【フロー演習問題4】複数月の売上レコード一括作成画面

フロー(自動化)

2022.09.22

Share:

※本番環境に変更を適用する際は事前にSandboxで動作を確認してください

フローの概要 

画面を設置したレコード情報と画面入力した値をもとに複数レコードを一括作成するフローです

サンプルでは「商談」から起動し、カスタム「売上」オブジェクトに画面で指定した金額・月数分の売上レコードを作成します

image.png

フローの全体像

下図が完成したフローです

入力画面から、初回計上日、毎月の計上金額、何か月分の売上を作成するかを指定し、初回計上日から画面で指定した月数分の売上レコードを作成します

image.png

フローの作成手順

このサンプルでは、任意のカスタムオブジェクト「売上」オブジェクトが必要です

<売上オブジェクトには以下の項目が必要です>

  • 売上名(Name)(自動採番設定)
  • 金額(通貨)
  • 計上日(日付)
  • 商談(商談への参照項目)

設定画面か「フロー」を検索し、「フロー」の画面に遷移、「新規フロー」をクリックします

image.png

「画面フロー」を選択します

image.png

まずは、入力で使用可能な変数としてrcordIdを作成します
recordIdには画面フローを起動した画面の情報を格納できます

ツールボックスから「新規リソース」を選択します

image.png

新規リソース画面で、以下情報を入力します

image.png
  • リソース種別:変数
  • API参照名:recordId
  • データ型:レコード
  • オブジェクト:商談(サンプルは商談画面に設置するため商談を指定)
  • フロー外部での可用性:入力で使用可能にチェック

次に画面を作成します

開始後の「+」から「画面」を選択します

image.png

画面のプロパティで表示ラベルやAPI参照名を設定します

[前へ]ボタン、[一時停止]ボタンは非表示を選択します

image.png

コンポーネントを追加します

「表示テキスト」コンポーネントをクリックして画面に追加し、右の設定部分に画面に表示する文言を入力します

image.png

「日付」コンポーネントをクリックして画面に追加し、表示ラベルに「初回計上日」、API参照名を「sc01_date」として、必須にチェックをします

image.png

「通貨」コンポーネントをクリックして画面に追加し、表示ラベルに「金額」、API参照名に「sc01_amount」として、必須にチェックをします

デフォルト値(初期値)に商談の金額を指定するため、recordIdのAmount項目{!recordId.Amount}を指定します

image.png

「数値」コンポーネントをクリックして画面に追加し、表示ラベルに「売上作成月数(か月)」、API参照名に「sc01_monthCount」として、必須にチェックをします

image.png

「完了」をクリックして、入力画面作成は完了です

続けて、確認画面を作成するため、入力画面の下の「+」から「画面」を再度選択します

image.png

画面のプロパティで表示ラベルやAPI参照名を設定します

[一時停止]ボタンは非表示を選択します

image.png

コンポーネントを追加します

「表示テキスト」コンポーネントをクリックして画面に追加し、右の設定部分に表示する文言を入力します

入力画面で入力した内容を、テキストに利用して、入力内容を確認するテキストにします

image.png

表示テキストの「リソースを挿入」を利用して、リソースのAPI参照名を指定します

入力画面で設定したコンポーネントのAPI参照名を指定することで入力内容をテキストで出力できます

image.png

「完了」をクリックして、確認画面作成は完了です

次に「決定」を選択します

image.png

「決定」で売上レコードのデータを月数分作成する繰り返し処理を作成します

表示ラベルに「月数分作成したか?」、API参照名に「check_monthCount」を指定します

image.png

次に分岐を設定します

「月数分作成したか」のYesの道を作るため、表示ラベル、API参照名に「Yes」を指定します

image.png

条件に、「データ作成した売上レコード数」=>「入力画面で指定した「売上作成月数(か月)」の項目値」を指定していきます

まず、「リソース」で「新規リソース」を指定します

image.png

新規リソース画面で以下の設定をします

image.png
  • リソース種別:変数
  • API参照名:counter
  • データ型:数値
  • 小数点の位置:0
  • デフォルト値:0

新規リソースを作成「完了」すると、リソースに作成したリソースが設定されます

演算子を「以上」、値に入力画面の「売上作成月数(か月)」のAPI名称(sc01_monthCount)を選択します

image.png

次に「デフォルトの結果」を選択して、表示ラベルを「No」に書き換えます

image.png

「完了」をクリックします

以下のような見た目になりました

image.png

counterが「売上作成月数(か月)」で入力された数以上(イコール含む)の時Yesのルートに入ります

それ以外の場合Noのルートに入ります

Noの場合の処理として、レコード作成する売上レコードのデータを作っていきます

Noの下の「+」から「割り当て」を選択します

image.png

表示ラベルに「1レコード分データ作成」、API参照名に「Set_CreateRecordData」を指定します

「変数」は作成する「売上」データを入れる箱を「新規リソース」から作成して指定します

image.png

「新規リソース」を以下内容で作成します

image.png
  • リソース種別:変数
  • API参照名:TargetSalesRecord
  • データ型:レコード
  • オブジェクト:売上(レコードを作成する先のオブジェクトの名称を指定します)

