記事一覧

  • Intelligence 2022年11月リリース

    ※2022年4月7日より、DatoramaはMarketing Cloud Intelligenceに製品名が変更になりました。当面は移行期間として旧名称の使用や併記がある旨ご了承ください。この記事で学べることMarketing Cloud Intelligence 2022年11月リリース新機能 & 拡張機能一覧概要接続 & 統合関連API コネクタの詳細画面にて、検索機能とエクスポート機能が利用できるようになりました。また、Salesforce Personalization コネクタが追加されたほか、ハーモナイゼーションセンターやデータソース認証の一覧画面が新しい UI にアップグレードされました。さらに、データ分類がサンドボックスモードで利用可能になり、データレークにも複数の新機能が追加されました。プラットフォーム & ダッシュボード関連ピボットテーブルの UI が一新され、データ探索のための新機能が追加されました。また、プラットフォームからすべてのヘルプやトレーニングリソースに直接アクセスできるようになりました。マーケットプレイスアプリ関連マーケットプレイスに「Widgets」(ウィジェット)タブが新たに追加され、すぐに使用可能なカスタムウィジェットをワークスペースのライブラリにインストールできるようになりました。新機能 & 拡張機能の詳細については、学習ツールの添付資料からご確認ください。新機能&拡張機能一覧接続 & 統合関連サンドボックスモードのデータ分類データレークの出力ファイル名をカスタマイズデータレークのクエリ結果をメールで共有データレークビルダークエリを SQL クエリに変換Salesforce Personalization コネクタハーモナイゼーションセンター一覧画面の改良データソース認証一覧画面の改良API コネクタ詳細の改良API コネクタの改良API コネクタのアップデートプラットフォーム & ダッシュボード関連MFA(多要素認証)プラットフォームからヘルプリソースにアクセスピボットテーブルの可視化機能(Visual Pivot)マーケットプレイスアプリ関連マーケットプレイスウィジェットEcommerce Marketing InsightsBulk Updater for Data StreamsSmart Curve ForecastingIncrementality by Odyssey学習ツール資料:Intelligence 2022年11月リリース.pdf

  • アカウント構造とユーザーロール

    ※2022年4月7日より、DatoramaはMarketing Cloud Intelligenceに製品名が変更になりました。当面は移行期間として旧名称の使用や併記がある旨ご了承ください。この記事で学べることIntelligenceのアカウント構造ユーザーロールと権限ユーザーのアクセス権限概要Intelligenceのアカウント構造とユーザ―ロールについてご説明します。Intelligenceの要件定義を進めるには、上記について理解することが必要です。各ユーザーロールの権限の詳細については、学習ツールの関連記事からご確認ください。https://play.vidyard.com/pFQS1p2P75jXc6ANdEX7Fh.html​※動画のサイズが小さい場合は、以下どちらかの方法をご検討ください。動画右下の「Fullscreen(全画面)」ボタンより、全画面で動画を再生できます。動画のサイズを調整するには、ブラウザのピクチャ・イン・ピクチャ機能をご検討ください。例:Chrome をご利用される場合、拡張機能 Picture-in-Picture Extension をインストールしていただくと、独立したウィンドウで動画を再生することが可能となり、サイズの調整や視聴しながら作業することも可能です。学習ツール関連記事:Salesforceヘルプ|ユーザーロールと権限

