フロー作成の最初のステップ!フローの種類を学ぶ

自動化(フロー/プロセス)

2022.05.24

Share:

フローの種類

フローを作成する際に、最初に選択するのが「フローの種類」です。

フローの種類の選択によって、フローで自動化する処理の開始条件や特徴が変わってきます。どのような種類のフローがあるかを学び、自動化したいプロセスや用途にあてはまるフロー種類を選択しましょう。

image.png

画面フロー

フローを実行したユーザーに画面を表示し、ユーザーに対して情報を提供したり、ユーザーが入力した情報に元にレコードを作成・更新といった処理を実行したりすることができます。フローで作成した画面はホームやレコードページにコンポーネントとして配置する方法や、ボタン(アクション)からフローの画面を表示させる方法などでユーザーに提供することができます。

画面フローの例

  • 取引先と商談をまとめて作成する画面を表示する
  • 画面で開いているレコードのコピーを作成するボタン(アクション)を作成する

レコードトリガフロー

レコードを作成、更新、削除したことを契機に処理を実行することができます。レコードを作成、更新、削除したタイミングで処理を実行するだけでなく、指定時間経過後に処理の実行を行うこともできます。

レコードトリガフローの例

  • 商談フェーズが受注に更新されたタイミングで、ToDoレコードを作成する
  • リードが作成された3日後にメールを送信する

スケジュールトリガフロー

指定した時間および頻度で、検索条件に一致する複数のレコードを一括で処理できるフローです。スケジュールを設定しておくことで、都度手動で処理を行う手間を省ける為、例えば毎日実施したい処理などを自動化することに活用出来ます。

スケジュールトリガフローの例

  • 未着手のリードに関連付けられたToDoを日次で自動作成する
  • 特定の条件に合致する商談のフェーズを週次で自動更新する

プラットフォームイベントトリガフロー

ユーザの操作、プラットフォーム機能の実行、これらによって発生する変化をプラットフォームイベントとして公開し、公開されたプラットフォームイベントをキャッチした時にアクションを実行する、これらを行うフローを作ることができます。プラットフォームイベントの公開とキャッチは独立しており、特定のプラットフォームイベントをキャッチする複数のフローを指定できます。

プラットフォームイベントトリガフローの例

  • 商談が成立した時に、複数の処理を並行して進める(契約書の作成、出荷準備、配送手配)
  • 画面フローにて発生したエラー情報を収集する

自動起動フロー(トリガなし)

このフローは自身呼び出す他の自動化機能と組み合わせて使用する、画面を持たないフローです。例えば自身とは異なるフロー、オーケストレータ、Apex などから呼び出され処理を実行します。

自動起動フローの例

  • Apex トリガで複雑な処理を行った後、自動起動フローで作成した単純な処理を呼び出す

自動化(フロー/プロセス)

2022.05.24

Share:

次の記事「フロー初心者向け学習リソースまとめ」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。