リソース作成後、「変数」にTargetSalesRecord が選べるようになります

image.png

TargetSalesRecordの各項目に値をセットしていきます

TargetSalesRecordの「金額」項目に、入力画面の金額項目を値として代入します

画面収録_2022-09-20_15_18_57_AdobeExpress.gif

次に「割り当てを追加」ボタンを押して設定行を追加します

追加された「変数」項目にTargetSalesRecordの「計上日」を選択します

「計上日」には入力画面の「初回計上日」から1か月づつカウントアップした日付をいれます

そのため、動的に計算した値を入れるために「新規リソース」を選択します

image.png

新規リソースで以下の設定で「数式」のリソースを作成します

image.png

  • リソース種別:数式
  • API参照名:F_SalesCloseDate
  • データ型:日付 ※数式の計算結果の型を設定します
  • 数式:ADDMONTHS({!sc01_date},{!counter})
    ※ADDMONTHS(日付,数値)で「日付」の月を「数値」分足した日付を計算します
    ※入力画面の初回計上日からcounter(初期値0)分月をプラスします

image.png

最後に「割り当てを追加」ボタンを押し、「変数」項目にTargetSalesRecordの「商談」(商談の参照項目)を選択します

image.png

値にはrecordIdの「商談ID」をセットします

image.png

作成レコードの値の代入は完了です

続けて、「割り当て」を選択します

image.png

値をセットした「TargetSalesRecord」のデータをレコード一括作成用のリソース(データの箱)に移していきます

割り当ての表示ラベルに「一括作成用コレクションにデータセット」、API参照名に「Set_CreateRecords」と指定します

image.png

「変数」で「新規リソース」を選択します

image.png

以下の内容で新規リソースを作成します

image.png
  • リソース種別:変数
  • API参照名:CreateRecords
  • データ型:レコード
  • 複数の値を許可(コレクション):チェック有
  • オブジェクト:売上(レコードを作成する先のオブジェクトの名称を指定します)

作成したリソースを変数に指定し、演算子を「追加」に設定します

値はTargetSalesRecordを指定します(項目は指定しない)

これで「TargetSalesRecord」のデータレコードが「CreateRecords」に追加されます

image.png

1レコード(1か月分)のデータ作成が完了したので、counterをカウントアップさせます

「割り当てを追加」ボタンを押して、変数に「counter」を選択し、演算子を「追加」、値に「1」を指定します

image.png

「完了」で割り当ての設定が完了です

レコードデータ作成が完了したので、再度決定に接続し、レコード作成上限の判定をします

「+」から「要素に接続」を選択します

image.png

決定のに接続するため、決定の「+」を選択します

image.png

接続すると「No」のルートは「終了」がなくなり決定に接続されます

image.png

次に「Yes」のルートの処理を設定します

Yesの時は、月数分「売上」レコードデータが「CreateRecords」に蓄積されているため、「CreateRecords」のデータを利用して、レコードを一括作成(データ登録)します

「Yes」の「+」から「レコード作成」を選択します

image.png

新規のレコードの作成画面で、表示ラベルに「一括売上登録」、API参照名に「Create_SakesRecords」と指定し、作成するレコード数を「複数」、レコードコレクションに「CreateRecords」を指定します

image.png

上記処理で作成処理は完了です

最後に完了画面を出力します

一括売上登録の下の「+」から画面を選択します

image.png

画面のプロパティで表示ラベルやAPI参照名を設定します

[前へ]ボタン、[一時停止]ボタンは非表示を選択します

image.png

コンポーネントを追加します

「表示テキスト」をクリックして画面に追加し、右の設定部分に表示する完了文言を入力します

image.png

全体像はこちらになります

image.png

「保存」ボタンから保存します

「デバック」でテスト実行を行います(実際に登録されますのでSandboxで実施ください)

画面右上の「有効化」をクリックします

完成したフローの使い方

商談画面に設置します

商談画面から設定 > 編集ページ を選択します

image.png

「フロー」コンポーネントを任意の場所に追加します

image.png

フローの項目に作成したフロー名を指定します(有効化していないと選択肢に出力されません)

recordIdの「レコードのすべての項目値をフロー変数に渡します」にチェックして「保存」します

image.png

作成したフローが画面に追加されます

フロー(自動化)

2022.09.22

Share:

次の記事「ワークフロールールの[現在のユーザ]のロールを参照する処理をフローで作成する」

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。