参照ユーザ向け)
image.png

Tableau CRMの有効化

Tableau CRMを利用するためには、まずはAnalyticsの有効化が必要です。

  • 設定画面の[クイック検索] に「Analytics」と入力します。
  • 「機能設定」>「分析」>「Analytics」>[始めましょう] を選択します。
  • [Analytics の有効化] をクリックします。

権限セットライセンスおよび権限セットをユーザへ付与

設定作業はヘルプ「Tableau CRM プラットフォームの基本設定」を参照のうえ設定してください。

  • 設定画面で、[ユーザ] を選択します。
  • [権限セット] を選択します。
  • Analyticsの事前作成済み権限セットのいずれかをクリックします。
  • [割り当ての管理] をクリックします。
  • [割り当てを追加] をクリックします。
  • 左側の列のユーザの名前の横にあるチェックボックスをオンにし、1 人以上のユーザを選択します。
  • [割り当て] をクリックします。

Analytics Studioを開く

Tableau CRMの操作画面であるAnalytics Studioを開くことができるか確認します。

  • Salesforce画面でアプリケーションランチャー(画面左上9つの点のアイコン)をクリックします。
  • アプリケーションの一覧画面から「Analytics Studio」をクリックします。
  • Analytics Studioが問題なく開かれることを確認します。

学習ツール

1. ヘルプ「Tableau CRM プラットフォームの基本設定」

2. Trailhead「Tableau CRM 管理の基本」

まとめ

  • いかがでしょうか。Tableau CRM の利用開始において必要な設定は、有効化とユーザへの権限付与の2ステップです。本記事を参考に設定ができたら、次のステップでダッシュボード構築の流れを学び、実際にダッシュボードを作ってみましょう。

Tableau CRMを学ぶ

2021.11.08

Share:

前の記事「Welcome To Tableau CRM」

次の記事「設定クイックスタート」

進め方に沿って理解する

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。