配信対象見込み客リストを作成しましょう

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

この記事で学べること

  • メール配信に必要な手順を理解する
  • 承諾にもとづくマーケティングポリシーの遵守
  • リストの種類 (スタティックリスト・ダイナミックリスト)

メール配信に必要な手順

まずはなにより、Pardotで「メール配信」を行いましょう。4つの手順を踏んでいきます。

  • リストの作成
  • テンプレートの作成
  • メール配信
  • 開封・クリック状況確認

本記事では “誰に” にあたる「1. リスト作成」について概要と学習ツールを解説していきます。

承諾にもとづくマーケティングポリシーを遵守する

さあ、リストを作るぞ!その前に...

Pardotの「承諾にもとづくマーケティングポリシー」を理解しておく必要があります。

Pardotでは「事前にオプトインされていない(=配信の承諾を得ていない)見込み客」に対するメール配信は禁止されています。例えば、購入リストや第三者によるリストがそれに相当します。

承諾を得ていない対象に配信を行うと「スパムメール」と認定され、苦情やバウンス(メール不達)に繋がります。送信者の信頼を損ねる原因となるため、たとえば名刺交換やフォーム登録などで、事前に承諾を得た対象に送りましょう。

リストの種類

さて、ポリシーを理解したら、さっそく配信準備に取り掛かります。

Pardotではメールの配信対象となる見込み客を「リスト」として束ねて設定を行います。

誰を」ターゲットとして選定すべきか決めかねるという場合は、ぜひ事前準備「ゴール達成のための戦略/施策を決めましょう」をご参照ください。(例:失注顧客、休眠顧客、展示会での獲得した見込み客など)

Pardotで設定するリストには、2種類あります。

  • スタティックリスト (静的リスト)
  • ダイナミックリスト (動的リスト)

利用シーンに応じて適切なリストを選択し、継続にメンテナンスを行います。 それぞれの概要や設定方法は、学習ツール「リストメールの送信」(6:50)の動画で解説を行っていますのでぜひご参考ください。

「誰に」送る場合は「どの」方法でリスト化するのが適切か、最初は悩むことがあるかもしれません。

  • CSVファイルをインポートする (例:過去の名刺情報や展示会参加者など)
  • Salesforceにある情報をもとにリスト化する (例:半年以内の商談の失注顧客など)

学習ツール「Pardotドリル - リスト作成」では、利用シーンに応じた設定方法を、画面キャプチャ付きのドキュメントで解説しています。こちらを一通り練習していただくと、それぞれの利用シーンがご理解いただけるかと思います。

学習ツール

1. <動画> [エキスパートコーチング] Pardot:How to:リストメールの送信

2. <ドキュメント> Pardotドリル「リスト作成」

Pardotドリル

まとめ

いかがでしたでしょうか。作成したリストは、他の社内メンバーみても目的がひと目でわかるよう、命名規則にもぜひ工夫してみてください。 次の章では、"何を"にあたる「メールテンプレート」を作成していきます。

Pardotを学ぶ

2021.06.01

Share:

前の記事「獲得結果の確認/改善をしましょう」

次の記事「メールの雛型を作成しましょう」

施策実行・効果測定

このカテゴリの人気記事

Salesforceについてもっと学ぶ

Salesforce活用に役立つメルマガ登録

システム管理者のみなさまにおすすめの活用ウェブセミナーや、Salesforceでビジネスを推進いただくために有益なコンテンツを毎月お届けします。

Follow us!

Twitter公式アカウント

Salesforce活用に役立つメルマガ登録(毎月配信)

  • 私は、個人情報保護基本方針プライバシーに関する声明個人情報利用についての通知に同意します。 特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。詳細私は、海外では日本の法律と同等のデータ保護法が整備されていない可能性があることも理解しています。詳細はこちらでご確認ください

  • 私は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望します。私は、当該マーケティング情報の受け取りを私がいつでも停止できることを理解しています。