オートメーション機能の期間指定の条件

便利な使い方

公開日: 2024.03.26

Share:

この記事で学べること

  • Account Engagement オートメーション機能の期間条件の違いについて理解する
  • 期間条件を使い分けてプロスペクトを抽出する

はじめに

Account Engagement では、オートメーション機能(ダイナミックリスト、オートメーションルール、Engagement Studio)のルール条件に期間を指定することが可能です。

指定可能な条件の演算子には複数のオプションが用意されていますが、それらが具体的にどの期間を指定しているのか、図式でわかりやすく解説していきます。

期間指定ができる条件

Account Engagement のオートメーション機能で日数指定ができる条件は以下の 3 パターンです。

  • プロスペクトのメール開封
    • メールを開封している
    • メールを開封していない
  • プロスペクトの時間
    • 数日前に作成
    • 数日前の最新アクティビティ
  • プロスペクトのカスタム項目(日付型)

前提

期間指定時には以下の点に留意する必要があります。

  • 期間指定は、時間ではなく、0 時起点の日数でカウントする
  • 相対期間の条件の場合は、抽出実行時点の日付(本日)を起点にする

期間指定のパターン(1)プロスペクトのメール開封

過去を遡る一定期間にメールを開封した / 開封していないプロスペクトを絞り込みます。

設定例

image.png
    • 過去 1 週間以内にメールを開封したプロスペクトを抽出
      • 条件例:[プロスペクトのメール開封]|[メールを開封している]|最後の [1] [週]
    • 過去 3 日以内にメールを開封していないプロスペクトを抽出
      • 条件例:[プロスペクトのメール開封]|[メールを開封していない]|最後の [3] [日]

期間指定のパターン(2)プロスペクトの時間

過去を遡る一定期間に作成された / 作成されていない・アクティビティがある / アクティビティがないプロスペクトを絞り込みます。

設定例

image.png
    • 過去 60 日以内にアクティビティがあるプロスペクトを抽出
      • 条件例:[プロスペクトの時間]|[数日前の最新アクティビティ]|[次の値より小さい]| [60]
    • 過去 30 日より前に作成されたプロスペクトを抽出
      • 条件例:[プロスペクトの時間]|[数日前に作成]|[次の値より大きい]| [30]

期間指定のパターン(3)プロスペクトのカスタム項目(日付型)

日付型のプロスペクトカスタム項目に対して、特定期間や特定日前後の日付値を持つプロスペクトを絞り込みます。

指定可能な演算子のうち、以下について紹介していきます。

  • 次の日付より前:指定日より過去の日付(指定日を含まない)
  • 次の日付より後 :指定日より未来の日付(指定日を含まない)
  • 次の間:指定期間(指定日を含む)

設定例

image.png
    • 項目値が [2024-01-01] より前のプロスペクトを抽出
      • 条件例:[プロスペクトのカスタム項目]|[(プロスペクトカスタム項目名)]|[次の日付より前]| [2024-01-01]
    • 項目値が [2024-01-01] より後のプロスペクトを抽出
      • 条件例:[プロスペクトのカスタム項目]|[(プロスペクトカスタム項目名)]|[次の日付より後]| [2024-01-01]
    • 項目値が [2023-12-29] 〜 [2024-01-03] の間のプロスペクトを抽出
      • 条件例:[プロスペクトのカスタム項目]|[(プロスペクトカスタム項目名)]|[次の間]| [2023-12-29] および  [2024-01-03]

  • 次の間:指定期間(指定日を含む)
  • 次の日数以上前:指定日数以上の過去の日付
  • 次の日数以内前:指定日数以内の過去の日付(本日を含む)
  • 次の日数以上後:指定日数以上の未来の日付
  • 次の日数以内後:指定日数以内の未来の日付(本日を含む)

設定例

image.png
    • プロスペクト項目(日付型)の値が 3 日前のプロスペクトを抽出
      • 条件例:すべて一致
        • [プロスペクトのカスタム項目]|[(プロスペクトカスタム項目名)]|[次の日数以上前]| [3]
        • [プロスペクトのカスタム項目]|[(プロスペクトカスタム項目名)]|[次の日数以内前]| [3]

    • プロスペクト項目(日付型)の値が本日のプロスペクトを抽出

      以下パターンどちらかで指定が可能です。

      • 条件例 パターン 1:すべて一致
        • [プロスペクトのカスタム項目]|[(プロスペクトカスタム項目名)]|[次の日数以上前]| [0]
        • [プロスペクトのカスタム項目]|[(プロスペクトカスタム項目名)]|[次の日数以内前]| [0]
      • 条件例  パターン 2:すべて一致
        • [プロスペクトのカスタム項目]|[(プロスペクトカスタム項目名)]|[次の日数以上後]| [0]
        • [プロスペクトのカスタム項目]|[(プロスペクトカスタム項目名)]|[次の日数以内後]| [0]

    • プロスペクト項目(日付型)の値が 3 日後のプロスペクトを抽出
      • 条件例:すべて一致
        • [プロスペクトのカスタム項目]|[(プロスペクトカスタム項目名)]|[次の日数以上後]| [3]
        • [プロスペクトのカスタム項目]|[(プロスペクトカスタム項目名)]|[次の日数以内後]| [3]

学習ツール

まとめ

  • 本記事では、Account Engagement オートメーションルール機能における期間指定の条件について解説しました。
  • 運用方法や他社事例などについてご質問がございましたら、 Account Engagement(旧Pardot) 日本 グループまたは質問広場~初心者から上級者まで~ 日本 グループにてご質問ください。
  • 個別の技術的なご質問がございましたら、ヘルプ & トレーニングより弊社サポートへお問合せください

便利な使い方

公開日: 2024.03.26

Share:

前の記事「Data Cloud セグメントを基に Account Engagement ダイナミックリストを作成する」

次の記事「ファーストパーティクッキーとサードパーティクッキーについて」

このカテゴリの人気記事

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。