アクション:メールを送信

フロー(自動化)

2022.10.17

Share:

アクション「メールを送信」要素の設定内容

指定した設定内容に従って、メール送信を行います。

image.png
  • 表示ラベル/API参照名
    「表示ラベル」にフローのキャンパス上で表示する名称、「API参照名」にこの要素の処理名称を指定します。

  • 件名
    メールの件名を指定します。単一値リソースが使用可能でテキストとして処理されます。

  • 本文
    メールの本文を指定します。単一値リソースが使用可能でテキストとして処理されます。
    参考:テキストテンプレート - ヘルプ

  • リッチテキスト形式の本文
    本文に指定したリソースをリッチテキストとする場合に指定します。
    トグルをONにし、{!$GlobalConstant.True} をボックス内に指定します。
    このオプションは[リッチテキストとして表示]としたテキストテンプレートや、画面フローの画面要素に配置した表示テキストコンポーネントなどで用いられたリッチテキスト形式のコンテンツをメールの本文に利用する場合に指定します。
    ※Salesforce組織にUploadされた画像は組織内のみで閲覧可能な形式で保存されるため、受信メールには画像は表示されません。画像を含めるには Lightning メールテンプレートを用いたメールアラートを代替手段としてください。

  • 受信者アドレス(カンマ区切り)
    受信者となるメールアドレスをカンマ区切りで指定します。
    受信者アドレス(集合)を指定しない場合には、こちらのオプションで受信者を指定します。

    最大 5 つのメールアドレスを受信アドレスとして指定可能です。
    また、任意の種別の単一値リソースを使用できるため、単一変数などを使用してメールアドレスを指定できます。

  • 受信者アドレス(集合)
    受信者となるメールアドレスをテキスト型コレクション変数で指定します。
    受信者アドレス(カンマ区切り)を指定しない場合には、こちらのオプションで受信者を指定します。
    最大 5 つのメールアドレスを受信アドレスとして指定可能です。

  • 送信者タイプ
    ールの送信元アドレスおよび返信先アドレスとして使用されるメールアドレスです。
    省略した場合には、フローを実行したユーザのメールアドレスが送信元/返信先アドレスとなります。

    • CurrentUser — フローを実行しているユーザのメールアドレス。(デフォルト)
    • DefaultWorkflowUser — デフォルトワークフローユーザのメールアドレス。
    • OrgWideEmailAddress — [送信者のアドレス] で指定される組織のメールアドレス。
  • 送信者メールアドレス
    送信者タイプが”OrgWideEmailAddress”の
    場合のみ指定する、メールの送信に使用される組織のメールアドレスです。
    ※組織内のユーザのメールアドレスなどを指定した場合、送信アドレスととなりません。
     こちらの送信者アドレスは事前に登録されている組織のメールアドレスのみが指定可能な有効アドレスです。

設定方法

パターン1 :複数のメールアドレス宛にメールを送信する場合

image.png
  • 件名 本文に文字列を指定します。
  • 受信者アドレス(カンマ区切り) に送信先となるアドレスをカンマ区切りで指定します。

パターン2 :送信元アドレスをデフォルトのワークフローユーザとする場合

[設定] → [プロセスの自動化設定] の [デフォルトのワークフローユーザ] に組織ユーザが指定されていることを事前に確認します。

続けて、フローの[メールを送信]要素にて下記設定します。

image.png
  • 件名 本文に文字列を指定します。
  • 受信者アドレス(カンマ区切り) に送信先となるアドレスを指定します。
  • 送信者タイプ にDefaultWorkflowUser を指定します。

パターン3 :本文の内容をリッチテキスト形式としてメールを送信する場合

本文に装飾を行ったテキストテンプレート(リッチキストを表示)を作成します。

image.png

続けて、フローの[メールを送信]要素にて下記設定します。

image.png
  • 件名 に文字列を指定します。
  • 本文 に作成したテキストテンプレートを指定します。
  • リッチテキスト形式の本文 に {!$GlobalConstant.True} を指定します。
  • 受信者アドレス(カンマ区切り) に送信先となるアドレスを指定します。(上記はフローを実行したユーザ宛となります)

「メールを送信」要素を使ったフローの例

商談レコードのフェーズが“Closed Won”に更新された時に、商談レコードの親取引先レコードの所有者宛にメール送信を行うフロー

新規フローから、「レコードトリガーフロー」を選択し、「作成」を押します。

image.png

「開始を設定」の画面で、フローをトリガする条件を指定します。
今回はオブジェクトに「商談」、フローをトリガする条件に「レコードが更新された」を指定し、「エントリ条件を設定」で下記条件を指定し、「完了」を押します。

  • 条件の要件: すべての条件に一致 (AND)
    • 項目: フェーズ 演算子: 次の文字列と一致する 値: Closed Won
  • 更新されたレコードでフローを実行するタイミング
    • 条件の要件に一致するようにレコードを更新したときのみ
image.png

次に左側のツールボックスより「新規リソース」を選択します。

  • リソースの設定で下記の設定をそれぞれ指定し、「完了」を押します。
    • リソース種別: テキストテンプレート
    • API参照名: 任意の文字列
    • [リッチテキストとして表示] を [プレーンテキストとして表示] に変更
    • 本文のボックスにて下記を記載
      ===========================
      {!$Record.Name} のフェーズが完了となりました。
      ===========================

image.png

次に「+」から「メールを送信」を選択します。

image.png

  • 「新規アクション」画面で、各種設定を下記のように指定します。
    • 表示ラベル、API参照名を指定
    • 件名: 固定の文字列を指定
    • 本文: 作成したテキストテンプレートを指定
    • 受信者アドレス(カンマ区切り): トリガレコード(更新した商談)の親取引先レコード所有者のメール項目を指定
      グローバル変数の$Recordからフローのトリガレコードの項目情報が取得できます

image.png

全体として以下のようなフローが完成しました。

image.png

「保存」からフローを保存します。

「デバッグ」から、テスト実行するレコードを選択し、処理がエラーなく実行されるか確認を行います。

「有効化」ボタンでフローの処理を有効がすることができます。

参考事項

フロー要素: メールを送信 - ヘルプ

フローリソース: テキストテンプレート - ヘルプ

[メールを送信] アクションを使用したフローからのリッチテキストメールの送信 - Spring ’21 リリースノート 

フロー(自動化)

2022.10.17

Share:

前の記事「アクション:メールアラートを送信」

次の記事「アクション:chatterに投稿」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。