  • Intelligence 2022年7月リリース

    ※2022年4月7日より、DatoramaはMarketing Cloud Intelligenceに製品名が変更になりました。当面は移行期間として旧名称の使用や併記がある旨ご了承ください。この記事で学べることMarketing Cloud Intelligence 2022年7月リリース新機能 & 拡張機能一覧概要プラットフォーム & 可視化関連お客様独自のフォントをアップロードし、ダッシュボードページで使用できるようになりました。また、散布図とバブルウィジェットではトレンドライン(線形回帰直線)を表示することが可能になりました。MFA 関連では、管理者ユーザーがアカウント内の各ユーザーの MFA ステータスをより管理しやすいように、複数ユーザーの一括有効化や認証方法のリセットが利用可能になりました。また、各ユーザーが MFA 設定を変更する際に、ログアウトすることなく変更できるようになりました。さらにデータベースエクスポートにおいて、新しい取込モード「アップサート」(更新 & 挿入)が追加され、出力先のフィールドにデータベースのデータ型などの詳細情報が含まれるようになりました。データ関連UI から API コネクタの使用可能なフィールドを簡単に確認できるようになりました。Sprout 用の新しい API コネクタが追加されたほか、Instagram ストーリーズや TikTok Ads オーディエンスの内訳も取得できるようになりました。データストリーム一覧画面はさらに改善され、一覧から直接「カスタム属性」を編集することで、データストリームを簡単に分類できるようになりました。また、「親ストリーム」や「取得方法」などの列を使用し、データストリームに対してソートまたはフィルターを設定することも可能になりました。マーケットプレイスアプリ関連インストール済みのアプリやコネクタから直接サポートに連絡し、ケースを起票することが可能になりました。​新機能 & 拡張機能の詳細については、学習ツールの添付資料からご確認ください。新機能 & 拡張機能一覧プラットフォーム & 可視化関連可視化 - フォントのアップロード可視化 - 散布図 & バブルウィジェットのトレンドラインMFA - 管理者レベルでの MFA 管理MFA - ユーザーレベルでの MFA 設定データベースエクスポート - アップサート取込モードデータベースエクスポート - 出力先フィールド詳細データ関連メールエクスポートAPI コネクタの詳細(Beta版)Sprout Social コネクタInstagram ストーリーズのデータ取得Pinterest Ads アトリビューションウィンドウTikTok Ads オーディエンスの内訳API コネクタの改良API コネクタのアップデートデータストリーム一覧の改良マーケットプレイスアプリ関連アプリやコネクタから直接サポートに問い合わせるData DictionaryIncrementality by OdysseyAnti-Malvertising & IVT学習ツール資料:Intelligence 2022年7月リリース.pdf

  • 要件整理のテンプレート

    ※2022年4月7日より、DatoramaはMarketing Cloud Intelligenceに製品名が変更になりました。当面は移行期間として旧名称の使用や併記がある旨ご了承ください。この記事で学べることテンプレートを活用して、データの要件や設計について整理する方法を習得する概要Intelligenceの構築をするうえで、取得データ、連携頻度、連携方法、取得項目などの要件を整理することが重要です。要件を整理する際に役立つテンプレートを用意しましたので、学習ツールの添付資料からご確認ください。要件整理テンプレートのシート構成は、以下の通りです。ヒアリング項目一覧要件整理をするうえで、考慮すべき項目を記載したシートです。取り込みデータ一覧データソースごとのデータ管理担当、更新頻度、過去データ保持期間、連携方法、データ形式、取り込み頻度などを整理するためのシートです。データ設計書データソースごとに取得する項目とIntelligenceのフィールドの定義・設計を整理するためのシートです。課題管理表要件を整理するうえで発生する課題を管理するためのシートです。学習ツール資料:Intelligence オンボーディング用要件整理テンプレート.xlsx

  • 要件定義に進む前の3つのステップ

    概要Intelligenceの要件定義に進む前に実施していただきたい、3つのステップについてご紹介します。この3つのステップを実施いただくことで、ダッシュボード構築においての期待値や、なりたい姿、ダッシュボードの要件や保有しているデータの種類等をプロジェクトチームに的確に伝えることが可能になります。Step1 データ活用に関する意識合わせデータ活用に関するAsIsとToBeの意識合わせが重要な理由や言語化の例についてご説明します。(動画 約6分)具体的には、お客様の抱えている問題(AsIs)、その問題を解決するためにやるべきこと・目標(ToBe)を棚卸することで、プロジェクトに参画する関係者の意識を統一し、目指すべきゴールが明確になります。https://play.vidyard.com/LCQSyP21C7m2P8ddmtFKvEStep2 データの全体像の整理マーケティングデータの全体像の整理が重要な理由や整理の例についてご説明します。(動画 約7分)具体的には、マーケティングファネルごとの施策、施策を実施するにあたってのチャネル、施策実施関係者、データ管理者など、マーケティング活動全体の棚卸と関連するデータを明らかにすることによって、ダッシュボードで実現するスコープを明確にすることができます。https://play.vidyard.com/HKHEsyakPd2HgcKZ5vhUjPStep3 業務プロセスの整理とユースケースの設定業務プロセス整理の例やユースケース設定における重要なポイントについてご説明します。(動画 約9分)具体的には、プロジェクトのスコープに関連する現在の業務プロセスを棚卸(もしくは、現在足りていない業務プロセスを検討)することによって、構築するべきダッシュボードのユースケースを明確にしていきます。https://play.vidyard.com/QEVqwkiXTjKpcXCJgu8JiK​

  • パフォーマンス

    ※2022年4月7日より、DatoramaはMarketing Cloud Intelligenceに製品名が変更になりました。当面は移行期間として旧名称の使用や併記がある旨ご了承ください。この記事で学べることパフォーマンスの概要パフォーマンスとはデータ処理のパフォーマンスジョブとはデータ処理の流れデータ処理のパフォーマンス悪化要素と改善方法プロバイダ側の制約と改善方法画面表示のパフォーマンス画面表示までの流れ画面表示のパフォーマンスの制限画面表示のパフォーマンス悪化要素と改善方法その他の関連事項夕方にパフォーマンスが遅くなる事象についてサポート内容と問い合わせに必要な材料概要Intelligence を快適に使用していただくために、データ処理や画面表示において、処理の流れとパフォーマンスの制限を理解した上で、パフォーマンスに最適なソリューションを適用することをおすすめします。パフォーマンスの悪化要素や改善方法について、学習ツールの添付資料からご確認ください。学習ツール資料:Intelligence パフォーマンス.pdf

  • 【ウェビナー】Intelligence データ連結編トレーニング

    ※2022年4月7日より、DatoramaはMarketing Cloud Intelligenceに製品名が変更になりました。当面は移行期間として旧名称の使用や併記がある旨ご了承ください。概要2022年8月10日に開催されたウェビナー「データ連結編トレーニング」の録画と資料を公開しました。​この動画を視聴すると、以下のことができるようになります。様々なデータ連結方法の全体像を理解する。デモを通して、主要なデータ連結方法の操作を理解する。各連結方法のメリット・デメリットを理解し、データ構造に応じて最適な方法を選択する。https://play.vidyard.com/CZqyVFFRCwjWRg1vrQ5Pr4.html​※動画のサイズが小さい場合は、以下どちらかの方法をご検討ください。動画右下の「Fullscreen(全画面)」ボタンより、全画面で動画を再生できます。動画のサイズを調整するには、ブラウザのピクチャ・イン・ピクチャ機能をご検討ください。例:Chrome をご利用される場合、拡張機能 Picture-in-Picture Extension をインストールしていただくと、独立したウィンドウで動画を再生することが可能となり、サイズの調整や視聴しながら作業することも可能です。​トレーニング内容データ連結が必要なケース名前を揃えたい共通項目でデータを連結したいマスタファイルから情報を取得したい様々なデータ連結の方法データ分類(Data Classification)親子(Parent-Child)VLOOKUPカスタム分類(Custom Classification)データフュージョン(Data Fusion)各連結方法のメリット・デメリットクイズQ&A投影資料Intelligence データ連結編_集合オンライントレーニング_20220810.pdf特記事項集合トレーニングの実施は不定期です。ウェビナーに関するお問合せ先本ウェビナーに関するお問合せは、弊社サクセスマネージャー、サクセスアーキテクトへご連絡ください。

  • 行数使用量の最適化

    ※2022年4月7日より、DatoramaはMarketing Cloud Intelligenceに製品名が変更になりました。当面は移行期間として旧名称の使用や併記がある旨ご了承ください。この記事で学べること行数使用量の理解行数とはなぜ行数の使用量が重要なのか行数使用量の確認方法ワークスペースレベルでの行数制限の設定方法行数管理の最適化ソリューションデータ削除データ圧縮取込対象外概要Intelligenceのライセンスで必要な行数を計画するには、行数の概念を理解し、行数使用量を把握した上で、行数管理に最適なソリューションを必要に応じて行うことが必要です。行数の理解や行数管理のソリューションについて、学習ツールの添付資料からご確認ください。学習ツール資料:Intelligence 行数使用量の最適化.pdf

  • 構築パートナーへのアクセス権限付与手順

    ※2022年4月7日より、DatoramaはMarketing Cloud Intelligenceに製品名が変更になりました。当面は移行期間として旧名称の使用や併記がある旨ご了承ください。この記事で学べることお客様のIntelligenceプラットフォームへのアクセス権限を、構築パートナーへ付与する手順について理解することができます。概要構築パートナーがお客様のIntelligenceを構築する際には、構築パートナーへアクセス権限を付与する必要があります。アクセス権限付与の手順や操作方法について、学習ツールの添付資料からご確認ください。構築パートナーに関するお問い合わせは、担当営業もしくは担当サクセスマネージャーまでご連絡ください。学習ツール資料:Intelligence_構築パートナーへのアクセス権限付与手順.pdf ​

  • セルフラーニングコンテンツのご紹介

    ※2022年4月7日より、DatoramaはMarketing Cloud Intelligenceに製品名が変更になりました。当面は移行期間として旧名称の使用や併記がある旨ご了承ください。この記事で学べることIntelligenceの各種セルフラーニングコンテンツについて理解することができます。概要Intelligenceの管理者として身につけておくべき知識を学ぶための様々なコンテンツをご用意しています。各コンテンツの概要やセルフラーニングの進め方について、学習ツールの添付資料からご確認ください。学習ツール資料:Intelligence_セルフラーニングコンテンツのご紹介.pdf ​

  • 管理者業務の理解

    ※2022年4月7日より、DatoramaはMarketing Cloud Intelligenceに製品名が変更になりました。当面は移行期間として旧名称の使用や併記がある旨ご了承ください。この記事で学べることIntelligence管理者の役割構築~さらなる活用のサイクルIntelligence管理者の作業内容Intelligence管理者に必要なスキル概要Intelligence管理者は、ビジネス課題とIntelligenceが提供するソリューションとの間のギャップを埋めるロールであり、お客様に最もフィットした形でIntelligenceを使い続けていただくために不可欠な存在です。管理者の役割や作業内容について、学習ツールの添付資料からご確認ください。学習ツール資料:Intelligence管理者業務の理解.pdf関連記事:Salesforce ヘルプ | ユーザーロールと権限

  • サポートへのお問い合わせ

    ※2022年4月7日より、DatoramaはMarketing Cloud Intelligenceに製品名が変更になりました。当面は移行期間として旧名称の使用や併記がある旨ご了承ください。この記事で学べることIntelligenceのサポートへのお問い合わせ方法について理解することができます。サポートの概要Intelligenceのサポート概要につきまして、まずはIntelligenceのサポート記事をご覧ください。以下を記載しております。現在のシステム状況が確認できるSalesforce Trustサイトへのリンクお問い合わせ時の重要度の説明スムーズな対応を行うためのお問い合わせテンプレートお問い合わせ方法の説明サポートの受付時間サポートへのお問い合わせ方法サポートへの問い合わせ方法は以下の2つです。1.ヘルプサイトからのお問い合わせ方法「お問い合わせ」をクリック > 「お問い合わせを作成」 からお問い合わせください。お問い合わせを起票するには、[製品:Marketing Cloud]を選択し、[トピック:Datorama]を選択してケースを起票してください。「お問い合わせを作成」後の操作については、サポートへのお問い合わせ方法をご覧ください。Intelligenceに関してはお電話でのお問い合わせは受け付けておりませんのでご了承ください。動画での操作説明もご用意しております。サポートケースの起票方法に関する動画(英語)以下手順の設定で、日本語字幕を表示することができます。右下歯車の設定ボタン > 字幕 > 英語(自動育成) をクリックし英語字幕が表示されたことを確認後、再度、右下歯車の設定ボタン > 字幕 > 自動翻訳 > 日本語を選択2.Intelligenceプラットフォームからのお問い合わせ方法ダッシュボードの右上の「?」をクリック > 「サポートへのお問い合わせ」 をクリックしてください。ヘルプサイトに遷移しますので、『1.ヘルプサイトからのお問い合わせ方法』を参考にお問い合わせください。サポートに関するFAQよくある質問については、IntelligenceサポートFAQをご確認ください。​

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。